マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分~40分
  • 10歳~
  • 1961年~

ツイクスト7件のレビュー

  • 130
    名に参考にされています
    投稿日:2019年11月18日 22時50分
    購入してあとでわかったのですが、パテントが切れたので別の会社が販売し始めたものがAmazonなどでは幅をきかせていますね。オセロとリバーシ?の関係と言えばわかってもらいやすいでしょうか。この問題は難しい問題ですですが、自分は知っていたらそこから買わなかったと思うので一応こちらで注意喚起させてもらいます。ggjhhi さんの「ツイクスト」のレビュー
  • 126
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月24日 00時56分
    ボドゲカフェにて、インストしていただきながらプレイしてみましたが……。ルールはいたって単純。好きな場所にペグを挿し、盤の端から端までラインをつなげた方が勝ちというゲーム。ただし、きちんと考えてペグを挿していかないと、あっという間に行く手を阻まれ、詰んでしまいます。なので序盤は敢えてラインを繋げない、というのも、ありかもしれませんね。如何に相手を邪魔しつつラインを伸ばしていけるか、やればやるほど深みにハマるだと感じました。ゆき猫(雪火)さんの「ツイクスト」のレビュー
  • 297
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月06日 08時28分
    ゲームマーケット2018春の会場で、日本ツイクスト協会さんの試遊ブースで遊ばせていただいた感想です。ハゲタカのえじきやガイスターなどのデザイナーで有名なアレックス・ランドルフによる、2人用の秘匿のない完全アブストラクトです。四角い盤面には、24×24の穴が開いており、そこにペグと呼ばれる駒を差し込んでいき、自分のペグとペグがチェスのナイトと同じ動きの位置にある場合にブリッジを架けることができます。プレイヤーは赤色と黒色に分かれて、自分の陣地から反対側の自分の陣地までブリッジで繋いだ側が勝利します。ルールの詳細は、日本ツイクスト協会さんのホームページ(http://www.jptwixt....Nobuaki Katouさんの「ツイクスト」のレビュー
  • 244
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月22日 19時52分
    ランダム要素がなく、全てが公開された二人対戦のアブストラクトゲーム。陣地を取ると言うより線でつないでいくので、五目並べのような印象です。事前知識無しで簡単にインストしてもらってからプレイ。勝手が分からず最初の数手が無駄になってしまいましたが、中盤から巻き返してなんとか勝利。相手のリンクを防ぐためには事前に先回りしてペグを刺しておくしかない。そして、防いだ手で自分のリンクを伸ばしていく、というのが基本的な戦略になりそう。どちらにせよ、割と露骨にペグを置くしかないので、お互いにやりたいことがかなり明白に分かってしまいます。また、相手にリンクをつながれて防ぐ手段がなくなると、なかなか逆転がしづ...クロさんの「ツイクスト」のレビュー
  • 332
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月25日 12時00分
    運や秘匿情報のないアブストラクト対戦ゲームです。四角い盤上にある24×24の穴に、各自の手番で交互に棒(ペグ)を差していき、棒同士が一定の間隔で差されると橋(リンク)で接続することが出来るので、その橋を盤端の一辺から反対側の一辺へつなげたら勝ちとなります。文字だけだと何を言っているのかよく理解し辛いかも知れませんが、ボードとコンポーネントを見れば一目瞭然。禁じ手や打ち方に関する細かいルール、点の計算等がない分、覚えるのは「囲碁」や「将棋」より簡単で、同系統のゲームでは「オセロ」に次ぐ手軽さです。後手への適切なハンデ(囲碁で言うところのコミ)なんかが設定されればプロリーグが設立されてもおか...大石さんの「ツイクスト」のレビュー
  • 298
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月11日 11時13分
    好きなところにピンを置き、それをリンクさせて盤の端から端(東西か南北)まで一本の線でつないだ人が勝ち、というシンプルなルールの対戦型ゲーム。ピンとピンは将棋で言う桂馬の動き(2マス前かつ1マス左右)でしかリンクさせられないところが読み間違いと混乱を生む仕掛けになっている。相手のリンクを跨いでリンクを張れないことを利用して、自分のリンクを伸ばしながら相手のリンクを邪魔しなければならない。将棋や囲碁がよく比較対象として引き合いに出されるが、プレイ感は全く別。前の両者と比べると左脳より右脳をより使う印象だ。多くの手番を使って大事に育てたリンクが相手のたった一手番で死んでしまうことも多く、「圧倒...Furukawa Sorwhichさんの「ツイクスト」のレビュー
  • 356
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月05日 22時32分
    囲碁のようなゲーム、とよく言われるが、囲碁よりはるかに早く終わり、だいたい15手くらいで事実上決着してしまう。さすがアブストラクトゲームだけあって、ゲームの戦略的な深さは底知れない。それでいて、展開はわかりやすく、1手打つたびにやった、やられた、というのが露骨すぎるくらいにまで伝わってくる。プレイ時間も(他のガチ系アブストラクトに比べれば)短く、展開は非常に多様でリプレイ性も高い。また、ゲームの攻防は1手1手が非常に重く、それゆえゲームの流れがダイナミックでとても楽しい。アブストラクトゆえ、なかなか対戦相手に恵まれないかもしれないが、Javaで動くAIが無料で公開されている。是非練習して...Meeple7さんの「ツイクスト」のレビュー

会員の新しい投稿