• 2人~5人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2003年~

コロレットColoretto

取りすぎ注意!?手元に置きたいカードは3種類まで!微妙なバランスが大事なカード獲得ゲーム

このボードゲームは、場に置かれているカードをあるタイミングで獲得して、同じ色のカードを複数枚揃えるカードゲームです。人数に従った列カードを場に置き、その横に山札から引いたカードを置いていきます。1つの列には、列カードに記載されている枚数のカードを置くことができます。その1枚以上ある列のカードは自分のターンに獲得することができ、そのターンのアクションを終了します。つまり、必ずどれかの列に置かれているカードは獲得することになります。

カードには以下の種類があります。
・9色のカラーカード
・カラフルなジョーカーカード
・+2カード
・最終ラウンドカード

プレーヤーは、9色のカラーカードのうち3色までを獲得するようにします。一番枚数の多い色のカードから順に並べて、3色目までは点数を得ることができます。しかし、4色目以降のカードがある場合は、マイナス点となります。つまり、自分の揃えたい色カードのある列を獲得しつつ、不要な列は他プレーヤーに取らせるような戦術となります。
ジョーカーカードはどんな色にでもできるオールマイティなカードです。自分が一番得点を得ることができるように好きな色として使うことができます。
+2カードは、そのまま点数を2点得ることができます。これは上記の種類に数えないので、何枚持っていてもプラスになることは変わりません。
最終ラウンドカードは山札の下から15枚目の上に入れます。山札を取っていき、この最終ラウンドカードを引いたら、そのラウンドでゲームは終了となります。

こうして最終的に一番得点の多かったプレーヤーが勝利となります。色ごとの枚数に応じて点数が決まっており、得点チャートに記載があります。得点チャートには表と裏があり、単純に6枚以上あるほうが一番得点の取れる通常ルールと、3枚だけ持っているときが一番得点の取れる上級者向けのルールがあります。まずは通常ルールで慣れてから、面白くなってきたら上級者向けルールをしてもよいでしょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局
  • 70興味あり
  • 440経験あり
  • 104お気に入り
  • 384持ってる
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力10
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルコロレット
原題・英題表記Coloretto
参加人数2人~5人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2003年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 7件

  • 49
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月20日 22時28分

    4人でやる場合はテーブルに4枚の目印カードをおき、順番に、ひとりづつ山札から1枚めくって目印カードの横においていきます。一つの目印カードの横には最高3枚までしかおけません。3枚おいていなくても欲しいカードがあればそのカードをとってそのターンを終ってもいいです。とったカードの目印カードを横にして残りの人がその他の3つの目印カードの横のカードをとるまでやります。全員がカードのをとったら1ターン終りになります。7色のカラーから3色を最大で6枚集めれば最強になります。4色目以降はマイナス点になるのでできるだけとらないようにします。同一色は1枚だと1点、2枚だと3点、3枚だと6点、4枚だと10点、...

    続きを読む
  • 105
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月02日 22時50分

     黄色・赤色・緑色・・・色とりどりのカメレオンをたくさん集めよう。だけど3色以上はちょっと世話が大変。何事も程々が肝心だ。コロレットルールを覚えるのに必要な時間:5分1ゲームの時間:20分評価:☆☆☆☆(☆5で満点)ドイツゲーム大賞をとったゲームに、「ズーロレット」というのがあるが、このゲームに似ているんだろうか?とりあえず安いので買っておいたこのゲームを、お盆休みに開封してプレイ。3人プレイ用セットアップ完了後の様子。各自にサマリーとして得点表を配り、場には3枚の列カードを並べる。残りのカードをよく切り混ぜ、山札とする。下から15枚めに「ゲーム終了カード」をはさみセットアップ完了。この...

    続きを読む
  • 79
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月25日 19時34分

    カメレオンがデザインされた美しいカードゲームです。しかもルールがとっても簡単で、初めてやる人にも説明時間5分ですぐに始める事が出来ます。手番でやる事は二択で、カードを並べるか取るか。それだけです。でもカードを取る時は一列全て取らなくてはいけないので、いらない色のカードを取らざるを得ない事もしばしば。それを狙ってわざといらなそうなカードを置いてみると「おいー!そこにピンク置くなよぉ~」とかそんな盛り上がり方をするゲームです。置いた方は「してやったり」のニヤニヤ顔(笑)このゲーム、3コロと言う言葉があるくらい3人プレイがしっくりきます。もちろん2人とか4人とかでも十分遊べるんですが、やってみ...

    続きを読む
  • 65
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月24日 12時20分

    ボードゲーム初心者でも、ゲーマーでも、たまたま居合わせた小学生でも、運と実力がバランスよく考慮されることから、とても受け皿の広い優秀なゲームです。人が持つ「自分のお気に入りの色を揃えたい」「配色をシンプルにまとめたい」という美的感覚というか、欲求にうまく攻略目標が重なっているので、ルール覚えたてでもすんなり入り込め、いい線にいくことができます。色んな層の集まるゲーム会に持っていけるゲームであり、(私見ですが)「仲間とお酒を呑みながらちびちびやりたいゲーム」でもあります。ただ、デザインで損をしているゲーム代表でもあって、通常版はかなりリアルなタッチと渋いカラーリング。。。手に取る人を選びま...

    続きを読む
  • 94
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月23日 16時00分

    詳しい所やルールの内容等は他の方のレビューを参考になさって下さい(笑)、、、じゃあお前は何を書くんだ、という事なのですが、僕が声を大にして言いたいのは『老若男女すべからく評判が良い!』と言う事です!!初めてボードゲームをやる友人(その中には、頭を使うのが好きな奴も嫌いな奴もいました)、更にはうちの60代の両親や叔母等、色々な人とやってみたのですが、複数やってもらったゲームの中でこれが面白い!という打率が圧倒的に高かったのです。特に驚いたのは、あの有名な『ラブレター』の役職による能力を覚えるのも大変な60代達が、1回やればすぐにルールとコツを覚えられ、2回目からは割と肉薄したアツい戦いが繰...

    続きを読む
  • 57
    名に参考にされています
    投稿日:2016年07月07日 21時36分

    7色あるカメレオンのカードを獲得し、同色を複数枚集めると点数が高くなり、その点数により勝負します。ただし、加点になるカードは3色まで。意外の色は減点になるので、4色目以降は少ない枚数集めるようにしたいゲームです。カードの取り方はプレイヤーが順番に山札からカードを場に出していくのですが、場には最大3枚までの置ける列があり、途中または3枚になるとカードを獲得できます。つまり獲得したいカードはうまく場に出し、獲得したくない色は避けながらと。ただし他のプレイヤーも同じように考えるので、読みながら、うまくカードを集めて点数を伸ばします。ほどよい駆け引き、思考性で面白いゲームです。

    続きを読む
  • 72
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月14日 17時08分

    このゲームもボードゲーマーの中では定番ゲームに位置するのではないでしょうか。使うカードはとてもシンプルに7色の色のカードがメイン。外のプレイヤーと共有する場で、自分の手番にできることが場に新たなカードを追加するか、既に作成された場を取るかのどちらかのみ。つまり、自分で作った場をすぐに自分で取ることはできず、次の自分の手番まで誰にも取られずに残っている保証はありません。しかし、場を引き取るにしても他の人が間にカードを追加した場です。殆どの場合、1つ以上の場が自分にとって有利な場とは限りません。カードを引くべきか、場を引き取るべきか、シンプルなルールだからこそ、強烈なジレンマを体験することの...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿