マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アイスクールIce Cool

可愛いペンギンたちを弾いてみんなで競い合うおはじきみたいなゲーム!

とても可愛らしいペンギンたちをおはじきの様に弾いて目的をクリアしよう!

プレイヤーは風紀委員のペンギンと逃げ役のペンギンとに分かれてプレイする。逃げ役のペンギンは風紀委員につかまらない様,部屋の入口部分にある魚を上手く集めなければならないが,風紀委員は待ち伏せなどの方法を使って何としても逃げ役のペンギンを捕まえようとする!いかにして,逃げ役のペンギンが魚を取るか,また風紀委員ペンギンはどうやって逃げ役ペンギンを捕まえるか!

このゲームは,おはじきのようにペンギンを弾くゲームであり思考要素はすくないしようとなっています。ペンギンの弾き方によってペンギンがカーブすることを利用して魚を一気に複数獲得することも可能でありビギナーの方でも楽しく楽しめるかと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 白雪メロン白雪メロン
  2. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  3. ぽっくりぽっくり
マイボードゲーム登録者
  • 128興味あり
  • 630経験あり
  • 101お気に入り
  • 313持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力11
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見13
作品データ
タイトルアイスクール
原題・英題表記Ice Cool
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2016年~
参考価格4,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 13件

  • 111
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月06日 19時59分

    おきあがりこぼしのようなペンギンコマを指で弾いて追いかけっこ!風紀委員と不良生徒という役割に分かれて遊びます。弾き方によってかなりアクロバティックな動きも見せてくれます。思いがけない方向に飛んでいったとき、狙った通りに滑ったとき、とにかく盛り上がります。コマを弾くために机の周りを移動しながらプレイするので広いスペースが必要です。氷の学校のデザイン、キャラクターごとのカード・生徒証が凝ってて良いです。

    うさこさんの「アイスクール」のレビュー
  • 195
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月10日 15時29分

    5/102017年ドイツ年間キッズゲーム大賞受賞作品。簡単にいえば、おはじきゲーム。だが、見た目以上に難しい!PVのようなスーパーショットなんてできる気がしない笑ぺんぎんの可愛らしさ、学校での鬼ごっこというテーマ、シンプルなルールで、ターゲット層にはばっちりだろう。アイスクール2も出るし。子供とボードゲームやるならオススメできるけど、逆に大人だけでやるにはちょっとメンバーを選ぶかな。

    白州さんの「アイスクール」のレビュー
  • 107
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月15日 22時10分

    スーパーペンギンおはじき。カーブショットや壁越えジャンプなど、クールなテクを決めようぜ!思いっきりはじき過ぎて、つま先を痛めないように注意しよう。ペンギンたちは割と硬いのでね。自分のペンギンを他のペンギンにぶつけることで得点カードを引けるが、いい点引けるかどうかは運次第ですわ。頭脳戦もいいけれど、たまにはアクションゲームはいかがかな?

    おっきーさんの「アイスクール」のレビュー
  • 108
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月20日 16時00分

    慣れるまで、駒を思った通りに動かせませんでした。しかし、やっているうちに徐々に慣れてくるとカーブをかけたり狙ったところにある程度進められるようになりました。うまくカーブとか決まってねらったところに打てると快感です♪駒が非常にかわいいので、嫁はお気に入りです。ボードですが、全部組み合わせてみると意外と大きい…ですが、駒を動かしてみるとちょうど良いくらいの大きさだと感じました。問題があるとすれば、3~4回戦もすると指が痛くなってしまうことですかね☆

    だかさんの「アイスクール」のレビュー
  • 191
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月06日 11時19分

    部屋によって、教室、食堂、調理場と、細かく描き込んであります。うちの1年生、ペンギンを部屋から出すぞー!と、弾くのに夢中になってると思っていたら、気がついたら、ペンギンを集合させて、教室の机に一羽ずつ配置。1時間目が始まりまーす!ん?出席をとりまーす!ん?これで授業は終わりです、ありがとうございましたー!お腹が空いたー!食べに行くよー! 何食べたい? さかなさかな!魚を焼きまーす!ん?ごっこ遊びが始まっておりました。。。。。。(^_^;)イイケド

    koorinonoさんの「アイスクール」のレビュー
  • 135
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月21日 09時55分

    2017年SDJキッズ大賞受賞おめでとうございます、幸運にも偶然プレイできて、極めたらトリックプレイ出来たり、自由度の高いボドゲでした。ぶきっちょな私は弾く基本プレイだけで戦いましたが勝てて楽しかった。次はジャンプにチャレンジしたい。

    特別純米酒2017さんの「アイスクール」のレビュー
  • 102
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月03日 01時36分

    二人でやることが多いので簡易バリアントをご提案します。風紀委員(守備)・悪ガキ(攻撃)の構図は一緒。やることもだいたい一緒。アウト取られたらスタート地点に戻るのも一緒。魚はどちらの色でもないものを1匹ずつ通常の3ヶ所に置きます。攻撃側が魚ゲート3ヶ所通過で3点取るか、または守備側が2アウト取ればその回は終了で攻守交代。もちろん取った魚は元に戻します。野球で言えば3回の裏まで(何回でもいいけど)行い、シンプルに取れた点数の高い方が勝ち。3点までしか取れないんで2回裏あたりで勝ち目がなくなったりもするけど、個人的には通常ルールより好きかもです。

    omoideya_gさんの「アイスクール」のレビュー
  • 123
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月20日 00時05分

    ペンギン型のダルマをおはじきの要領ではじいて他のペンギンに当てたり逃げたり目標の場所に行ったりする。はじき方によって、弧を描いたりジャンプしたりと多彩な動きができる。Youtubeにあるプロモーションビデオではそのプロ級の技が見られる。あそこまでやれるのは相当練習したとしても不可能じゃないかな、と思うけど。でもうまくはじけて相手に当てられたときは爽快。得点代わりにカードを引くけど、これは微妙にゲームを複雑にしているというか、テンポが悪くなる気もする。単純なおはじきゲームなので、もっと単純なルールにしてもいいと思う。ゲームの性質上、じっと座ってやるゲームではなく、ビリヤードのようにテーブル...

    フクハナさんの「アイスクール」のレビュー
  • 413
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月02日 14時49分

    6歳の子どもと遊ぼうと思って購入しました。内容は、おはじきでする鬼ごっこです。プレイヤーが順番に風紀委員(鬼)になって、他のプレイヤーのペンギンコマに当てて学生証を取り上げます。生徒役のペンギンが、自分の手番で当たっても、学生証は風紀委員のものです。生徒ペンギンは教室の出入り口をうまく通り抜けると、自分の色の魚トークンとカードをもらえます。生徒ペンギンが自分の色の魚トークンを3つ集めるか、風紀委員がすべての学生証を取り上げると、1ラウンド終了です。学生証を持っているプレイヤーが、その枚数分カードを引けます。すべてのプレイヤーが風紀委員を経験し、カードの得点を競います。思わぬところに弾かれ...

    Annoさんの「アイスクール」のレビュー
  • 246
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月23日 11時25分

    自身のペンギンのコマをおはじきの要領で飛ばし合う鬼ごっこです。プレイエリアはゲームの箱がそのままゲームフィールドになるのも面白いです。箱を展開してフィールド(学校)を作り、プレイヤー1人が鬼(風紀委員長?)になり、ワルガキたちの学生証を取り上げることを目指します。.このゲームの肝はなんといってもコマのデザインでしょう。ダルマのように、つねに直立するデザインとなっているのですが、飛ばし方によって変幻自在でトリッキーな挙動をさせることが可能です。直進に飛ばすことも、曲線を意識したカーブ軌道を作ることも、はたまたジャンプによる奇襲も。子供が楽しめるテーマではございますが、その実、インパクトポイ...

    oshio_senseiさんの「アイスクール」のレビュー
  • 115
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月19日 19時42分

    特殊な構造をしたコマを指で弾いて行う鬼ごっこです。弾く方法・強さ・場所によって、コマは思わぬ動きをします。熟練すれば動きをコントロールすることも可能とのことです。そこがこのゲームの最大の魅力だと思いました。但し、ルールがシンプルで、かつ、逆に言うとコマの操作だけに面白さが集約されてしまっているので、個人的には物足りなさを感じました。もう少し深みのあるルールでも別に定めれば楽しめる印象です。

    blaniteさんの「アイスクール」のレビュー
  • 262
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月17日 00時59分

    絶妙な動きをするおはじきゲーム。感覚としてはビリヤードに非常に近いでしょう。観客も一緒に手に汗にぎる、そんなドラマが待ってるボードゲームらしいボードゲームです。要は自分のコマを指で弾いて目標地点に到達させたら点数がもらえる、というゲームです。プレイヤーのうちヒトリは「風紀委員」となり、目標地点を通過するのではなく、他のプレイヤーに接触すると点数がもらえます。要は鬼ごっこの鬼の役割ですね。この指で弾くコマ、絶妙なバランスで作られており、底がダルマのように円形になっています。まっすぐ飛ばして壁に当てて跳ね返らせる、という当たり前の移動方法だけでなく、そおっとかすめることでカーブショットを打つ...

    だいもん(@economic_wars)さんの「アイスクール」のレビュー
  • 234
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月22日 23時32分

     これは、昔やってたおはじきゲーム。しかし、それだけに留まらない、トリッキーなアクションが最大の魅力に感じた。簡単に説明されている弾き方は3種類だが、弾く指、強さ、角度など無限の可能性があるように感じる。子どもはもちろん、大人でも本気で練習したくなるような、そんなペンギンさんたちだ。コツもたしかにあるが、そんなことよりみんなであーだこーだいいながら、ひと弾きに一喜一憂することが最高に面白い作品だと感じる。

    ポッポ2号さんの「アイスクール」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 1件

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは67.5mm×43.5mmです。「CAC-SL102 ミニユーロサイズ・ハード」や「ドイツゲーム用スリーブ ユーロサイズ【厚口】」などのスリーブが最適です。前者はちょっと余裕がある...

    0件のコメント30ページビュー9ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク