マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~90分
  • 10歳~
  • 2011年~

ブラックゴールド大石、rkatsu1、Takutoのリプレイ日記(2019年1月26日)

166
名に読まれています
2019年03月04日 18時40分

今年1回目の中野坂上ゲーム会。3卓に分かれる流れになったので3人で大石 持ち込みのブラックゴールドを遊ぶ。


概要

石油を採掘し、より高い値をつけている会社に売り払うことでお金を稼ぐゲーム。適度な運要素ときつ過ぎない攻撃、妨害要素、いい感じのコンポーネントが目を引く、1999年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品「ギガンテン」のリメイク作。


前半

買って以来2年近く手をつけていなかった大石 による、20分ほどのたどたどしいインストが終わって、大石Takutorkatsu1 の順でゲームが始まる。


スタピーの大石 が早速代表してダイスを振り、各石油会社の石油買取額を決めると、2社の買値はどちらも下がってしまった。

この状況で売りにいくのは効率が悪い。大石 は次ラウンド以降のことを考えてアクションポイントと売却許可証の平均値が高そうなアクションを選び、スタート位置から近場のポイントにやぐらを建てて残りのアクションは採掘した石油を輸送するのに必要な鉄道の移動に使った。

次手番のTakuto 、最後のrkatsu1 にしても行動は大して変わらず。売却権争いの競りも平和的に解決し、スタピーはTakuto へ移る。


次のラウンドには一応石油の価格も上がりはしたが、皆が期待するほどの値段にはならなかった。それでも前よりはましと判断したのか、Takuto rkatsu1 はそれぞれ売却許可証と石油の採掘に力を入れ、競りに備える。最後手番の大石 は今回の競りもまだまだおいしくないから見送ろうと油田の探索と鉄道の列車の進行を継続した。

3人の内1人が降りているので2社の競りはそれほど激しくなることもなく、Takutorkatsu1 がそれぞれの会社に石油を売却してはした金を手にした。


3ラウンド目にして1社だけだがようやくそれなりに儲けられそうな額になった。

前回、前々回としゃがんだ大石 はここが勝負所とお財布的には厳しいやぐらの建設に奔走する。前ラウンドで売却したためあまり備蓄のない二人から列車を後退させられたり売ろうと思ってた会社の価格を下げられたりといった嫌がらせを受けたが、売却許可証の全力投入で何とか当座の資金を手に入れる。


後半

資金不足で手も足も出なくなることの危険性を身をもって知った大石 は、手にした小金をなるべく浪費せず、価格が上がった時だけ全力投入するスタイルで方針を固めた。油田の探索は最小限にして、移動力は列車の進行を優先する。

大石 に比べると積極的にトラックを走らせて価値の高い油田にどんどんやぐらを建てていくTakutorkatsu1 は多少安くても売れれば儲け物と判断したのか薄利多売戦略で、特にrkatsu1 はほぼ毎手番なんだかんだ利益を手にしていた。


全体的に低調なダイス目のおかげで勝負に出ることが少なかったため、終盤に差し掛かるまで他二人に遅れていた大石 。

状況が変わったのはやや有利に見えたrkatsu1 が鉄道の先頭を競い合う大石Takuto の煽りで立て続けに列車を後退させられ、せっかく建てたやぐらからの石油を自力で輸送できなくなったあたりだった。

アクションの巡り会わせが悪く列車の遅れが取り戻せないrkatsu1 は以降のラウンドで鉄道の先頭を走る大石 に送料を支払うか、掘り当てた石油を廃棄するかを迫られ続け徐々に失速。

そんな折、ゲームの終了フラグである石油王の鉄道がスタートからほぼ足踏みすることなく進み続けてとうとうフラグを切り、あっさりとゲームは終わった。


その時点で最も鉄道が進んでいた大石 と二番手のTakuto にちょっとしたボーナスが入り、鉄道が遅れてしまったrkatsu1 は終了時のボーナスの恩恵をほとんど受けられずに集計は終了。


最終的には、


大石 約45000ドル

Takuto 約43000ドル

rkatsu1 約35000ドル


で、大石 の勝ち。

鉄道ボーナスの順位が逆だったら1位と2位は変わっていただろう。


以下、個人的な感想とか

大石 「中々に楽しめましたが、後で確認してみたらルールミスがあったようで(競りに勝った人がブラフだった場合はペナルティを受けた後で再度同じ会社の競りを行うようです)、内容的にも4人以上のほうが面白そうな感じがして勝ちはしたのに悔いの残るゲームとなってしまいました。一緒に遊んでくれた二人にも申し訳ないので、記憶が新しいうちにまた持っていってリベンジしたいと思います。

まあその、こういうことは結構よくありまして、自分がインストするゲームの一回目はチュートリアルと思って大目に見ていただければなと…… 

勝敗プレイヤー名最終得点
勝ち
大石45000点
rkatsu135000点
Takuto42000点
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 3人
2019年01月26日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 5経験あり
  • 0お気に入り
  • 5持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルブラックゴールド
原題・英題表記Black Gold
参加人数2人~5人(30分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインヴィルコ・マンツ(Wilko Manz)
アートワーク未登録
関連企業/団体ファンタジー フライト ゲームズ(Fantasy Flight Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大石さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク