マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 5分~15分
  • 10歳~
  • 2016年~
  • 28
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月28日 14時32分
    届いたばかりでまだ遊べて無いのですが描かれているイラストやデザインがカッコいいのでクトゥルフが好きな友人達と遊ぶのが楽しみです。(*´﹀`*)軽炉さんのレビューを読む
  • 195
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月16日 21時00分
    ありていに言うと馬鹿ゲーで好き嫌いは分かれると思う。俺は好き。まず、プレイ時間が非常に短い。下手すると一周しない。十秒くらいで終わることがある。合間ゲーとして優秀である。ラブレターは簡単なルールに駆け引きを詰め込んでいる。インスタントに誰でも瞬間的に楽しめる。言うなれば、コンビニで売られているお高いお菓子。メルティーキッスのような、上質なゲームである。ラブクラフト・レターはブラックサンダーだ。下品な味つけ、高いカロリー、駄菓子の名にふさわしいが、うまい。満足できる。そういう濃さがある。意外な終わりを演出できる。これが優秀だ。あっさりと終わることはもちろんある。大半は勝手に周りが自滅して終...world_of_bearさんのレビューを読む
  • 158
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月15日 22時58分
    正直言いますと、恐らくこのゲーム好まれる方と嫌われる方と両方出ると思うのです。実際、元々のラブレターに赤い「狂気カード」を突っ込んだだけで、赤いカードさえ抜いてしまえば、元々のラブレターは遊べます。(多少ズボラです(笑)赤を抜く、とは言いましたが普通の7ではなく、赤7の方を使うのがベーシックセットです。)このげーむのおもしろみはTiny Oriental Starハマチソンヌ(毎度ベンチウォーマー)さんのレビューを読む
  • 241
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月14日 23時21分
    ラブレターが面白い評判なので、ラヴクラフティアンの私はこちらを購入しましたプレイするまでは、カード見てはワクワクしてすごい楽しいんだろうな~と思っていましたが、いざプレイしてみたところ(4人でプレイしました)自分の手番が来る前に脱落、初手でドローしたら2枚とも狂気カードなのでプレイしたら次のターンの正気度チェックで狂気カードを引いて脱落、カード効果で手札を見せ合ったら相手のカードの数値が低かったため勝手に相手が脱落・・・このゲーム何が楽しいの?的な感じの雰囲気が終始漂っていましたしかも私以外のプレイヤーはニャル子さんしかしらない程度の知識、ティンダロスの猟犬やミ・ゴを見て楽しむわけもなく...くずてつさんのレビューを読む
  • 193
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月14日 23時31分
    私はラブレターよりも先にラブクラフト・レターを購入したラヴクラフティアンです。狂気能力が狂気していて非常に狂気。「ゲーム終了時まで脱落しない」(ただし勝てるとは言っていない)「狂気状態で手札が12以上なら勝利する」など、ラブレターから追加されたカードは、なかなかに個性的な能力をお持ちです。先にラブレターを紹介して3戦ぐらいしたところで、懐からヌッとラブクラフトレターを取り出すとスムーズにインストできます。狂気カードを抜き取れば、ラブレターとして遊ぶこともできます。ただ、なぜラ"ブ"クラフト・レターなのだ。なぜラ"ヴ"クラフト・レターじゃないのだ。エヴァンゲリオンでしょ?エブァンゲリオンじ...おっきーさんのレビューを読む
  • 177
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月06日 19時27分
    ラブレターが楽しかったのでクトゥルフ好きな方の意見を取り入れて購入。公式のQ&Aはゲームを進めていく上で見ておくのがオススメ!参考になりました★狂気カードを抜いたりして制限すればラブレターと同じようにシンプルに遊べました(多少内容に違いがあり、可愛いデザインでは無くなってしまいますが!)そして狂気カードを入れると混沌とした展開に…!ってのは少なく、瞬殺される事も多々ありましたね(笑)もちろん、ミーゴとか使って「あぁ~……」と叫ぶ瞬間も!2人で遊ぶと1ゲームが早く終わるので何回も繰り返して遊んでしまいました。3人で遊んだ際には、ラブレターを遊んだことの無い人でも、ササッと遊べるようになりま...かかりちょーさんのレビューを読む
  • 212
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月07日 20時55分
    購入時、「ラブレター」と「ラブクラフトレター」のどちらを購入するか迷いましたが、自分の環境ではこちらを購入して正解でした。■ラブクラフトレターを持っているとラブレターもプレイできるカード構成は、ベースの「ラブレター」にカードを追加した構成になっています。そのため、赤い記述が書かれたカードを全て抜くと、一部が差し替えされた「ラブレター」としてプレイできます。「ラブクラフトレター」プレイ前に「ラブレター」としての基本ルールを説明するときや、読み合いのプレイがしたいときに便利です。■ライトゲーマーにはプレイしやすい読み合いが苦手なライトゲーマーには、運の要素が強い方が楽しくプレイできるようです...あげだまさんのレビューを読む
  • 208
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月20日 23時22分
    有名なラブレターのカードに、狂気要素の入ったクトゥルフ要素満載のこのゲーム。発狂状態になると強力な発狂効果が使えますが、山札から一枚引く前に山札上のカード一枚を公開して、発狂効果がかかれていたら敗北するという理不尽ルール付き。けど発狂したくなる。不思議!さいスケさんのレビューを読む
  • 294
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月08日 23時58分
    (※別サイトで行ったレビューを本人が転載しています。)単純なラブレターとは違い、かわいらしい雰囲気が排除されすべてのデザインがクトゥルフ神話をベースに改変、追加で「狂気カード」が混ざったラブレター。狂気カードとは、それぞれの1~8の数字にそれぞれ1枚ずつあり、それぞれ1~8の従来の能力に加え、狂気能力という効果が追記されている。狂気カードは捨て札に並ぶと、該当プレイヤーは狂気状態という特殊状態となる。狂気状態になると、狂気カードをプレイした時、ひとつ目の従来能力に加え、ふたつ目の狂気能力を選択できるようになる。狂気状態で使用解禁される能力は例えば以下の様なものです。2:道化(狂気能力):...oshio_senseiさんのレビューを読む

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク