マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
フェレータ
  • フェレータ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 60分前後
  • 12歳~
  • 1998年~

フェレータ

メーカー・卸元:ニューゲームズオーダー

1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
「鷹の家」と「薔薇の家」で紛争勃発!戦略家と反逆者の壮絶な心理戦

 ハイランドにおいて、鷹の家と薔薇の家、2つの公家の間で紛争が勃発しました。激しく対立する両家は、可能な限りの領地を我が物にせんと争います。プレイヤーは戦いの形成を見極めつつ、ある者は鷹の上に、またある者は薔薇の家にと、褒賞を求めて加勢します。

 ゲーム中、ラウンドのたびに戦が起こります。各自行動カードを秘密裏に1枚選び、自らの振る舞いを決定します。外交可を選べば属している公家の勝利に貢献できます。戦略家は確実な利益を手にし、次のラウンドの戦場を決めます。農業科は戦力の蓄えに走り、建築家は屋敷や商館といった自らの拠点を建設します。そして反逆者となれば、属していた公家を裏切り、敵方に所属を変えることができます。誰が反逆しているのかを推理し、また自分が反逆する機会を窺うのが、このゲームの最も重要なポイントです。ゲーム終了までに最も多くの点を稼いだプレイヤーが勝利します。

 このゲームは、1998年に発表された、愛好家には定評の高い作品です。小箱ですが内容は濃く、1時間程度の本格的なゲームを楽しめます。今回の日本語版では、従来の3~4人用から5人まで遊べるようになりました。得点ボードや傭兵カードも追加で収録しており「完全版」といえる仕様になっています。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 10件

レビュー
331名が参考
4年以上前

プレイした感想は、「あやつり人形」です。
あやつり人形が分かる人はあれを複雑にしたものというイメージで問題ないです。
.
プレイヤーは薔薇陣営、鷹陣営の2陣営に分かれて戦争を行います。
陣営は公開情報であり、プレイヤーは最初どちらかの陣営に所属しております。
.
基本的には毎ラウンド、
.
「戦場の決定、役職カードのドラフト、兵站カードの使用、役職の公開、戦争の結果解決、勝利点の獲得、兵站カードの補充」
.
の順番に行われます。
.
役職決定は毎ラウンド代わり、その役職の決定権は親プレイヤーから順番に巡って行きます。
子プレイヤーは上プレイヤーが何の役職を選択したのかを推測しながら役職を選んで行きます。
.
ラウンド毎に、「裏切り者」の役職を選択したプレイヤーは、薔薇・鷹陣営がひっくり返ります。
戦争の結果解決は、陣営がひっくり返った後に力比べになりますので、仲間陣営が常に仲間とは限らないのがポイントです。
戦争に勝利すると、勝利陣営が仲良く点数を山分けするので、勝つならどこかで裏切って戦う必要があります。
誰が裏切るかの読み合いが深いゲームです。
.
ただ、「役職カードのドラフト」と「兵站カードの使用」は親手番から順番に行われるため、
読み合い成分が強い分、ダウンタイムが非常に長く、待ち時間がもどかしいのが最大のネックです。
コンポーネントがコンパクトなので、
プレイ時間が見た目以上に時間掛かる上、その半分くらいが待ち時間となりますので、
駄目だと分かっていても、携帯が開きたくなります。

続きを見る
閉じる
oshio_sensei
oshio_sensei
戦略やコツ
321名が参考
約4年前

このゲームで大量得点を獲得する方法は、

1.相手陣営が強い土地

2.自分の陣営の人数が少数派

のときに勝利する、ということです。

具体的にいえば、自分の陣営が2名(5人プレイの場合)に勝利できると大きいです。


この条件で考えた場合、手番が1番のときに裏切って勝利するか、最終番手で裏切り者がいないことを確認した際に勝つ、のが望ましいでしょう。


1番手で裏切ることが望ましい理由は、裏切り者のカードを持っているかどうかを隠蔽できるためです。非公開カードが1枚あるため、2番手以降は裏切り者をとったとしても情報を確定させることはできません。

兵站カードが潤沢あるプレイヤーが相手陣営にいれば、自分の陣地を守るために多く兵站カードを突っ込んでも「勝つため」というメッセージに変換できます。


最終番手で裏切り者がいないことを確認したら、というのは、最終番手で手札に「反逆者」カードがあれば、陣営は誰も動かないということです。

このとき2名陣営であれば、相手の兵站の動き方をみながら、戦力を全部ぶつけて勝利するのみです。


要は、1番手、最終番手のいずれかで状況的に大量得点が可能な時、兵站カードをたくさん手札に持てるように調整して立ち回りすると良いように思います。


1度の大量得点さえ決めれば、あとは戦場の土地を選べる「戦略家」カードが勝利点ももらえて、プレイヤー全体の思惑を戦場決定で操作できるので非常に強力。大量得点のチャンス以外は、基本的にこのカードを選べばOK。

続きを見る
閉じる
仙人
だいもん(@economic_wars)
だいもん(@economic_wars)
レビュー
311名が参考
3年弱前

あやつり人形がこれを参考にして作られたとか。

タイトルのフェレータは「裏切り者」という意味です。


鷹陣営と薔薇陣営に分かれてお互いの土地を獲り合う薔薇戦争の裏側を舞台に

どちらかの陣営に与して平坦を与えて勝利に導いていきます。

ですが、ただ勝っていても埋もれてしまって得点は稼げないので

タイミングを見計らって裏切るのが肝になります。

人数が少ない陣営が勝つほうが得点が高いからです。


どちらの陣営が最終的に勝って決着しようが

その裏で暗躍して美味しいところを持っていく

腹黒貴族のような気分になれます。


ただし、思惑をうまく理解してくれる協調したい相手がうまく作れないと

独りよがりになってジリ貧です。

ですがその場合相手も得が取れないのでラウンドが終わったときに

地団駄を踏むことになるでしょう。


かなり思考型の役職ドラフトで

裏の読みあい、協調と裏切りが好きな人には地味ながら面白く遊べるゲームです。

続きを見る
閉じる
仙人
一斗
一斗
レビュー
283名が参考
約4年前

君と裏切り合うボードゲーム「フェレータ」。

薔薇と鷹の2陣営に分かれ、2つの土地が隣接する土地を戦場として戦います。

カードドラフトをして能力を持つ役職を決めた後に、自分の手札の戦力を使って土地を奪い合う……。ですが、このときに裏切りが発生して陣営を移動してかき乱すプレイヤーがいる、というのが面白いゲームです。

裏切りを計算に入れてプレイしないと勝てないし、そもそも戦争に勝っても大人数で勝つと点数が少ない。いかに少数で裏切りを見越したうえで、貯めた手札を使っていくかがポイントのゲームです。

裏切り前提で成り立つ心理戦要素の強い戦略性がこのゲームの醍醐味です。なにより、自分の手番が誰の次か、ということが非常に重要ですね。


5人プレイで遊んでこそ本領発揮という面白さのゲームですが、なによりこの重厚感あるプレイ感を、この小さな箱に収めた、というのがポイント高め。中量級ゲームをやりたい、しかし持ち運びはツライ。そんなときに活躍します。

逆に、せっかく面白いゲームなのに箱が小さいためにゲームカフェやショップでスルーされているのが悲しいところ。たしかにコンポーネントはコンパクト化を目指したせいでショボいんですけど、トレードオフですねぇ。

箱を大きくしてボード作って豪華にしていたら、もっと売れていたかもしれません。

続きを見る
閉じる
仙人
だいもん(@economic_wars)
だいもん(@economic_wars)
レビュー
192名が参考
5ヶ月前

このゲームはプレイヤーは2つの陣営に分かれて、協力しながらそれぞれの陣営の勢力を拡大していくもので、協力ゲームの要素があります。

しかし、ゲームに勝利するためには、同じ陣営の中の他のプレイヤーとの競争をしなければならない時もあります。そのため、自分が勝利するのであれば、行動カードの「反逆者」を使って所属する陣営を変えることも必要になってきます。

2つの陣営を行き来する日和見的なことが可能ですが、あまりやりすぎると現実と同様に他人から信頼されなくなると思います。ある意味、自分の利益を最大にするように上手く両陣営で立ち回るのか、1つの陣営で勝利を目指すのか、プレイヤーの考え方(人生観?)がわかるゲームかもしれません。

心理戦やブラフなどが好きな人には面白いゲームだと思います。使うカードの種類や枚数はそこまで多くありませんが、思ったより時間がかかります。また、3〜5人でプレイできますが、両陣営に分かれて争うし、心理戦などもあるので、できれば4人以上でプレイする方がそのあたりが楽しめて、もっと面白いと思います。

続きを見る
閉じる
仙人
Hide
Hide
レビュー
162名が参考
12ヶ月前

コンパクトな箱や設定だけでつられた人は回れ右。

見た目に反して重量級のゲーム。

このコンポーネントにして長いインスト、長いゲーム時間(待ち時間多め)に、何の情報もなしにプレイした初めての人の多くは披露困憊必至であろう。


いや、ゲーム性は楽しいよ。間違いなく。

でもね、やっぱりコンポーネントの割にゲーム性が重いっていうのは個人的にちょっと嫌だったかなー。

続きを見る
閉じる
勇者
もりさん
もりさん
レビュー
156名が参考
4年弱前

好きなんだけど推せないゲーの一つ笑

細かい暗算が自分的にはマイナスポイントかな?

役職ドラフトは楽しいんだけどなぁ・・・。

続きを見る
閉じる
仙人
hanikinu
hanikinu
レビュー
141名が参考
8ヶ月前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

フェレータは、誰がどのアクションカードを選んだか毎回正体隠匿系ゲームのように予想しながら身の振りを考えていく面白いカードゲームです!
目まぐるしく陣営が変わっていくのと、どこで勝負をかけるのか、建物を建てるのかといったように悩みどころが多いゲームです。カードだけでこれだけのゲームが楽しめるのはすごいです。
ただ、勝利点をいちいち紙にメモしていく必要があり、ちょっと面倒です・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


フェレータの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
ルール/インスト
79名が参考
6ヶ月前

1)ゲーム名:フェレータ

2)勝利条件:既定のラウンドが終了した時(8〜10ラウンド:プレイ人数で変わる)に最も勝利点が高いプレイヤーが勝利。

3)勝利点の獲得方法

①戦いに勝利した陣営のプレイヤーは、征服した土地カードの勝利点を獲得する。参加人数が少ないほど、勝利点は高い。

②「反逆者」の行動カードを選んでいたプレイヤーは、そのラウンドに1点の勝利点を得る。

③「戦略家」の行動カードを選んでいたプレイヤーは、そのラウンドに2点の勝利点を得る。

④最終ラウンドで、自分が場に出している商館カード1枚につき、「最後に手札に残した平坦カードの枚数(ただし3枚まで)」だけの勝利点を得る(最大6点)。

4)ゲームの準備

①各プレイヤーは色を選び、その色と同じ所属カードと3枚の拠点カードを受け取る。

②4人以下でプレイする場合は、カードに5人プレイ用の印がある土地カード2枚と兵站カード4枚を取り除く。

③最初の手番プレイヤーを決める。最初の手番のプレイヤーは所属カードを「鷹の家」の面にする。その左隣のプレイヤーは「薔薇の家」の所属、その隣は再び「鷹の家」と交互に陣営を決める。

④土地カードを種類ごとに両陣営の枚数が等しくなるように分ける。

⑤④で分けた土地カードをシャッフルして、円形に並べる。

⑥最初の手番のプレイヤーから順に、拠点カードが置かれていない土地にカードに拠点カードの屋敷の面を上にして差し込む。

⑦兵站カードを1人に3枚配って、残りは山札とする。

⑧戦略カードと戦場カードを最初の手番プレイヤーの左隣のプレイヤーに渡す。

⑨行動カード6枚を場の中央に置く。

⑩スコアボードにラウンドマーカーとスコアマーカーを自分の所属する陣営を上にして「0」のところに置く。

5)ゲームの進行

①戦場の決定

戦略カードを持っているプレイヤーが、戦場を決める。戦場は隣接する土地カードの陣営が違う場所になる。

②行動カードの選択

最初の手番のプレイヤーが、6枚の行動カードをシャッフルして、一番上にあるカードを場に裏返して置く。その後、残りの5枚の中身を自分だけが見て、1枚選ぶ。残りのカードを左隣のプレイヤーに渡す。渡されたプレイヤーは同じように1枚を選んで次のプレイヤーに渡す。全プレイヤーが行動カードを1枚受け取るまで行う。残ったカードは伏せたまま場に戻す。

③兵站カードの使用

最初の手番のプレイヤーから時計回りの順番に、0〜5枚の兵站カードを選び、場に後悔する。兵站カードの数値の合計が、自分の陣営の戦力に加えられる。

④行動カードの公開

全員同時に、行動カードを公開する。「反逆者」のカードを使用したプレイヤーは、所属する陣営を変える。なお、全員同じ陣営だった場合は、「外交家[5]」を選んだプレイヤーが同等の働きをする。

⑤戦いの決着

各陣営ごとに、兵站カードの戦力を合計と戦場となった土地カードの自分の陣営側のカードの戦力を合計して比較する。さらに、外交家カードを選んでいるプレイヤーの陣営にさらに戦力をカードの数字だけ加える。合計の戦力が高い陣営が勝利する

⑥勝利点の獲得と勢力圏の変更(つまり戦闘の結果処理)

戦場の土地カードを勝った陣営のマークがついている面を上にする。その陣営を変更した土地カードについている戦闘に参加した人数で異なる勝利点を、勝利した陣営で戦闘に参加したプレイヤー全員に加える。

また、行動カードで「反逆者」を選んでいたプレイヤーは1点、「戦略家」を選んでいたプレイヤーは2点を獲得する。

⑦拠点の建設

行動カードで「建築家」を選んだプレイヤーは、自分の手元にある拠点カードを好きな面(屋敷又は商館)を上にして1枚を開いている土地カードに差し込む。あるいは、すでに場にある拠点カードを裏返すことができる。(屋敷から商館、又は商館から屋敷)

なお、屋敷は最大3枚まで、商館は最大2枚まで置くことができる。

⑧戦略カードと戦場カードの獲得

「戦略家」カードを使ったプレイヤーに、「戦略カード」を渡す。また、「戦場カード」も渡す。もし、戦略家カードを誰も選んでいなければ、引き続き前回のプレイヤーが戦場を決めることができるが、勝利点は獲得することは無い。

⑨兵站カードの廃棄、補充、調整

使った兵站カードを捨て札置き場へ置く。兵站カードの山札が尽きたらこの捨て札置き場から補充する。

まず最初に「農業家」を使ったプレイヤーが山札から3枚補充する。次にこのラウンドの最初の手番にプレイヤーから順番に、自分の屋敷が現在所属している陣営と同じ面の土地にある自分の屋敷カード1つにつき、1枚づつ引く。

最後に「外交家[2]」を選んだプレイヤーが1枚引く。なお、1ラウンドで補充できる兵站カードは最大3枚までである。また、手持ちの札の最大5までである。

①〜⑨を繰り返して、既定のラウンドをプレイする。

最終ラウンドでは、ボーナス点を獲得することができる。自分が場に出している商館カード1枚につき、「最後に手札に残した平坦カードの枚数(ただし3枚まで)」だけの勝利点を得る(最大6点)。

なお、5人でプレイする場合は、若干カードの追加やルールの変更がありますので、詳細はルールシートを確認すること。

また、選択ルールとして、傭兵カードもありますので、詳細はルールシートで確認すること。

続きを見る
閉じる
仙人
Hide
Hide
戦略やコツ
27名が参考
8ヶ月前

補給カードが無いと勝負にならないので、適度に農民を選んで補給カードを確保しておきながら、勝負所で補給カードを使用するのがいいかと思います。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • ¥ 1,870(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 108興味あり
  • 500経験あり
  • 83お気に入り
  • 622持ってる

チェックした商品