• 2人~6人
  • 15分前後
  • 4歳~
  • 2016年~

ナンジャモンジャ・ミドリToddles-Bobbles Green

不思議生物たちに名前をつけてあげよう

手足と大きな顔だけの謎の生物「ナンジャモンジャ族」に名前を付けてあげるカードゲームです。
山札からめくったカードに描かれているナンジャモンジャに、即興で名前を付けて行きます。
次に同じカードがめくられた時、その名前をいち早く声に出して呼ぶことができたプレイヤーは、それまでに重ねられてきたカードを全て貰うことができます。

最終的に一番たくさんのカードを集めた人の勝ちとなります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ゆーじろ〜ゆーじろ〜
  • 35興味あり
  • 334経験あり
  • 81お気に入り
  • 243持ってる
販売中の商品
該当商品が見つかりませんでした
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力13
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルナンジャモンジャ・ミドリ
原題・英題表記Toddles-Bobbles Green
参加人数2人~6人(15分前後)
対象年齢4歳から
発売時期2016年~
参考価格1,400円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 13件

  • 77
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月21日 21時43分

    Youtubeでこれをやってる人たちがいたようで、小学生の認知度が異常に高いです。実際のルールも非常にシンプルで、最初に出たときは名前を付けて、2回目に出たときに呼ぶだけ。一応上級ルールもありますが、それでもシンプル。小さい子でも楽しめます。シロとミドリ、どっちもキャラは不思議な魅力があってかわいいです。どっちにするかは好みですね☆

    続きを読む
  • 36
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月14日 00時05分

    カードに描かれた可愛い妖精に名前を付けて、その後またその妖精が出てきたら、その名前を一番早く呼んだ人がカードをもらい、山札が尽きたときにもらったカードの数が多い人が勝つゲームです。短期的な、記憶力と瞬発力が試されるゲームで、同じ面子でやる際は2回目以降が本番です。1回目に付けた名前と混同してしまうので、そこが楽しいパーティーゲームだと思います。

    続きを読む
  • 74
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月08日 08時17分

    ボードゲーム初心者の人とやったら多くの場合このゲームが一番たのしい!とよく聞くくらい、ボードゲームに縁がない人をボードゲーム界に引き摺り込む魔法のアイテムです笑(内容物はカードのみです)なんだかよくわからないカードに名前をつけて、それを記憶して・・・2回目以降に出てきたときは誰よりも早くそいつの名前を言う(叫ぶ!)というゲームです。とにかく、盛り上がる盛り上がる。あえて言いにくい名前をつけてみたり、その場にいる人の名前にしてみたり、ちょっと言いたくない言葉にしたりと....とにかく楽しいです。個人的には初めて出てきて名前つけしたものは山札に戻します。こうすることで、一番最初にどんどん積み...

    続きを読む
  • 30
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月05日 02時46分

    サイコロ倶楽部がキッカケで気になりました。瞬発力と記憶力がためされるゲームです。カードを捲る度のドキドキ、ワクワク感はたまりません。そして、発想力を働かせることでより深く楽しむことができます。簡単でとっても楽しいゲームです。

    続きを読む
  • 44
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月04日 16時57分

    個性豊かなキャラクターたちに名前を付けて当てるだけのシンプルなゲームです。小さな子供といっしょにやると名前も面白くていいですね。しかし、このゲームの神髄は二回目以降のプレイになるんじゃないでしょうか。前回の名前を少し変えた名前をいれるだけで大混乱して笑えます。是非、遊んでみてください!

    続きを読む
  • 46
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月22日 11時30分

    カードをめくって名前をつける、つけた名前を一番先に呼ぶという単純なゲームですが個性的なイラストから名前を付けたり、時事ネタを放り込んだり、二回目は前の名前とこんがらがりそうな名前を付けてみたりと笑いが絶えないゲームです。長い名前を付けると早口言葉合戦になるので注意しましょう(笑)

    続きを読む
  • 55
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月05日 16時57分

    2017年始めにボドゲー好きな人に貸してもらったのがこの[なんじゃもんじゃ]で名前のネーミングと名前がなかなかでてこなくてプレイした5人で大笑い。2回目も1回目に付けた名前とゴッチャになったり笑いが絶えないカードゲーム。アナログでなければだせない面白さが味わえる。

    続きを読む
  • 62
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月21日 13時21分

    小学生の子どもたちと遊ぶときに人気のゲームです。「カードをめくる」「名前をつける」「つけた名前を呼ぶ」さえできればゲームができるので、初めての子でもすぐに参加できます。名前を覚える・呼ぶのに記憶力・瞬発力が重要になるので、年齢の高い子の方が優位になりがちですが、多少の年齢差があってもいっしょに遊べます。名前をつける12種類のキャラクターたちは、色や手足、目、鼻、耳、髪の毛等、見た目の特徴がたくさんあって名前をつけるのに困りません(そもそも見た目にこだわらずに名前をつけてもいいので、あえて無関係の名前をつけるといった駆け引きもあります。見た目と名前に関連性がなさ過ぎて、誰も覚えていないこと...

    続きを読む
  • 62
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月30日 12時24分

    12種類の妖精さんを順に名付けて、つけられた名前を早い者勝ちで言っていくゲームです。一番最初に言えたプレイヤーがその妖精のカードをもらい、最終的に一番カードを集めたプレイヤーの勝ち。…最初↑こんな感じの説明だけを見た時はピンとこなくて興味がわかなかったのですが、すごろくやさんのデモプレイをやらせてもらい、子供たちがすっかり気に入って購入。それでも私はまだピンと来ていなかったのですが、盛り上がってきたのは家に帰って自分もプレイヤーになった時でした。山札を1枚めくり、最初のプレイヤーが「これは〇〇」と名づけます。次の番のプレイヤーがまた山札をめくり、違う妖精のカードだったら違う名前を「これは...

    続きを読む
  • 82
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月27日 14時43分

    インスピレーションと記憶力がモノをいう!?珍しいボードゲーム順番にカードをめぐり初めてのカードなら名前をつける、名前のついたカードならその名前を早い者勝ちで答える。ルールはとても簡単です。記憶力だけでなく、パッと見たときにすぐに思い出せる名前を付けるインスピレーション力。この2つが重要になります。これらに自信がある人にはオススメ!カードの絵は不思議な雰囲気のナンジャモンジャ星の住人たち。絵本のような絵が素敵です。難易度は連続して何戦も遊ぶときに上がります。前の勝負の時に付けた名前が思い浮かんできて詰まってしまうんです。でもそれが何故か笑いを誘って盛り上がるので、できれば二戦以上続けて遊ぶ...

    続きを読む
  • 51
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月13日 16時29分

    不思議な妖精たちに名前をつけ、もう一度出てきたらその名前を叫ぶだけの単純ルールですが、とにかく笑い転げながらプレイしました。自分や他人のネーミングセンス・感性の違いにも笑えるのですが、醍醐味は連続した2度目のプレイ。1回目につけた名前が思い出され混乱します。一瞬の迷いが命取りなのですが、思い出しているのはくだらない名前…って構造がまた楽しいです。お子さんや大人数でやっても盛り上がりますが、2人プレイでもやたら盛り上がりましたwお手軽なのでオススメです。

    続きを読む
  • 76
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月19日 03時03分

    製造元のロシアで大人気になったゲームで、ロシアでは児童心理センターの認定を受けているゲームです。12種類の謎の妖精「ナンジャモンジャ族」のカード5枚ずつ、合計60枚のカードを使ってプレイします。プレイヤーは順番にカードをめくっていき、初めて出たカードの妖精には名前をつけてあげ、同じカードが出たら先につけた名前を呼んだ人がカードを取ることが出来ます。カードに名前をつける発想力、つけた名前を覚える記憶力、名前を素早く発声する反射神経が必用なゲームで、これらのスキルを培うことができます。ルールが簡単で絵柄もメルヘンチックで特徴的なので、子どもや女性に人気ですね。大人数が集まるパーティーゲームと...

    続きを読む
  • 79
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月01日 06時05分

    元々ロシアのゲームで、【名前を呼んで】ってタイトルで遊ばせていただきました。その時は、入手困難だったので持ってる人を羨ましがった記憶があります。そんな折に、2015年にすごろくやさんが国内での取り扱いを始めて、ナンジャモンジャって名前で発売されました。ゲームルールはいたってシンプル。捲られたカードのキャラクターに最初に捲ったプレイヤーが名前を付けます。それを繰り返していき、もし名前が付いてるキャラが登場したら名前を呼んであげます。一番早く叫んだプレイヤーが、それまでのカードを獲得し、最終的に枚数の多いプレイヤーの勝ちになります。似たようなキャラクターが多いから、間違えやすいし・・・1回プ...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿