マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 2分~10分
  • 10歳~
  • 2017年~

レッドアウトEllisさんのレビュー

551
名に参考にされています
2018年05月30日 09時14分

1プレイヤー5枚のカードを使った、2人用心理戦ゲーム。ルールはシンプルですが、非常に奥深く魅力的な作品でした。


ゲームの流れは、互いに1枚のカードを出して勝敗を見る、を繰り返すだけ。先に3勝したプレイヤーの勝利となります。

「カイジ」に出てくる『Eカード』というゲームが非常に近いと思います。


カードにはそれぞれ相性があり、勝てる組み合わせが決まっています。


『赤のカード>白、黒のドクロカード』

『白のドクロカード>白のドクロなしカード』

『黒のドクロカード>黒のドクロなしカード』


勝てない組合わせや引き分けの場合は手札を消費し、残りのカードでもう一度戦います。

『赤のカード』は最も万能で強いですが、最弱の『白、黒のドクロなし』には勝てないため、その組み合わせになると無駄に消費することになってしまいます。


この勝敗がじゃんけんほど対等ではない分、

『強いカードでいつ仕掛けるか』

『弱いカードをいつ使うか』

をとても悩みます。


その心理戦に特化して尖らせ切っているので、シンプル且つとても面白いゲームに仕上がっています。


カードも厚みがあり、手触りとクオリティにこだわりを感じます。

勝利数を数えておくカウンターやチップが入っていないので、そこだけが唯一のマイナスポイントかな、と思います。


何度も繰り返して遊べる手軽さと、遊ぶほどに相手の考えや癖が分かってくる楽しさがあり、つい「もう一回!」と言ってしまうような魅力的なゲームだと感じました。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Ellisさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 48興味あり
  • 36経験あり
  • 19お気に入り
  • 34持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘1
アート・外見4
作品データ
タイトルレッドアウト
原題・英題表記Red Out
参加人数2人用(2分~10分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザインLotus & Rock
アートワークDaisuke
関連企業/団体Glory's Works
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Ellisさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク