マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分~100分
  • 10歳~
  • 2020年~

パリ荏原町将棋センターさんのレビュー

464
名に参考にされています
2020年10月24日 20時49分

日本語版が発売となったパリ。傑作の一つになるでしょう。面白い!美しい!そして難しい。何回か遊んでもレビューする自信がありませんでしたが、やっと、何をやればいいのか大体分かるようになったのでレビューいたします。

最初の数回は、何をやればいいのか分かりにくいと思われます。

手番は簡単なのです。建物タイルを(タダで)1枚配置して、アクションを1つする。アクションは2種類(後に3種類)。手元にある鍵を、各地区の銀行のどれかに置いておく、あるいは、すでにボード上に置かれている鍵を建物の上に移動し(その建物を)購入するか。

たったこれだけ!

では、何が難しいのか。それは、VPの取り方です。

でも、小さな目標は見つかります。例の通り大きいVPを探しますと、

まず、各6地区でのマジョリティ争い。

このように、凱旋門を中心に6つの地区があり、ゲームの途中で(!)地区の真ん中にVPタイルが置かれます。左のモンマルトルの丘は、最高の20VP(1位)が置かれており、2位でも10VP貰えます。


マジョリティの計算の仕方は、買った建物の数値の合計。

このように、各地区は全て、1、2、3、4、5、8金で建物が買えるようになっており、その数値がそのまま集計されます。この場合は、赤が8なのに対し青が6なので、赤が1位。ただし、鍵はU字を描くように、大きい数字へと移動(購入)できるので(逆方向は不可)、青の1が4へ移動すれば、合計9となり逆転します。(この場合コストは1→4なので3金)


大きいVPの二つ目は、ノートルダム寺院やルーブル美術館などのランドマークです。

左下のエッフェル塔なら、16金と金3個を払い、さらに金トークンを最大3個払うことで5×3=15VP入ります。(「金」が、お金と資源の金と金メダルの3種類あります💦)。ランドマークは高額ですが、一番安いので9金からありますので、例えば8金建物から鍵を移動すれば、たった1金で買えます。(ただ、8金建物の鍵を移動すると、マジョリティ争いが一気に弱くなります)


三つ目の大きいVPは、右側に写っているボーナスタイルです。全部で30枚外周に並んでいますが、特に狙い目のタイルをピックアップしました。No.30は最大で25VP、No.29はランドマーク1つにつき8VP、No.27も8金建物1つにつき7VPですから大量点が望めます。

ボーナスタイルの獲得は、安い1〜3金建物を買った時だけ発生するので、高い数値が欲しいマジョリティ争いと二律背反で、戦略が難しいのです。

また、ボーナストラックは、ヘブン&エールやパークスと同様、何マスだろうと好きな所に行けて後戻りできないパターン。先程のNo.26〜30は最後の方にあるので、早取りするかしないかタイミングが難しい。

基本的な戦略としては、マジョリティ争いが中心で、それに付随して、ランドマークやボーナスタイルを狙いたいです。ランドマークやボーナスタイルに特化する戦略は、ランドマークは資源の調達に時間が掛かりますし、ボーナスタイルは、先程も言いました通り、マジョリティと二律背反なので、欲張るのは難しいと思われます。あくまでもマジョリティ争いをやりながら、二時的戦略として狙いたいです。(でも強力なNo.26〜30タイル、もし全部集められたら勝てる気しないな…笑)。3、4人プレイで、他プレイヤーがお互いマジョリティで分かち合っていた時は、ボーナスタイル戦略十分成り立ちますね。

十数回しか遊んでいませんが、ポイントとしては、

■鍵を置く場所は凱旋門を入れて7箇所。(凱旋門に鍵を置いておくと、どの地区の建物でも買える)。しかしカツカツになるので、お金の入らない凱旋門を避けて、7金が入るモンマルトル地区などから始めたい

■序中盤は、各地区の8金建物を相手より早く買っていきたい

■しかし一気に8金建物を買うよりは、1金2金建物に寄り道してボーナスタイルを取っておくほうが、ゲーム全体を考えれば得策

■建物には鍵は一つしか置けないが、ボーナスタイルNo.9と16を持たれると、鍵が置けるようになりマジョリティが逆転してしまうので注意

■ボーナスタイルNo.17は、好きなタイルをその場で1枚取れるというもの。No.26〜30も取れるので、序盤一気にNo.17まで飛んでおく手もある

■終盤は金欠になりやすい。手元の鍵がなくなると銀行に置けなくなり収入もなくなるので、資源を集めて、使う分だけ売っていく

■ランドマークは、二つ目を建てる時は、一つ目と同じ地区に建て、一つ目の鍵を移動すれば、超激安!。なので複数買う予定であれば、安いランドマークから買う。(この技が三つも四つもできたら、ランドマーク戦略が成り立ちます)


かいつまみましたが、終盤は長考必須の興奮できるゲームです。そのイメージが伝わるといいのですが…。キースリングのシステムの面白さに改めて感激いたしました。

5
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 山崎 亮太
  • 坂本和生
  • 藤森 あつし
  • まーく。
  • Bluebear
荏原町将棋センターさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 105興味あり
  • 113経験あり
  • 42お気に入り
  • 125持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルパリ
原題・英題表記Paris
参加人数2人~4人(45分~100分)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

荏原町将棋センターさんの投稿

会員の新しい投稿