マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 15分前後
  • 10歳~
  • 2019年~

魔女の呪いと宝石の花Ellisさんのレビュー

282
名に参考にされています
2019年11月25日 23時47分

4色の花が描かれたカードを、与えられた条件を満たすように並べる協力ゲーム。

カードには各辺に4色の花の半分のイラストが描かれており、隣のカードと花の色を合わせて並べることで、花を作ることが出来ます。


「○色の花が、4種類の中で一番少なくなるようにカードを並べる」

「○色の花が2つになるように並べる」

といった4つの条件が与えられるので、それを全て満たすように4×4でカードを並べきればクリアとなります。


この時点でも十分にパズルゲームとして面白いのですが、アクセントとして入っている「魔女」のカードを引いてしまうと、条件がガラッと変更になり、大きな盛り上がりが生まれます。

「赤色の花を2つ」だったのが「青色の花を2つ」に変わってしまうなど、思わず叫び声を上げたくなってしまう展開が起こります。


この「魔女」がゲームに占める割合がかなり大きく、引くタイミングによっては理不尽とも言える展開になってしまいます。

しかし、一気に複数枚のカードを組み替えることも出来るようになっており、しっかり考えればその理不尽さを乗り越えられることもあります。

そんな中で、全員で知恵を出し合いながら、クリア出来た時の嬉しさは一際です。


レベル4までしかないためあっさり終わるかと思いきや、後半は何度も繰り返して遊ぶことになると思います。

値段、サイズも手頃で、ルールも簡単なので、協力ゲームの面白さを色々な方に広めるのに最適なゲームだと感じました。

4
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 小夜風
  • きゅーい
  • ozplanning
  • Hiro
Ellisさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 9経験あり
  • 2お気に入り
  • 16持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル魔女の呪いと宝石の花
原題・英題表記Majo no Noroi to Hoseki no Hana
参加人数1人~4人(15分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク仮眠(Kamin)龍之介(Ryunosuke)
関連企業/団体オズプランニング(OZplanning)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Ellisさんの投稿

会員の新しい投稿