マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~60分

みゆき 恋のライバルGAMEシャクライのリプレイ日記(2020年2月15日)

32
名に読まれています
2020年02月18日 20時29分

さて、“第26回 21時のレトロボードゲーム”あらため “8時だョ! レトロボードゲーム”『みゆき 恋のライバルGAME』の模様をご報告させていただきます。

今回の参加者ですが、前回の『NEW 人生ゲーム』の回に参加してくれた奥さんが、今回は旦那さんといっしょに参加。今回は以上2名でしたので、そこに店主が加わり3名でプレイさせていただきました。

そして今回の『みゆき 恋のライバルGAME』の内容を簡単に説明すると、ご存知ラブコメの巨匠あだち充先生の『みゆき』を題材にしたボードゲームで、説明書によると“若松真人がふたりのみゆきを連れて、楽しいデート。ムフッ!!”だそうです! まぁ、当然そんなにうまくいくワケがなく、ライバルたちの邪魔が・・・・・・。数々のアクシデントをくぐり抜け、最後は幸せな我が家に帰宅できれば勝利となります。

ということでゲームスタート。まずは順調にゴール条件の“ハートカード”(最低これを1枚持ってゴール)を集めながら、マスを進める旦那さん。一方、奥さんの方はお邪魔要素が多い“ライバルカード”を引くことが多く、何度かマスを戻されることに。じつは前回の『NEW 人生ゲーム』のときも、“台風でスタートに戻る”マスで苦しめられていて、どうにも戻りぐせが・・・。そして店主はといえば、旦那さんほどではないものの、ハートカードを獲得しながらの順調な滑り出し。

が、そんな簡単にデートが進まないのが『みゆき 恋のライバルGAME』。中盤に差し掛かりいよいよライバルカードの牙が。まずやられたのが店主。このゲームではコマが若松真人、若松みゆき、鹿島みゆきの3人が1セットになっているんですが、引いたライバルカードの内容によっては、それがバラバラになることに。今回の場合は、店主の若松みゆきが、ライバルカードの中田先生によって学校呼び出し。こうなると、若松みゆきコマが学校マスに飛ばされ、それがいま残ったふたりの場所まで戻ってこないと移動不能という状態に。ここからしばらくは、若松みゆきコマだけをサイコロのでた目だけ動かすいわゆる戻し作業に。特に飛ばされた場所が遠ければ遠いほど戻し作業に時間が難航し、進行に大きな遅れが・・・。

ただ、デート中のアクシデントはこれだけではなく・・・、せっかく集めたハートカードをいま止まったマスに置いていくアクシデントを受ける奥さん。さらにもっと厳しい“ハートカードの再分配”マスに止まってしまった旦那さん。ここに止まると、コレまで集めたハートカードを全員が中央に出し合い、サイコロを順番に振り、偶数を出した人に順番に再分配という多くハートカード集めた人にとってはつらい展開に。ただ、ハートカードが少なかった奥さんにはかなりの救済イベント。

また、ハートカードとは逆にコレを持っているとゴールできないという“ハートブレイクカード”も存在。これもライバルカードの指示に多く含まれ、デート中に次々と引かされるこのカードをいかに早くなくすかもゲームの重要なポイントに。ちなみにゲーム中盤では各人最低1枚はこのカードを持っていたので、まだまだ誰が勝ってもおかしくない状況。

ただマス目の進行で行くと旦那さんがトップ、つづいて奥さん、店主は2度のみゆき離脱による(しかも長距離)戻し作業がたたり、3位に。

そして終盤、このゲーム最大の難所である帰宅ゾーンへ。最初に鹿島みゆきの家にたどり着いたのは旦那さん。無事に鹿島みゆきを家に送り届け、あとは若松家の自宅に帰るだけなのですが、ゴール条件であるハートブレイクカードがまだ残っているので、ゴールできずループ。つづいてやってきた奥さんもまだハートブレイクカードが残っておりループ。結局ふたりとも家のまわりの近所のマスを2~3周。

その頃にはさすがに店主も追いつき、いよいよゴール争い加わることに。が、さすがにこのころにはふたりともハートブレイクカードをすべてなくし、ハートカードも無事確保。あとはピッタリのサイコロの目を出してゴールである若松家自宅に止まるだけの状態に。

が、これが意外とできそうでできないのが『みゆき 恋のライバルGAME』で、過去にもこの帰宅ゾーンだけで30分ぐらいかかったこともあったんですが・・・、今回はわりと早い段階で奇跡が! 序盤苦しんだ奥さんでしたが、最後ピッタリ3を出し無事ゴーーール! おめでとうございます!!

ゲームバランスの悪さが魅力でもあり、難点でもあったこのゲームですが今回はけっこういい感じのバランスで楽しめて終わることができました、よかった! なお、今回は予定時間よりも早く終わりましので、その後、おふたりのリクエストで『日本特急旅行ゲーム』もプレイ。じつはこれ、昨年イベント告知はしたものの参加者が集まらずプレイできなかったボードゲームで、まさかこのタイミングでできたことに店主はちょっと感動&こちらも大変楽しいひとときでした。

と、おそらく参加者以外にはあまりうまく伝わっていないような気がしますが、もしよかったら今月28日(金)にもう1度イベントを開催いたしますので、よかったら参加してみてください。

【 イベント詳細 】
https://yomiyasumi.tumblr.com/event

勝敗プレイヤー名最終得点
シャクライ

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 1人
2020年02月15日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 3持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルみゆき 恋のライバルGAME
原題・英題表記Miyuki Koi no Rival Game
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢未登録
発売時期未登録
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体タカラ(TAKARA)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

シャクライさんの投稿

会員の新しい投稿