マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 5分~15分
  • 10歳~
  • 2016年~

ラブクラフト・レターworld_of_bearさんのレビュー

188
名に参考にされています
2018年06月16日 21時00分

 ありていに言うと馬鹿ゲーで好き嫌いは分かれると思う。俺は好き。

 まず、プレイ時間が非常に短い。下手すると一周しない。十秒くらいで終わることがある。合間ゲーとして優秀である。ラブレターは簡単なルールに駆け引きを詰め込んでいる。インスタントに誰でも瞬間的に楽しめる。言うなれば、コンビニで売られているお高いお菓子。メルティーキッスのような、上質なゲームである。ラブクラフト・レターはブラックサンダーだ。下品な味つけ、高いカロリー、駄菓子の名にふさわしいが、うまい。満足できる。そういう濃さがある。

 意外な終わりを演出できる。これが優秀だ。あっさりと終わることはもちろんある。大半は勝手に周りが自滅して終わるパターンだったりもするが。しかし、意外なパターンで勝てることもある。1プレイが短いからこそ待っている間に何回もやるし、何回もやっていると確率の低そうな勝ちパターンも出てくる。こんな条件達成するのか、と思うようなことも案外出てくる。嬉しいものである。人間、一生に一度くらいは九蓮宝燈を出してみたいと思うものだ。そういう普通だったら達成できなさそうな、意外な終わりが出てくる。それがなんだか楽しい。

 上記に関わるが、上手いか下手かがあまり関係ないというのも優秀ではあると思う。一回の賭けで全てが決まる。これは原作のラブレターから引き継がれた要素でもあろう。平均的に勝てるプレイヤーはいても、毎回勝てるプレイヤーはいない。それはラブクラフト・レターにも色濃く残っていて、崩壊したゲームバランスが許せる大きな利点にもなっていると個人的には思う。

 あまり真面目にゲームする人には向かない。酒飲みながらやって、笑いながらプレイする感じがいいと思う。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ナトハラ
  • まつなが
world_of_bearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 66興味あり
  • 426経験あり
  • 78お気に入り
  • 282持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力11
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルラブクラフト・レター
原題・英題表記Lovecraft Letter
参加人数2人~6人(5分~15分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

world_of_bearさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク