マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分前後
  • 10歳~
  • 2016年~

ロールプレイヤーHiroCさんのレビュー

150名 が参考
0名 がナイス
14日前

RPGのキャラクターを作り上げることに特化したゲームです。”戦闘無し”という思い切りのよい仕様です。私はTRPGの経験が無いのですが、キャラクターシートを作るパートをゲーム化した感じかと思います。

「戦いの日々に身を投じる前日譚」を体験するようなワクワク感が、私は大好きです。

※本レビューは「ロールプレイヤー完全日本語版」を元にしています。


<インストールについて>

最初にキャラクターシート(種族)を選んで、「職業&設定&属性カード」をピックアップします。「職業」は戦士や魔術師みたいにピンとくるものですが、「設定」が面白いです。

例えば下の画像は設定が「浮浪児」ですが、「孤児院で酷い扱いを受けて脱走、路上生活で生きる術を身につけた」みたいな事がフレーバーとして書いてあります。これはプレイする上で何の影響も無いですが、戦いに出る理由を想像しながら気分を盛り上げる要素として一役買っています。

「属性」はゲーム終了時の勝利点要素ですが、こちらはキャラクターの性格を表すようなもので「変わり者・悪党」などがあります。

属性カードは3×3マスのマトリクスが表現されています。その中に勝利点が書かれており「縦:善⇔悪、横:秩序⇔混沌」となっています。

勝利点を伸ばすには、属性カードの点数が高い位置へコマを誘導するカードプレイ・・・つまり、「この属性では”善と秩序”が高くなるようにプレイすると点数が伸びる」といった性格付けが自然に実行される仕組みです。


<プレイについて>

プレイの大まかな流れは「ダイスを振ってキャラシート状に配置、お金で装備・特徴・技能を買う」で、詳細なルールは省略いたします。

装備にはセットボーナスがあったり、特徴カードでは「ダイス配置が特定条件を満たすと勝利点」といったものがあるので、ただダイスを振って配置するだけではない、複雑なプレイとなっています。

ちなみに、この「技能カード・特徴カード」もフレーバー要素になっています。「愚かで・虚弱で・ずる賢いけど・情け深い、魔術師(だが重武装)のハーフリング」といった感じに、ゲームが進むほどキャラ設定が増えていきます。

なお、ダイス目はある程度操作できるようになっています。キャラクターシートの空きマスにダイスを配置する際、特性値ごとに「ダイスを裏返す/ダイスを入れ替える/出目をプラマイする」といった役割があるため、ダイス配置を一層悩ましいものにしています。

ダイスの目は大きければ良いわけではなく、「職業カード」にある勝利点の達成条件を満たすようにダイス配置していくことになります。例えば以下のような感じです:

・魔術師の「筋力」目標値は14~15、達成時の勝利点は★2

・キャラクター特性上「筋力」はマイナス2されるので、達成すべき目標値は16~17(ダイス3つの合計値)

キャラと職業の組み合わせが悪いと、達成目標がとても厳しいものになります。

元の目標が18でキャラ補正マイナス2・・・といった場合は目標20となり、ダイス3つでは達成不可能となることも。

逆にキャラと職業がかみ合うと目標ハードルが低くなるので、勝利点の高い項目を優先する/勝利点稼ぎの効率が悪い項目は捨てる、といった戦略も必要になっています。

※特徴カードの中には「項目Xの合計値がY以下の場合、勝利点Z」といったものもあるため、職業カードの目標を達成できなくても、合計値の低さを逆手に取った勝利点アップも可能です。


<まとめ>

勝利点が高い人が勝ちではありますが、勝ち負け関係なく面白いキャラを作るのも良し、勝ち負けに対して緩い気持ちで遊べるのが、ロールプレイヤーの魅力だと思います。

プレイ終了後のアフタートークなど、「いかに自分のキャラが面白いか」の口上で参加者の心をガッチリつかめるかも醍醐味です。

いかに強く、設定に深みのあるキャラクターが作れるかを目指して、何度も遊んでいます。


<ルール外の遊び方について>

ルール上、「職業・設定・属性カード」はランダムに引くことになりますが、個人的には「自分はこういうキャラ付けでプレイしたい!」という時はカード束から厳選して、納得のいくキャラ付けするのが楽しかったです。

勿論、相手の欲しいカードにも配慮した譲り合いの精神が大事です。

そこで、ゲームスタート前に「最高にワルでイカツいけど心優しいアタッカーを作りたい!」とか「じゃあ自分はイケメンだけど虚弱すぎる魔法使いを作る!」といった具合に、キャラ方針の宣言・作戦会議をするのもアリじゃないでしょうか。プレイ前から最高に盛り上がれます。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
ロールプレイヤー
ロールプレイヤーの通販
幻想世界の勇者創造ダイスゲーム!装備を揃え、技能を身につけ、完璧な勇者を作り上げよう!
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 6,380(税込)
皇帝
HiroC
HiroC
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 262興味あり
  • 583経験あり
  • 113お気に入り
  • 415持ってる
プレイ感の評価
運・確率21
戦略・判断力24
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見14
作品データ
タイトルロールプレイヤー
原題・英題表記Roll Player
参加人数1人~4人(60分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

HiroCさんの投稿

会員の新しい投稿