マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

フェレータVerräter

鷹と薔薇の公家の争いの中、私腹を肥やす?!

プレイヤー達は鷹と薔薇の家に分かれお互いの土地で戦争を起こします。

毎回、行動(役職)カードを選び、自分の家の家を勝たせるために兵站(へいたん)カードを使って自分の戦場のポイントを上げる。戦場関係なく自分の勝利点を稼ぐ。次のラウンドの兵站カードを多く稼ぐ。自分の家を裏切って相手に寝返る等、それぞれの私惑で行動しちゃいます。

対抗勢力多ければ多いほど戦争で勝つとポイントは多く入ります。最終的にはどちらの家が勝つかではなくどれだけ勝利点を稼ぐかなんです。

ゆっくりじっくり楽しみたいゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 紙の城:亞猫【あにゃん】紙の城:亞猫【あにゃん】
マイボードゲーム登録者
  • 53興味あり
  • 275経験あり
  • 52お気に入り
  • 363持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力9
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトルフェレータ
原題・英題表記Verräter
参加人数3人~4人(60分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1998年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 173
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月19日 10時14分

    あやつり人形がこれを参考にして作られたとか。タイトルのフェレータは「裏切り者」という意味です。鷹陣営と薔薇陣営に分かれてお互いの土地を獲り合う薔薇戦争の裏側を舞台にどちらかの陣営に与して平坦を与えて勝利に導いていきます。ですが、ただ勝っていても埋もれてしまって得点は稼げないのでタイミングを見計らって裏切るのが肝になります。人数が少ない陣営が勝つほうが得点が高いからです。どちらの陣営が最終的に勝って決着しようがその裏で暗躍して美味しいところを持っていく腹黒貴族のような気分になれます。ただし、思惑をうまく理解してくれる協調したい相手がうまく作れないと独りよがりになってジリ貧です。ですがその場...

    一斗さんのレビューを読む
  • 92
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月20日 20時17分

    好きなんだけど推せないゲーの一つ笑細かい暗算が自分的にはマイナスポイントかな?役職ドラフトは楽しいんだけどなぁ・・・。

    hanikinuさんのレビューを読む
  • 185
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月07日 00時21分

    君と裏切り合うボードゲーム「フェレータ」。薔薇と鷹の2陣営に分かれ、2つの土地が隣接する土地を戦場として戦います。カードドラフトをして能力を持つ役職を決めた後に、自分の手札の戦力を使って土地を奪い合う……。ですが、このときに裏切りが発生して陣営を移動してかき乱すプレイヤーがいる、というのが面白いゲームです。裏切りを計算に入れてプレイしないと勝てないし、そもそも戦争に勝っても大人数で勝つと点数が少ない。いかに少数で裏切りを見越したうえで、貯めた手札を使っていくかがポイントのゲームです。裏切り前提で成り立つ心理戦要素の強い戦略性がこのゲームの醍醐味です。なにより、自分の手番が誰の次か、という...

    だいもん(@economic_wars)さんのレビューを読む
  • 219
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月02日 17時50分

    プレイした感想は、「あやつり人形」です。あやつり人形が分かる人はあれを複雑にしたものというイメージで問題ないです。.プレイヤーは薔薇陣営、鷹陣営の2陣営に分かれて戦争を行います。陣営は公開情報であり、プレイヤーは最初どちらかの陣営に所属しております。.基本的には毎ラウンド、.「戦場の決定、役職カードのドラフト、兵站カードの使用、役職の公開、戦争の結果解決、勝利点の獲得、兵站カードの補充」.の順番に行われます。.役職決定は毎ラウンド代わり、その役職の決定権は親プレイヤーから順番に巡って行きます。子プレイヤーは上プレイヤーが何の役職を選択したのかを推測しながら役職を選んで行きます。.ラウンド...

    oshio_senseiさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 227
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月07日 00時28分

    このゲームで大量得点を獲得する方法は、1.相手陣営が強い土地2.自分の陣営の人数が少数派のときに勝利する、ということです。具体的にいえば、自分の陣営が2名(5人プレイの場合)に勝利できると大きいです。この条件で考えた場合、手番が1番のときに裏切って勝利するか、最終番手で裏切り者がいないことを確認した際に勝つ、のが望ましいでしょう。1番手で裏切ることが望ましい理由は、裏切り者のカードを持っているかどうかを隠蔽できるためです。非公開カードが1枚あるため、2番手以降は裏切り者をとったとしても情報を確定させることはできません。兵站カードが潤沢あるプレイヤーが相手陣営にいれば、自分の陣地を守るため...

    だいもん(@economic_wars)さんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク