マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人用
  • 15分前後
  • 15歳~
  • 2019年~
114名 が参考
2名 がナイス
25日前

「無」の境地に達する事が勝利という世界観が気になって購入。

いざプレイすると、煩悩を解放するという一般的な解釈だけでなく、合点(理解する事)や、徳も解放して真に無になっていくというゲームデザインに感心しました。

説明書の記載が簡素なため、特にアクションカードの使い方に戸惑いましたが、全てのカードを解放することを念頭に読み直すと、煩悩・アクション系・徳カードをどういったタイミングで解放していく(彼岸に送る)かの組み立てが見えてきます。

コストの高い順から解放する事がセオリーですが、解放に必要なポイントを生む徳カード、解放を補助するアクション系カードを、早く失っても残しすぎても駄目というジレンマがあります。

この悩みこそが説明書にもある「苦悩する衆生」の体現だと思うと苦笑いが出てきて、よしやるぞ、となるのが本当に世界観を上手く作っている感じです。

クリアするとかなり達成感があるので、リプレイ性が高いかは微妙ですが、誰かに見られながらプレイしても次第に無言に、クリアしても出来なくても、スッと落ち着いた気持ちになるという不思議なゲームでした。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
pikrin3
ヨージロー
皇帝
HiroC
HiroC
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 67興味あり
  • 55経験あり
  • 16お気に入り
  • 85持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力14
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見11
作品データ
タイトルさかな、さざなみ、さようなら
原題・英題表記Fish, Farewell, Forever
参加人数1人用(15分前後)
対象年齢15歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインポーン(Pawn)
アートワークオオバ レイコ(Reiko Ohba)
関連企業/団体冒険(Bouken)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

HiroCさんの投稿

会員の新しい投稿