マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2017年~

センチュリー:スパイスロードすあまさんのレビュー

122
名に参考にされています
2018年11月02日 17時00分

★8


スパイスの変換作業が心地良い、しっとりボード(カード)ゲーム。


四種類あるスパイスをやりくりして勝利点を獲得、最終的に一位を目指すゲームです。

スパイスの獲得方法は至極単純。手札からカードを一枚出して、その効果を解決するだけ。

黄色を二個貰うカードなら、黄色二個貰い。赤を一個貰うカードなら、赤を一個貰う。単純ですね。

これに加えて、「黄色三個を緑一個に交換してくれるカード」やら「緑二個を茶色二個にしてくれるカード」やら、変換系のカードも駆使してスパイスを確保、充分たまったら勝利点カードを購入。またスパイスを溜める。これの繰り返しです。


で、そのカードの入手方法も至極単純で、場に出ているのから一枚持ってくだけです。ただしちょっとした縛りがあり、端っこのこそ無料で貰えますが、それ以外が欲しい場合は多少スパイスを支払わなければいけません。


そうしてたまった手札は使い切りではなく、何度も回せるため、最終的には「自分なりのスパイス変換機構」を構築、それを用いて勝利点を獲得していくことになります。


これらのルールからも分かる通り、他人との直接的な絡みは殆どありません。スパイスのやりとりをするとか、交渉するとか、そういうのは一切ない。どのカードを取るか、どの勝利点を狙うか、という部分にのみ絡みがあるゲームですね。


なので「盛り上がり」はあまりなく、それぞれ淡々と自分のプランを遂行していく類のゲームなのですが、不思議とこれはこれで非常に心地良いです。


よく「宝石の煌めき」と比較されますが、確かにプレイに漂う「しっとり感」は似ていますね。


ただ「宝石の煌めき」が「予約」というカタチで相手の狙いを明確に邪魔出来るのに対し、こちらにそういうものはないので、更にしっとりはしているかもしれません。


そういう意味では、どちらが好きかはもう好みかと。個人的にはヒリヒリしたいのでどちらかと言えば「宝石の煌めき」が好みになりますが、淡々とスパイスを変換する快感も得がたいものかと。


自分なりの「勝利ルート」を計画するのがお好きな方には、是非オススメしたいゲームですね。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • NekoMadam
  • Jarry
すあまさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 175興味あり
  • 734経験あり
  • 212お気に入り
  • 359持ってる
プレイ感の評価
運・確率17
戦略・判断力31
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見14
作品データ
タイトルセンチュリー:スパイスロード
原題・英題表記Century: Spice Road
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

すあまさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク