マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
パリ
  • パリ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 45~100分
  • 10歳~
  • 2020年~

パリ

メーカー・卸元:ケンビル

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
パリの街を舞台に繰り広げられる重厚なエリアマジョリティ

このゲームは凱旋門を中心にしたパリの6つの通りに対して建築物を建てその区画で1番になることを目指します。ゲームが進むと通りには様々な建物が並びパリは活気づいていきます。建物からは資源やお金を獲得し、それを使ってさらに建物を立て…と、基本はこうですが自分の建てた建物だからと言って即座に獲得できず、獲得するには相応の資源と少しのタイムラグがあります。そして、無事に得点源となる建物を獲得してからがこのゲームの肝の部分です。獲得した建物からどのくらい勝利点がもらえるかは建物を獲得した後に決定します。単純に建物を獲得すれば良いというわけではないのです。

色々な要素が複雑に絡み合いつつ、それらを考慮して相手の先を予想したゲーム展開が要求されます。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 11件

レビュー
685名が参考
約1年前

クラマー&キースリングの2020〜2021新作ゲーム。プレイヤーは不動産投資家となり、開発が進むパリの街に投資し影響力を強めるのが目的となる。

ルールはとても簡単だ。裏向き(裏面にどの地区に建つ建物かは描かれている)の建物3つのうち1つを選び、表向きに対応する場所に配置する。その後、ワーカープレイスメントの要領で鍵コマを盤面に配置する。手元のものは銀行か凱旋門にしか置けず、盤面にあるものは建物の上に移動させることができる。

移動先にあるリソースを獲得して売買したり、ランドマークの獲得に使用することもできる。

また、価値が3以下の建物に移動した場合はボーナスタイルを獲得できる。これはどこまでも進める一方通行のスゴロク方式になっており、最後のマスまで到達するとそこからは移動できない。

エリアマジョリティにより得点を得られるVPタイルは重要だが、エリアマジョリティに頼らずとも勝ち筋があるのがこのゲームの良いところだ。ランドマークによる得点やボーナスタイルの得点など、得点源が豊富に用意されているからだ。

また、2人でも十二分に楽しめるのも気に入っている。プレイ感も少し変わり、アブストラクト風の駆け引きが楽しめる。

タイルのめくり運もあり、エリアマジョリティ争いの駆け引きもあり、厳し目のリソースマネジメントもあり、手軽にかつディープに楽しめる作品と言えそうだ。

なにより、このレベルの中量級がこんなにシンプルなルールで楽しめることに価値がある。初心者を誘える戦略ゲームとして大いに期待できる。発売が待ち遠しい作品だ。

続きを見る
閉じる
山本 右近
山本 右近
レビュー
646名が参考
11ヶ月前

先日、日本語版が発売となったパリ。

手番は簡単です。建物タイルを(タダで)1枚配置して、アクションを1つする。アクションは2種類(後に3種類)。手元にある鍵を、各地区の銀行のどれかに置くか、あるいは、すでにボード上に置かれている鍵を建物の上に移動し(その建物を)購入するか。

これだけです。

では、何が難しいのか。それは、VPの取り方です。

でも、小さな目標は見つかります。大きいVPを探しますと…

まず、各6地区でのマジョリティ争い。

このように、凱旋門を中心に6つの地区があり、ゲームの途中で(!)各地区にVPタイルが置かれます。左のモンマルトルの丘は、最高の20VP(1位)が置かれており、2位でも10VP貰えます。


マジョリティの計算の仕方は、買った建物の数値の合計。

このように、各地区は全て、1、2、3、4、5、8金で建物が買えるようになっており、その数値がそのまま集計されます。この場合は、赤が8なのに対し青が6なので、赤が1位。ただし、鍵はU字を描くように、大きい数字へと移動(購入)できるので(逆方向は不可)、青の1が4へ移動すれば、合計9となり逆転します。(この場合、建築コストは1→4なので3金となる)


大きいVPの二つ目は、ノートルダム寺院やルーブル美術館などのランドマークです。

左下のエッフェル塔なら、16金と金3個を払い、さらに金メダル(スター)を最大3個払うことで5×3=15VP入ります。(「金」が、お金と資源の金と金メダルの3種類あります💦)。ランドマークは高額ですが、一番安い物で9金からありますので、例えば8金建物から鍵を移動すれば、たった1金で買えます。(ただ、8金建物の鍵を移動すると、当然その8金建物が空いてしまいます)


三つ目の大きいVPは、右側に写っているボーナスタイルです。全部で30枚外周に並んでいますが、特に狙い目のタイルをピックアップしました。No.30は最大で25VP、No.29はランドマーク1つにつき8VP、No.27も8金建物1つにつき7VPですから大量点が望めます。

ボーナスタイルの獲得は、安い1〜3金建物を買った時だけ発生するので、高い数値が欲しいマジョリティ争いと二律背反で、悩ましくなっています。

また、ボーナストラックは、ヘブン&エールやパークスと同様、何マスだろうと好きな所に行けて後戻りできないパターン。先程のNo.26〜30は最後の方にあるので、早取りするかしないかタイミングが難しい。

基本的な戦略としては、マジョリティ争いが中心で、それに付随して、ランドマークやボーナスタイルを狙いたいです。ランドマークやボーナスタイルに特化する戦略は、ランドマークは資源の調達に時間が掛かりますし、ボーナスタイルは、先程も言いました通り、マジョリティと二律背反なので、欲張るのは難しいと思われます。あくまでもマジョリティ争いをやりながら、二次的戦略として狙いたいです。(でも強力なNo.26〜30タイル、もし全部集められたら勝てる気しないな…笑)。3、4人プレイで、他プレイヤーがお互いマジョリティで分かち合っていた時は、ボーナスタイル特化戦略、成り立ちますね。

ポイントとしては、

■鍵を置く場所は凱旋門を入れて7箇所。(凱旋門に鍵を置いておくと、どの地区の建物でも買える)。しかしカツカツになるので、序盤は、お金の入らない凱旋門を使わず、7金が入るモンマルトル地区などから始めたい

■序中盤は、基本的には各地区の8金建物を狙って早取りしたいが、一気に8金建物を買うよりは、1金2金建物に寄り道してボーナスタイルを取っておくほうが、ゲーム全体を考えれば得策

■建物には鍵は一つしか置けないが、ボーナスタイルNo.9や16を持たれると、鍵が置けるようになりマジョリティが逆転してしまうので注意

■ボーナスタイルNo.17は、好きなタイルをその場で1枚取れるというもの。No.26〜30も取れるので、序盤一気にNo.17まで飛んでおく手もある

■終盤は金欠になりやすい。手元の鍵がなくなると銀行に置けなくなり収入もなくなるので、資源を集めて、使う分だけ売っていく

■メダル(スター)は、ランドマークでVPに変換したい。そこで、メダル消費だけのためにランドマークを複数建てたい時は、一つ目と同じ地区に建て、一つ目の鍵を移動すれば、超激安!

■VPタイルは、その地区で4つ目の鍵が建物に置かれた時、はじめて置かれることになる。その4つ目の鍵を置いたプレイヤーが、好きなVPタイルを好きな地区に置く権利があるので、鍵が3つ置かれている地区が発生した時は、マジョリティにこだわらず4つ目を置きに行きたい。


終盤は長考必須のゲームです。キースリングのシステムの面白さに改めて感激いたしました。

続きを見る
閉じる
荏原町将棋センター
荏原町将棋センター
レビュー
640名が参考
10ヶ月前

二人プレイ時の感想を書きます。


よく出来た高いゲーム性の部分を説明して下さっている方がいるので、二人でも楽しく遊べるのかという部分に絞ってレビューします。


結論から言えば、レベルの合う人との対戦なら二人でもじっくりとエリアマジョリティを楽しめる高難度のゲーム体験ができます。

二人と三人以上で違う点は、得点マーカーの置かれたエリアのポイントが1位に対して半分以上ないと、2位が2位の得点を取れない点です。

これにより「鍵をひとつ置いとけば2位になれるからいいや」というプレイができなくなり、三人以上で遊ぶ時と同じように、よりひとつのエリアでの激戦が演出されるよう上手くバランス調整されています。

普通に2人用のゲームとして作られたようなバランスで楽しめるので、やってみて違和感のある部分はないと思います。


ただやっぱり本番は三人からというゲーム感です。陣取りが激化するほど面白味の出てくる内容のため、作家の仕込んだ本質を知りたいのであれば多人数でのプレイをお勧めします。

いずれにしても高い戦略性が求められる骨太な作風のため、難しくて悩ましいのが好き、という方には必ず遊んでもらいたいです。

コンポーネントも非常に凝った立体感のあるもので、テーブルに広げた時の美しさや独創性も抜群です。

よほど重ゲーが嫌いという人でなければ、コンポーネント買いしてもたいへん満足感のあるデザインに仕上がっています。


すごく知性的で静かに盛り上がるかっこいいゲームです。言語依存もなくルールに複雑さもなく、それでいて最初から最後まで悩ましい。

ユーロゲームらしい、とても洗練された良作です。

続きを見る
閉じる
仙人
winterkoninkske
winterkoninkske
レビュー
602名が参考
11ヶ月前

エリアマジョリティに見せかけたセットコレクション、いやいや、結局ワーカープレースメントなんじゃないか、と感じさせるゲームです。


パリの街で不動産投資をしましょう、というゲームなのですが。まず大前提として、ゲーム終了時に各エリアで影響力を持っていることで手に入る勝利点は支配的ではありません。

「ランドマークを立てて、このエリアは僕のものだ! 名誉トークン? なにそれ?」とか言ってると、点は伸びません。1エリアで最大価値を稼いでも、1エリア最大で20点。2位はその半分、3位は更に半分、、、各エリアで3位に顔を出してても、本当に微々たる点数しか貰えません。


そうです、ルールブックに書いてある通り、エリアマジョリティで手に入る得点は「追加の勝利点」でしかないのです。

勝利点の半数前後は、ボーナスタイルや、ランドマークから入手しなければなりません。

もちろん、手に入れたボーナスタイルにあわせて、得点源になるお店を購入することは大事です。こう見えて、実はセットコレクションな要素が強いのです。


結果、ボーナスタイルが手に入る上、初所有なら名誉トークンまでついてくる価値1~3のお店は序盤から最後まで奪い合うことになると思います。

そこでようやく、凱旋門に鍵を置いて、いいお店がめくられた瞬間に飛び込む、という選択肢の価値が分かってくると思います。

ランドマークの見方も変わります。これは、エリアの支配力を増す為だけではなく、名誉トークンを払って得点を稼ぐ為のものです。


にもかかわらず、どのお店が場に登場するのか、という肝心なところがランダムであり、ボーナスタイルにあわせてセットコレクションしようにもお店が出てこない、というジレンマがよく発生します。

ルールは簡単なのですが、目先のことだけ考えていても仕方なく、さりとて、先のことを見据えようにもままならない、という好ゲームに感じます。

続きを見る
閉じる
Sigma Siuma
Sigma Siuma
レビュー
443名が参考
7ヶ月前

【神ゲーです】個人的にボードゲームは「アートワーク×戦略性×簡単さ」が高ければ高いほど素晴らしいものだと思うのだが、そういう意味でこのゲームは全項目満点の「神ゲー」に区分されるであろう。

特にアートワークの美しさは満点を超えて芸術品の域に達している。円形のボードと3Dのモジュールはさながらアメリカンバトルドームを初めて見た時のような興奮具合である。超ぉおおう、エキサイティイイイイン!!!

とはいってもゲームとしては「ボールを相手のゴールにシュゥウッッ!!」するタイプのものではない。そもそもアメリカンではなくフレンチである。

・・・。

さておいて、戦略性の問われる陣取りゲームであり、一方で手番のアクションが「『鍵を置く』or『鍵を動かす』」のみというシンプルさも兼ね揃えている。 ボーナスタイルの中に若干ぶっ壊れ性能なものがあるが、それを差し引いても十分な神ゲーである。

プレイヤーは不動産投資家となってパリの不動産をこねくり回していく。安い物件にはボーナスが付いているが地域の趨勢を決めていくのは高い物件である。さあ、あなたはどうする?

ということで、超ぉおおう、エキサイティイイイイン!!! なゲームです。(雑まとめ)


戦略性

★★★★★

洞察力

★★★★★ 

ワイワイ度

★★★★★ 

オシャレ度

★★★★★ 

続きを見る
閉じる
仙人
リンクス川越事業所
リンクス川越事業所
レビュー
422名が参考
11ヶ月前

1回だけプレイしての感想です。

面白いです。YouTubeの紹介動画を見たときはさほど面白さを感じませんでしたが、実際にプレイしてみると面白かったです。

何もない更地からたくさんの建物を建築し、大都市に発展していく過程を見てるとパリの歴史を追体験しているように感じることができます。

また、コンポーネントが実在の建物(実在しない建物も混ざってるかも)で美しく描かれているため、本当の不動産投資家になったかのような臨場感が味わえることも面白く感じる理由かと思います。

ルールはとてもシンプルで、難しい要素は一切ありません。タイルの引きなど運要素もあり毎ターンどきどきするあたりが小学校低学年でも楽しめるのではと個人的には期待大です(小3の我が子と楽しもうと画策中)。

だからと言って考える要素はないかというと、むしろ逆。どのエリアを攻めようか、相手は次に何をしてくるのか?どのタイミングでどのボーナスタイルを引くか、など非常に考えさせられます。子どもから大人まで、幅広い世代で楽しむことができる、そんなゲームかと思います。

続きを見る
閉じる
仙人
ばってら
ばってら
レビュー
399名が参考
11ヶ月前

クラキーの新作。

ルールはとても簡単。

1.タイル置く


2-1.カギ配置する

2-2.鍵の移動(今置いてある所より高い価値の所に移動する)

2-3.タイルがなくなっていれば終了タイルを引く


を繰り返すゲーム。


終了タイルがなくなったら、みんなの手番を同じくしてもう1ラウンドやったらゲーム終了。


かなりインタラクションの強いゲームなので、ティカルに近いイメージがある。人数が多いほうが思惑がまじりあいおもしろいのではないかと感じた。4人プレイだと自分の持てる鍵も少なりより目的がはっきりしやすく、よりつらいゲームで遊べそうである。


2人プレイでは、持っている鍵が多すぎる(やれることが多い)+でも、いろいろな街に鍵を4個置くには少なすぎる(マジョリティ争いを発生させるのが大変)なのでそれこそプレイ感のわかる人同士でないと楽しめないのではと感じた。

続きを見る
閉じる
大賢者
OSG FIELD
OSG FIELD
レビュー
366名が参考
10ヶ月前

初プレイの感想は「パリっとして読み合いが楽しい!」です。

【アートワークが素敵】
キースリング&クラマー黄金コンビのアートワークの派手な作品。見た目が非常に華やかでパリのお洒落な雰囲気が出ており箱絵も素敵です。はっきり言ってジャケ買いでした。中央の凱旋門が特徴的で、これがなくてもゲームが可能になっていますが組み立てのまま箱にしまえるのでせっかくなので使用しましょう。

【あっという間に終わる】
手番で出来ることは建物タイルを1枚置いて、鍵を置くか動かすだけ。長考する人がいなければすぐに自分の番が回ってきて、毎ラウンド建物タイルを置いていくので気が付いたら無くなって終了フラグが立ちます。「え!?もう終わり?もっと置きたいのになあ~」という声が出ました。パリっとしてます。

【読み合いが楽しい】
相手の建物よりももっと価値のある建物に鍵を移動させていくゲームなのでインタラクションが強めです。といっても抜きつ抜かれつの競争で相手の邪魔をするわけではなく、相手を出し抜いて「トップになってやろう」という思惑の読み合いが熱いです。うまくリソースを集めてエッフェル塔などのランドマークを立てたときは爽快です。ただ、その競争を楽しめない相手とプレイすると面白くないかも。

<良いところ>
・アートワークが良い。
・ルールはシンプルですぐに理解できる。
・中量級だけど、意外とすぐに終わる。
・読み合いが熱い。

<悪いところ>
・盤面が大きい。
・相手との競争がメインなので好き嫌いがあるかも。

<感想>
アートワークが素敵なので気分は盛り上がり、1手が重いテラミスティカで疲れた後だったので、サクサク進むこのゲームはとても気楽に楽しめました。重ゲーの後にまたやりたいですね。

続きを見る
閉じる
仙人
Sato39
Sato39
レビュー
302名が参考
4ヶ月前

個人的に2021年のベストボードゲーム!

発売は2020年ですが、買ったのが最近なので2021年ベスト!

とはいえまだ2021年上期が終わるくらいなのでこれからにも期待しますが、コンポーネントが美麗でシステムが面白く、戦略がバッチリ立てられる三拍子揃ったゲームです。

決して初心者向きではないですが、頭をうんうん悩ませながら、やりたいことが沢山あるのにできない悩ましさ、ジレンマを感じるのが好きな方は絶対に損はしない作品です。

初期配置だけ説明書の写真をよく見て配置すれば、あとは①タイルを置いて②鍵を置くor移動させる、これだけ。

他にもルールはあれど、基本はこの2つさえやれば問題無し。

アイコンの意味やらボーナスタイルやらはやりながら説明書で調べてやればすぐ覚えられます。

強いて欠点を言うのであればボードがデカいってことくらいですね。

プレイする場所はかなり選ぶので購入される方はお気をつけを。

お金が欲しい、建物が欲しい、ボーナスタイルが欲しい…欲しい物が沢山ある中であなたはパリの覇権をどう取っていくのか。

お金が欲しいが良い建物が無い通りしかない、建物が欲しいが他プレイヤーが既に取得してる、ボーナスタイルが欲しいがもらえるお金が少ない通りしかない…こんなジレンマが波状攻撃のように押し寄せてくる厳しいパリを是非お楽しみ下さい。

それでは最後にあまりに有名なパリにまつわる名言で締めたいと思います。

「翼よ!あれがパリの灯だ」

ー佐藤亮一(翻訳家)/チャールズ・リンドバーグ著"The Spirit of St. Louis"の邦題

続きを見る
閉じる
仙人
ハンズ
ハンズ
レビュー
296名が参考
4ヶ月前

▲評価は高いけれど、すぐに手放してしまったゲームシリーズ。

インタラクションもたっぷりで、考えどころもある陣取りゲームだと思います。シンプルなルールが良さそうと感じて入手しました。でも、手番ですることはシンプルなんですが、ゲームに深みを持たせるための追加の要素が多くて煩雑に感じてしまいました。

価値の高いランドマークを建てることが重要で、建てるために石や金がいります。そして、建てる時に金・銀・銅の名誉タイルを持っていると点数が結構入ります。意外とリソースが多いです。

価値の低い建物は陣取り要素としては弱いですが、ボーナスタイルがもらえます。条件達成したら点数がもらえるタイルとかもあります。陣取り以外で入る点数が大きく特殊効果も多いので、あまり陣取りに集中できなかったのが、私に合わなかったのかもしれません。

6つあるエリアで陣取りしますが、エリアで4つ目の建物を建てた人が希望のエリアの獲得点数を決められます。これは面白いと思ったんですが、みんな4つ目を狙っているので、その一つ前の3つ目を置いてしまうと次の人に4つ目を置かれてしまいます。なので、陣取りがあまり進まないエリアもありました。

感想としては、シンプルなのか複雑なのかよくわからなかったかな、です。シンプルに寄せるならトレヴァーベンジャミンのMAYAくらいがいいと思いました。そして意外と時間がかかるゲームです。同じくらい時間がかかるなら、もうちょっとだけ複雑なハンザテウトニカがいいかなーと思ったりもします。

セットアップと片付けにも時間がかかります。しかしながらパリの街並みを再現したアートワークは、とても美しいです!

単調な陣取りにならないよう色んな戦略を考えられるゲームで、最近のソリティア感をぶっ飛ばす感じで、熱い陣取りができるゲームだと思います!

ただ、もう少しシンプルで純粋な陣取りがしたかったのかもしれない。

続きを見る
閉じる
大吉さん
大吉さん
レビュー
230名が参考
9ヶ月前

通常ルールについては他の方が

色々書いているのでヴァリアントルールと

について書こうと思います。


⚫ルール変更点


めくった建物タイルは等しい価値の所であれば

どのエリアに置いてもよい。


PARISの建物タイルには裏面にエリアが

書かれているので後半になると

3つの山のどれがどのタイルで

どこに置けるかがわかるようになる反面

自分の不利になる所に強制的に

置かざるを得なくなり山の並びで

理不尽な敗着を打たないといけなかったが

ヴァリアントルールにすることで

選択の余地が増えるようになります。

また、最初に3枚抜くタイルも

全く見ずに抜くというのは困難だったが

ヴァリアントルールでライトにプレイする際

にはタイルをバックドローにすることで

解消できる。

(バッグドローはメーカーが推奨してません。

ガチガチでやる場合にはやはりタイル裏の

エリアを見て残りタイルを推察しながらの

プレイが勝敗を分けることもあります)


各エリアに置かれるリソース位置の変化


通常では全てのリソースの置き場は

固定でしたがヴァリアントでは

金のみ8コストに固定でそれ以外はランダム

(重複無し)になります。

これにより通常では8コスト以上の

建物を取るためのリソース獲得と

ボーナスタイルの獲得は常に同時だったのが

リソースを取るためにボーナスタイルを捨てて

高コストの建物を取るという選択肢が生まれ、

より強いジレンマが発生するのと同時に

毎回プレイの方針が微妙に変わり

リプレイ性が上がります。


ボーナスタイルの並びランダム


これについては通常の並びが

よく考えられていてこのタイルが欲しいけど

先にあるアレを他のプレイヤーに

取られたくないというジレンマが

常にあるようになっているので

ランダムにするとその辺のジリジリした

感じが失われてしまったので

あまりお勧めしません。


通常ルールでも非常に面白いゲームですが

建物タイルとリソースのヴァリアントルール

を入れた状態がベストのように感じます。


ヴァリアントを入れても

ルールの大筋は変わらず

非常にシンプルで一手一手が

悩ましい良質なエリアマジョリティゲーム

になっています。











続きを見る
閉じる
大賢者
BGF(ボードゲームの杜)
BGF(ボードゲームの杜)
  • 商品価格¥ 7,480(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 195興味あり
  • 338経験あり
  • 89お気に入り
  • 264持ってる

チェックした商品