マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分~40分
  • 10歳~
  • 1961年~

ツイクスト大石さんのレビュー

373
名に参考にされています
2017年03月25日 12時00分

運や秘匿情報のないアブストラクト対戦ゲームです。
四角い盤上にある24×24の穴に、各自の手番で交互に棒(ペグ)を差していき、棒同士が一定の間隔で差されると橋(リンク)で接続することが出来るので、その橋を盤端の一辺から反対側の一辺へつなげたら勝ちとなります。

文字だけだと何を言っているのかよく理解し辛いかも知れませんが、ボードとコンポーネントを見れば一目瞭然。禁じ手や打ち方に関する細かいルール、点の計算等がない分、覚えるのは「囲碁」や「将棋」より簡単で、同系統のゲームでは「オセロ」に次ぐ手軽さです。
後手への適切なハンデ(囲碁で言うところのコミ)なんかが設定されればプロリーグが設立されてもおかしくないくらい、シンプルながら洗練された非常に完成度の高いゲームとなっています。

プレイ感は「囲碁」にとてもよく似ていて、「囲碁」が得意な人はきっとこのゲームも得意だと思います。慣れてきた者同士の序盤から飛び地にペグを打っていく様子なんかとても「囲碁」っぽい。

シンプルさ故に得意不得意の差が露骨に勝敗に表れると思うので、そのあたりで人を選ぶゲームかも知れません。あと、何も打たれてない穴だらけの盤面をじっと見てると目が疲れます。

ガイスター」と並んでアレックス・ランドルフ氏の生み出した二人用ゲームの傑作ですが、残念ながら絶版のため「ガイスター」に比べると入手が難しいのが玉に瑕ですね。

それとこのゲームをやる上でのアドバイスを一言。一番の敵は慢心です。勝てそうと思った時こそ慎重に考えてペグを打ちましょう。慣れで打ったらまさかの一手で大逆転されてしまうかもしれません。最後の最後、相手が投了するくらいまで油断は禁物ですよ。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
大石さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 303興味あり
  • 417経験あり
  • 110お気に入り
  • 214持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力15
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘6
アート・外見4
作品データ
タイトルツイクスト
原題・英題表記Twixt
参加人数2人用(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期1961年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大石さんの投稿

会員の新しい投稿