マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 60分前後
  • 12歳~
  • 1998年~

フェレータoshio_senseiさんのレビュー

190
名に参考にされています
2016年06月02日 17時50分

プレイした感想は、「あやつり人形」です。
あやつり人形が分かる人はあれを複雑にしたものというイメージで問題ないです。
.
プレイヤーは薔薇陣営、鷹陣営の2陣営に分かれて戦争を行います。
陣営は公開情報であり、プレイヤーは最初どちらかの陣営に所属しております。
.
基本的には毎ラウンド、
.
「戦場の決定、役職カードのドラフト、兵站カードの使用、役職の公開、戦争の結果解決、勝利点の獲得、兵站カードの補充」
.
の順番に行われます。
.
役職決定は毎ラウンド代わり、その役職の決定権は親プレイヤーから順番に巡って行きます。
子プレイヤーは上プレイヤーが何の役職を選択したのかを推測しながら役職を選んで行きます。
.
ラウンド毎に、「裏切り者」の役職を選択したプレイヤーは、薔薇・鷹陣営がひっくり返ります。
戦争の結果解決は、陣営がひっくり返った後に力比べになりますので、仲間陣営が常に仲間とは限らないのがポイントです。
戦争に勝利すると、勝利陣営が仲良く点数を山分けするので、勝つならどこかで裏切って戦う必要があります。
誰が裏切るかの読み合いが深いゲームです。
.
ただ、「役職カードのドラフト」と「兵站カードの使用」は親手番から順番に行われるため、
読み合い成分が強い分、ダウンタイムが非常に長く、待ち時間がもどかしいのが最大のネックです。
コンポーネントがコンパクトなので、
プレイ時間が見た目以上に時間掛かる上、その半分くらいが待ち時間となりますので、
駄目だと分かっていても、携帯が開きたくなります。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
oshio_senseiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 45興味あり
  • 213経験あり
  • 43お気に入り
  • 280持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力8
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトルフェレータ
原題・英題表記Verräter
参加人数3人~4人(60分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1998年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

oshio_senseiさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク