マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 9歳~
  • 1973年~

億万長者ゲームシャクライのリプレイ日記(2019年10月29日)

41
名に読まれています
2019年10月29日 13時55分

さて、今回もBookCafeヨミヤスミにて開催された、 “第21回 21時のレトロボードゲーム”『億万長者ゲーム』の模様をご報告。いつものことですが、参加者以外には、若干わかりにくい内容だと思いますが、なんとなく雰囲気が伝わればと思います。また毎度のことですが長文ですので、ホントに気になった方だけお読みください。

まず今回の参加者ですが、過去にも何度か同イベントにご参加いただいた男性の方が2名、そこに店主が加わり3名でプレイいたしました。実は以前もそうだったんですが、なぜか億万長者ゲームは男だらけ率が高い気が・・・。

ゲーム内容を簡単に説明すると、プレイヤーは、潤沢な資本金を稼いだ上で世界に飛び出し、特等地と呼ばれる大都市にビルを建て、ビルでの収入はもちろん、株や産業スパイなどを上手に活かし、文字通り“億万長者”を目指すゲームです。

ということでゲームスタート。今回はAさん、Bさん、店主という感じでゲーム展開を紹介していきます。まずはルーレットの周りのマスを回る“資本金稼ぎゾーン”で各人順当に資金稼ぎ。正直、1周するたびに給料日で10万ドルもらえるので、ここはルーレットで大きい数字を出した方が断然有利。でいうと、Aさん、Bさんともに大きめの数字で早めに3周し、なおかつ止まったマス目で収入も得て、早々にクリア条件の30万ドルを突破し世界進出。一方店主は数字恵まれず、しかも止まったマス目でみんなからしっぺをもらったり(←昭和っぽい罰ゲーム)で遅めの周回。ちなみに一番最後にこの資本金稼ぎゾーンを出たプレイヤーは罰金として、5万ドル払って世界進出というシビアな展開です。

と、やや出遅れた感はありますが、勝負は結局世界市場ゾーン。ここでは先に世界進出したAさんが順当にビルを建設。目的である特等地のひとつであるモスクワにも一番最初にビルを建てこの時点ではもっとも優位。

一方、Bさんは国のマス目にあまり止まれずやや苦戦。ただ、逆に“証券取引所”という株を購入できるマスにはよく止まり、Aさんが購入したモスクワの子株など着々と購入。ちなみにこの特等地の子株を4枚買い揃えると、このゲームにおける大番狂わせ“乗っ取り”が成立し、相手の土地、ビルが一気に手に入り、大逆転が狙えます。

そして出遅れ店主ですが、出遅れた分、資本金は二人より多めに稼いで世界進出したので、現段階の所持金でいえばトップ。しかもルーレットにも恵まれ、特等地の東京をゲット。

そんな感じで序盤は進んだわけですが、最初の見せ場はBさんが止まった“株式相場”。ここは株券を持っていれば誰でもルーレットの賭けにチャレンジできるのですが、まさかの大暴落。所持金だけでは補いきれず、大量の約束手形が。

その間に、Aさんはさらに別の特等地パリ、ロンドンも抑え有利な状況に。店主は店主で産業スパイのマスに止まり、小銭をコツコツ貯める旅へ。

この段階ではBさんがややピンチ気味だったんですが、流れが変えたのが“国際空港”。ここに止まると一時的に“資本金稼ぎゾーン”に戻れるというもので、あれだけあった約束手形がほぼ返せるぐらいに回復。さらにまた証券取引所で株購入。気がつけばついにAさんのモスクワ乗っ取りに成功。

一方店主はといえば、ルーレットにも恵まれついに特等地東京のビルを2階建てに。なおこのゲームはこの特等地のビルを3階建にした時点で、一番財産をたくさん持っていたプレイヤーが勝ちというゲームです。つまりこの時点では店主が一番有利だったかもしれません。

が、やや脇が甘いというか、気がついたらとにかく株で勝負のBさんが、なんとうちの東京の子株も4枚買い占め。うちのビルまで乗っ取られてしまいました。ガーン。

そして、こうなるともう誰が一番優位なのか・・・、この時点で特等地を3箇所抑えてるAさんか、乗っ取りで2箇所の特等地と勢いに乗ってるBさんか。そしてすべての特等地を失いなぜかまたしても産業スパイで地味に小銭を稼ぐ店主か・・・。

ゲーム終了させたのは、特等地ロンドンに3階建てのビルを建てたAさんでした。いよいよここから所持金とビル、株を精算した合計金額で勝者を決めるわけですが、やはりゲーム終了時にもらえるゴールボーナスと特等地に多さで今回はAさんの優勝。おめでとうございます! ただBさんの乗っ取り攻勢もスリリングでゲーム的にはとても熱い展開で楽しかったです。

と、今回もおそらく参加者以外にはあまりうまく伝わっていないような気がしますが、もしよかったらいずれまたこのボードゲームでイベントを開催してしてみようと思いますので、よかったらそのときに参加してみてください。

また今回の月2イベント以外にも、希望日に予約してプレイできる “21時のレトロボードゲームFP” もありますので、よかったらこちらでも受け付けていますので、お申込いただきプレイしてみてください。

●21時のレトロボードゲームFP(フリープレイ)
 完全予約制でこれまでプレイしたすべてのボードゲームが遊べます。
 開催時間:21時~23時
 参加費:1500円(ドリンク&ちょっとしたお菓子付き)
 https://yomiyasumi.tumblr.com/event2

勝敗プレイヤー名最終得点
シャクライ

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 1人
2019年10月29日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 30経験あり
  • 5お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル億万長者ゲーム
原題・英題表記GAME OF BILLIONAIRE
参加人数2人~5人(時間未登録)
対象年齢9歳から
発売時期1973年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体タカラ(TAKARA)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

シャクライさんの投稿

会員の新しい投稿