マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2019年~

フォグサイトEllisさんのレビュー

233
名に参考にされています
2019年07月06日 14時06分

「ガーディアン」と「探検隊」という2つの陣営に分かれ、「ガーディアン」が作ったダンジョンから脱出することを目指すゲーム。

このゲームではまず、「ガーディアン」というゲームマスター(1人)と、「探検隊」(1〜3人)とに役割を分け、ガーディアンがダンジョンを作成します。


ダンジョンは5×5のタイルの組み合わせで作られ、探検隊3人もそのダンジョンに配置されますが、ダンジョンの形や、探検隊がどこに置かれたのかを知っているのはガーディアンのみです。

探検隊は移動を繰り返し、壁に当たったり通れる道を探したりしながら、ダンジョンの形を予想していきます。


探検隊は3人がダンジョン内で同じ場所にいると確信した場合『脱出』を宣言でき、それが正解であれば勝利します。

ガーディアンは時に探検隊を攻撃して時間を稼ぎ、時間切れにさせれば勝利となります。


初期配置箇所が分からないため、探検隊はそれぞれ個別に自分がどこにいるかを予想しながら、ダンジョンの形を探っていきます。

情報が増えてくると「今いるのが、別の探検隊のココなのでは?」といった風に、断片的だった情報が重なっていき、ダンジョンの全容が見えてくるようになります。

手に入れたアイテムを有効活用することで、一気に沢山の情報を得られることもあります。


5×5というサイズのマップが絶妙なサイズで、時間切れと情報量とのバランスがとても良いです。

集めた情報が他の探検隊と合致したときのスカッとする感覚がクセになります。


唯一、ガーディアン側でやることがあまりないのが少し残念なところ。

どうしてもチームで戦う探検隊側が相談などに時間を使ってしまうため、待ち時間が長くなってしまいがちなのが惜しいです。探検隊のアクションを決めるまでの時間をある程度決めて遊ぶようにするなどが良いかと思います。

贅沢を言うのであれば、ガーディアン側がNPCで遊べるアプリなどがあると、傑作になり得るゲーム性を秘めていると思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Ellisさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 27経験あり
  • 7お気に入り
  • 19持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルフォグサイト
原題・英題表記Fogsite
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格3,500円
クレジット
ゲームデザインメイチ ソラ(Meichi Sola)
アートワーク中村 ジン(Nakamura Jin)
関連企業/団体ソルナーゲームズ(SoLunerG)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Ellisさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク