マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~60分

SFタイムスリップゲームシャクライのリプレイ日記(2018年9月15日)

112
名に読まれています
2019年10月19日 14時28分

さて今回は9月15日にBookCafeヨミヤスミにて行われた 、“第9回 21時のレトロボードゲーム”『SF タイムスリップゲーム』の模様を書いていこうと思います。

まず今回の参加者ですが、今回も全員一度はこのイベントに参加したことがある方々。友達と一緒コンビ&ご夫婦という感じの4人で、男女比は男性3名、女性1名でプレイいたしました。

ゲームの内容をあらためて簡単に説明すると、プレイヤーはタイムマシンに乗り込み、原始時代、ローマ時代、江戸時代、現代、宇宙時代という5つの時代にタイムスリップ。その時代ごとに用意されたミニゲームをクリアし、点数が明記された記録カードをゲット。そしてすべての時代の記録カードをいち早く集めつつ、その記録カードに書かれた点数の合計がもっとも高かったプレイヤーが勝利というものです。

ということで、参加者の皆さんはまず“現代”からゲームスタート。さっそく最初のプレイヤーの方が、外枠のチャレンジのマスに止まり参加者全員でボード内側のミニゲームに挑戦。ちなみにミニゲームは参加者全員で挑戦するものと、“チャレンジ”マスに止まったプレイヤーのみが挑戦するものがあり、時代によって異なります。

現代のミニゲームは“試験対戦ゲーム”という当時の受験戦争をイメージしたゲームで全員参加。ただここで各時代のミニゲームの内容をひとつひとつ説明していくとキリがないので割愛します。が、どれもサイコロの目で最終的勝負が決まる、ちょっと運の要素が強いゲームです。

なお、現代のミニゲームは全員(4人)参加で、1人だけ負けるゲームなので、比較的簡単に記録カードがゲットできます。また記録カードには戦争・恐竜編という主に戦いについて書かれたものと、文化・環境編という文字通り文化的な出来事を記録したカードがあり、最終的にはどちらか一方のテーマで5つのすべての時代を揃えるのが目的です。

そしてミニゲームが終わり記録カードを1枚もらったら、再び外枠のタイムマシンに戻り、ゲーム再開。外枠のマスには先ほどのミニゲームに挑戦するチャレンジマスの他にも、だいたい良くないことが起こるハプニンカードを引く、“ハプニング”マス、そして他のプレーヤーから記録カード奪える“ラブ”マスなどがあるんですが、一番熱いのはやっぱり時代が切り替わる“タイムスリップ”マス。

ココに止まるたびにルーレットでランダムに時代が切り替わり、その時代のミニゲームに挑戦していくことになります。最初は各時代のミニゲームと記録カードの集め方を理解するのに少々時間がかかりましたが、慣れてきたらけっこうスムーズに進行。ミニゲームも明らかに記録カードがもらえやすい原始時代と、簡単そうなのに意外と失敗率が高い宇宙時代があったりと。

またマス目にはタイムスリップのほかに、“ワープ”マスという好きな時代に飛べるマスもあり、後半は自分の足りない記録カードを集めつつも、上がり間近の相手に記録カードを与えないようにする駆け引きが重要に。

ただ、あからさまにカードを多く集めると、やはりそこは勝たせまいとみんなで妨害に入る感じで、気がつけば「あ、カード集まってた!」という感じで、ご夫婦で参加した女性の方が勝利という、ちょっとあっけにとられた展開で、1回戦目は終了。それでも、おめでとうございます!

そして、まだ50分ほど時間が余ってたので2回戦目へ。毎回そうですが、やはり1回戦目でルールを覚えて、2回戦目が本番。

今度は全員ある程度ゲームの戦い方がわかるので展開もスムーズに。ただこの回は1回戦目ではほとんど引かれなかったハプニングカードが連発。ハプニングカードは記録カードの点数をマイナスにする効果のものが多く、各人このカードに少々苦戦。とはいえ、ハプニングカードの中にもたまに“好きな時代の記録カードが貰える”みたいな超ラッキーカードも混ざっているので油断できず。

なんだかんだありましたが(←おい!!)、最後はマイナスハプニングカードも多かったものの、それを上回る記録カードをかき集めた、男性プレイヤーが「戦いは数だよ兄貴!」的な感じで勝利。おめでとうございます!

と、今回も伝わってるのか伝わってないのかわからないゲーム報告になってしまいましたが、参加すればたぶんわかると思いますのでよかったら、当カフェのボードゲームが自由に遊べる“21時のレトロボードゲームFP” を利用してみてください。

【 イベント詳細 】
https://yomiyasumi.tumblr.com/event2

勝敗プレイヤー名最終得点
シャクライ

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 1人
2018年09月15日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルSFタイムスリップゲーム
原題・英題表記SF Time Slip Game
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢未登録
発売時期未登録
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

シャクライさんの投稿

会員の新しい投稿