マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2017年~

ペーパーテイルズKoniromann_Aさんのレビュー

423
名に参考にされています
2018年08月11日 06時59分

3人プレイのレビューを。悩ましくもサクッとした実に切れ味の良いゲームです。

所謂ドラフトという手法で、回ってきた何枚かのカードから一枚手札にして、、、、を毎ラウンド繰り返します。そして手札をコストを払い場に出し、その戦力を隣と比較して勝てば(あるいは同点なら)勝利点を得る。その後に収入を得たり建物を建てて自分を発展させる、、、という内容で、これだけ聞くとよくありそうなゲームなのですが、このゲーム最大の特徴は『経年』という処理がある事です。

経年トークンを毎ラウンド自分のカードに置いていくのですが、次のラウンドの最後、経年トークンを置く前に『既にトークンが置かれているカード』は、捨てなければなりません(!)。経年劣化して退場、という事ですね。

これにより、基本今のラウンドで出したカードは次のラウンドの最後には捨ててしまわねばならず、常に流動的な場が形成されます。

なので、カードゲームでよくある、一度強いコンボが決まったら延々それを喰らって苦笑いさえもできなくなる、、、というような状況が起き辛く、常に逆転の目があるようなプレイ感になっています。

ただもちろんカードゲームなので、引き運に大分左右されますし、戦争に負け続けるとトップは目指し辛いかもしれませんが、それはどのカードゲームにも言える事なので、このゲーム特有のマイナスポイントではありません。

むしろ経年の特異性や、30分前後で終わる手軽さなど、長所が感じられ易い作品なのではないかと思いました。

迷ったら是非プレイしてみて下さい。

☆個人的評価☆良い+

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • あきT
  • Nobuaki Katou
Koniromann_Aさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 111興味あり
  • 419経験あり
  • 90お気に入り
  • 245持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘7
アート・外見7
作品データ
タイトルペーパーテイルズ
原題・英題表記Paper Tales
参加人数2人~5人(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Koniromann_Aさんの投稿

会員の新しい投稿