マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ドデリドDo De Li Do

ドイツ年間ゲーム大賞2017推薦リスト入り!

 ごきぶりポーカー、おばけキャッチなど、シンプルでこどもも楽しめるものの大人がやっても盛り上がるゲームを数たくさんつくっているジャック・ゼメ。

 ドデリドも権威あるドイツ年間ゲーム大賞の推薦リスト入りしたことから、その面白さが伺えます。

 カードには5種類の動物がそれぞれ5色で描かれています。そのほかにワニがいます。
 カードはすべて配りきり、配られたカードは山札として自分の前に置いておきます。そして順番に自分の山札の一番上のめくり、表にして置きます。置く場所はプレイ人数に関係なく、3カ所に置いていきます。色または動物の種類が2:1または3:0になったら、その色または動物を宣言します。色も動物も2:1または3:0になった場合は「ドデリド」といいます。なお、カメが出ていたら、その数だけまず「オ~」と言わなければなりません。ワニが出てきたら素早くワニの上に手を置いて身を守る必要があります。
 宣言を間違えたり、すぐに言えなかったり、ワニから身を守るのが遅れたりしたら、場に出ているカードをすべて取って、自分の山札に加える必要があります。
 自分の山札を最初になくした人の勝ちです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
  2. syouhei1400syouhei1400
マイボードゲーム登録者
  • 39興味あり
  • 195経験あり
  • 30お気に入り
  • 91持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘4
アート・外見4
作品データ
タイトルドデリド
原題・英題表記Do De Li Do
参加人数2人~6人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 6件

  • 134
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月18日 12時40分

    完全に見た目で惚れ、一時期品薄だったものの購入。ごきぶりサラダが面白かったので、ドデリドも楽しめました。1番難しいのは当たり前ですがやはりドデリド宣言。色と動物の種類が同数の時に言います。自分が間違えた後、「違うドデリドだ!」とすぐ気付ける事が多いような気がしました。それなのになぜか間違えてしまう面白さ…(笑)何人でプレイしても山札は3つなので、そこもややこしくなるポイントかも。あとはカメの上にカードを乗せ、「オ〜」と言う必要がなくなったのに言ってしまったり、最初の一枚目は「なし」なのに、その動物の名前を言ってしまったり、思いもよらない笑いが起きるゲームでした!

    澪さんのレビューを読む
  • 199
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月27日 10時00分

    5人でプレイした感想です。おばけキャッチで有名なジャック・ゼメがデザインした、新たなアクション系のカードゲームです。カードには、フラミンゴ、ペンギン、ラクダ、カメ、ワニの5種類の動物が描かれており、ワニ以外は白色、青色、ピンク色、黄色、緑色の5色で彩色されています。カードは全部各プレイヤーに配り手札としますが、カードの表面は見ずに裏側にして持ちます。手番になったらプレイヤーは、カードを1枚表に向けて場に出します。場に出す際、場に出ているカードに共通項がある場合は、色か動物の名前を言います。例えば、場に緑色のフラミンゴと白色のラクダがあり、青色のフラミンゴを出した場合、手番プレイヤーは3秒...

    Nobuaki Katouさんのレビューを読む
  • 108
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月22日 09時15分

    アクションゲームではありますが、他の人と競うものではないので、自分のようなのんびり屋さんでもなんとかついていけます。場のカードを見て多数派の色、動物、多数派がなければなし、2種以上の多数派があればドデリド、というゲームです。ラウンドで負けた人がカードを引き取って、全部出しきった人がいた時点でゲーム終了。コレ、同じぐらいの実力の人がそろうと、ずーっと続くのでは……、と思うのですが意外に終わります。前の人の宣言と同じかなーと思ってると、自分が出したカードで全然違う宣言になり慌てたり、狼が出て突然スピード勝負になったりと、アタフタする。ぱっと遊べる手軽なゲーム。

    クロさんのレビューを読む
  • 166
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月24日 22時33分

    カードをめくって、ぱっという、リアクション系のゲームです。ただし、このゲームは他の人とスピードを競うのではなく、手番ごとに行います。急がなくてよい代わり、3秒以内に言う必要があるため、やや慌てます。大人がやっても間違えやすいゲームです。▼ゲームの概要カードには動物が1つ描かれており、その色と動物の組み合わせによって、「なし」や「フラミンゴ」など動物の名前、「ピンク」など色の名前のいずれかを言うことになります。手番が来たら自分の山札から1枚めくります。そのカードは、すぐに場の3カ所を順番に1枚ずつ置くことになっています。置いたら、3秒以内に3カ所のカードで、「一番多い属性」を言います。例え...

    atcktさんのレビューを読む
  • 141
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月22日 14時38分

    集中力が切れたら負ける!この手の出したカードに対して発言する系のゲームでは「7人のマフィア」や「ゴキブリサラダ」等ありますが、これはその中で難易度が高いと思います!!カードの山を均等分けして、手番に1枚めくって3枚まで表になっている内容を見て発言していきます。間違えた発言や言い澱まなければ、カードが増えることないので手元のカードをなくせば勝ちです。3枚表に出ているカードの共通点が多い内容の「(色)」や「(動物)」を発言します。それだけであるなら、まだ初見プレイヤーも飲み込められるレベルだとおもうのですが……・(色)と(動物)どっちも共通する数が一緒なら「ドデリド」と発言・3枚とも共通して...

    82BGさんのレビューを読む
  • 144
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月09日 00時16分

    場に出されたカードの優勢な属性(色、動物)を声を出して読み上げる。カメカードが出たら、出た枚数だけ、冒頭に「オー」という。2つ以上優勢な属性があった場合(緑が二つで動物が二つ、とか)ドデリド、という。間違えたらば札を全部引き取る。ワニカードが出たら素早くワニカードの上に手を乗せ、一番遅れた人もカードを引き取る。単純だけど結構間違える。いいまつがい。一応三秒以内に言わなければならない。パーティゲームの色彩が強い、笑える、場を盛り上げるにはとてもいいのだけど、すごく技量差の出るゲーム。苦手な人は絶対勝てない感じ。そんなことより、ドデリドって日本語的には言いにくくないですか?ずるいです!

    Arugha_Satoruさんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 97
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月10日 19時00分

    2018/06/10ぐらちょこボドゲ会にてプレイ。自分が出したカードと場に出ているカードをふまえて、条件に従って発声。カメも、ワニもうまく対応できず、圧敗。カメいないのに「オー」って言っちゃう!!

    kimino1pinさんのリプレイを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 132
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月23日 08時41分

    レビューで記載した通り、自分なりにルール考案してみました。通常のドデリドの進行ルールは3枚表に出ているカードの絵にて・共通点が多い内容の「(色)」や「(動物)」を発言。・(色)と(動物)どっちも共通する数が一緒なら「ドデリド」と発言・3枚とも共通している部分がなければ「なし」と発言・カメが居た場合、カメが居る数だけ「オー」という発言をした後に上記の内容を発言・ワニのカードが出たら全プレイヤーはワニのカードの上に手を乗っける。※この時だけ、発言する必要はない。自己アレンジした進行ルールはこうです。3枚表に出ているカードの絵にて・(色)と(動物)どっちも共通していたら「ドデリド」と発言・上記...

    82BGさんのルール/インストを読む

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは78mm×46mmです。サイズが特殊で容易に入手できる市販スリーブは現在のところなさそうです。カードは105枚入っています。(広告カード1枚含まず)

    0件のコメント75ページビュー7ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク