マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~75分
  • 14歳~
  • 2017年~

フードトラックチャンピオン大石、Takuto、non、Yさん、Oさんのリプレイ日記(2019年11月16日)

42
名に読まれています
2019年11月18日 01時08分

4ヶ月ぶりの中野坂上ゲーム会。過去二度ほど遊んだゲームの中で結構大きなルールミスがあったためなるべく早く正しいルールで遊びたかった大石 の強い希望により「フードトラックチャンピオン」が遊ばれる。


概要

フードトラックのオーナーとなり、受けた注文の料理を作って人気を競うゲーム。手番者のアクションをフォローすることで同じアクションを模倣できるシステムが、適切なアクション選択に重きが置かれる「プエルトリコ」にすこーし似ている。8歳からとなっており箱も小さめのため軽いゲームかと思いきや、その実は結構しっかりめの中量級。8歳には無理だろうとするレビューがアメリカアマゾンにあがっているとおり、小さいお子さんと遊ぶには向いてないゲームと思われる。


前半

面子は大石Takutonon の経験者3名とYさん、Oさんの初プレイ2名の構成。手番順はじゃんけんに勝ったOさんから→nonTakuto →Yさん→大石 の順となった。


初プレイ者もいるのに拡張まで加えた性急なインストのせいか、Oさんは早速何から手をつけたらいいのか分からない様子。全プレイヤーは初期状態から材料1つで完成する簡単なオーダーをそれぞれ持っている。完成時にもらえる勝利点チップには限りがあるので、当面はこの料理を完成させることが各自の目標になるが、どのように達成するかは各自の手札や場の状況によって異なるので初見だとどのアクションを初手にするべきかの判断は少々難しいかもしれない。

基本的には、

ドライバーで場の材料を冷蔵庫に入れて次のアクションで調理する

シェフで手札のカードを材料として直接オーダーに充てる

の二択だが、手札にも場の状況にも恵まれなかったらしく初手からの料理完成はされなかった。

次手番のnon は過去の経験を生かして早速マネージャーを行い、人のアクションをフォローしやすい状況を作り出そうとするが、Takuto も当然のごとくそれをフォロー。Yさんも右に倣ってフォローし、大石 もやはりこれをフォローした。ただ一人Oさんだけがカードがなかったのでフォローできず、出遅れた感が早くも著しい。

次のTakuto がシェフで一番に初期オーダーを完成させ、Yさんが行ったドライバーに便乗した材料で大石non も1つめを完成。やや遅れてOさんが、そこからもっと遅れてYさんが最初のオーダーを完成させたころには経験者3名はすでに2、3の料理を完成させているという、たった数ラウンドながら立ち上がりから露骨な経験差が否めなかった。


後半

雇用スタッフが充実し着々と難しめの料理を完成させていく経験者3名。中でも選んだオーダーと場にある材料の組み合わせが良かったTakuto は頭一つ抜けていた。大石 は雇用したドライバーを活用して冷蔵庫の方は充実していたが調理のアクションが手札になかったりオーダーの数に対して冷蔵庫のキャパが足りてなかったりでスムーズに料理が作れず、non はシェフ中心の調理だったため手札の状況に左右されてムラがある。

一方の初プレイ2名は簡単に作れる1点料理ばかりで点が伸びないYさんと、頻繁にドローしているのに必要としている肉がさっぱり出てこない、場にもないでお手上げ状態のOさん。

Oさんがどうにか材料を工面して材料2つの料理を完成させると、すでに経験者組が散々作り散らしていた2勝利点チップはラスト1枚に。料理に必要な材料の数に応じた1~3の勝利点チップ各8枚ずつの内、2種類がなくなったらゲームの終了フラグが立ち、スタートプレイヤーの手前まで手番が回ったらゲーム終了。Oさんがスタートプレイヤーだったため最短だとこれが最終ラウンドということになる。

今から3点料理を作り始めるのはほぼ不可能な状況なので、最も高い得点を見込むなら最後の2勝利点は必須。それを取るのに一番有利な席順のnon だったが、あと一手及ばず未完成のまま手番は流れる。

次のTakuto は少し前から手をつけていた3点料理を完成させて余裕の形で手番を終え、Yさんはカードの補充のみでこちらも終了。フィニッシュを決めると思われた大石 だったが、non と同じく一手足りずフラグは終了フラグは立たなかった。

結局最後の2点を取ったのは前の手番ですかっかり出し尽くして何もできなくなったOさんの後手番のnon 。Oさんとほぼ同じ状況のTakuto が無難に手番を終え、Yさんが最後の悪あがきで材料1つの料理を作り、大石 も同じく作りかけだった料理を完成させてゲーム終了。

料理で得た勝利点チップとその他各種ボーナスを加えた集計の結果、


Takuto 22点

non 17点

大石 15点

Yさん8点

Oさん7点


で、Takuto の勝ち。

序盤から明らかだった経験差は最後まで埋まらず。初プレイの2名が楽しめたかどうかは定かではない。


以下、個人的な感想とか

大石 「ようやくミスなしのルールで遊べて個人的には楽しめました。個人的にはとつけたのは結果を見てもらえば分かるとおり経験差がもろにスコアに出ているからで、もっと丁寧なインストを心がけるべきだったかとか、適宜アドバイスをしてあげるべきだったなとか、反省点が色々見つかる内容になってしまいました。

ゲーム自体は結構面白いと思うのですが、インストの際には一度目の表彰が行われるまで練習でまわしてみるくらいやってもいいかも知れませんね。

それと初心者への配慮として気づいたことを掲示板に書きましたので遊ぶ際の参考にしていただければと思います」

勝敗プレイヤー名最終得点
大石15点
勝ち
Takuto22点
non17点
Yさん8点
Oさん7点
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 5人
2019年11月16日

ゲスト
Yさん
ゲスト
Oさん
このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 10経験あり
  • 1お気に入り
  • 3持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルフードトラックチャンピオン
原題・英題表記Food Truck Champion
参加人数2人~5人(45分~75分)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大石さんの投稿

会員の新しい投稿