マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アベカエサルAve Caesar

レーティングの登録/分布

  • アベカエサルの画像

8種の競技場と5種の選択ルールと7種のバリアントが同梱された古典ゲームのリメイク作

1989年にでたレースゲーム、近年日本語版のリメイクが出たのでそちらのレビューをしたいと思います。

とはいえ最近ボードゲームに手を出した人にとっては、こういった前世紀のゲームを次々と復刻してくれるのは大変ありがたい限りです。


いろいろと文献やら動画やらを調べてみたら、このゲームの出現を境にレースゲームのシステムが一変したとのこと。


過去のレースゲームといえばサイコロを振って進む運任せのものだったのが、このアベカエサル登場の辺りを境にレースゲームのシステムは変化したらしいです。


まずせ各自が同じ数字の描かれた同じ構成のデッキを持っており、手札3枚から1枚をプレイして、その数字分コマを進ませる。


ただし、その数字分進めないとパスをしないといけません。ですので途中で止まる事はできない。その間に他の戦車との差や追い抜かれたりするという展開。


あとコースの所々が狭いので前を塞がれたりすると追い越すことができません。

立ちふさがられると手札が進むなと言われたらパスを選ぶしかなくなります。


そしてコーナーの作りも凝っていて、外側だとマス目が多く設計されています。内側だとマス目が少なく移動できる。


実はこのマス目を効率よく進むのが非常に重要でして、自分のデッキが枯渇することがあります。


枯渇したらリタイヤとなります。


なので自分の手札でいかに少ない穂数で3周してトップでゴールできるかというのがキモとなります。


あともう一つ効いているのが3周のうち1回は寄り道をしないといけません。



一応このゲームの背景は古代ローマの競技場で戦車のレースを皇帝が観覧しているという設定らしいので、選手は必ず一回は皇帝の忠誠を誓う天覧席の前まで進み・・・


「アベ・カエサル!!」


と高らかに叫ばないといけません。(天覧席に自部のチップを置きながら)

これをやらないで3周してしまうと不敬罪ということでリタイヤしてしまいます。


競馬でいうところの天覧レースでやったデムーロみたいなもんでしょうか。


で、この天覧席までのルートが一方通行なうえに追い越しできません。しかも出走者全員やらないといけないので、どのタイミングで寄るのかの駆け引きも出てきます。


あと6の数字に対する縛りがありまして・・・


カードの中で一番高い数字である6は使用するには制限があります。


先頭を走っていたら使えない。

スタート時から使えない。

手札に6が3枚あってかつ行く手を塞いで全員パスをしないといけな時

先頭プレイヤーが複数いた場合、全員が6を持っている場合などです。


つまり基本2番手にならないと使えないのと、明らかに全員の動きが止まってしまう場合は使えるという制限があります。

なので先頭は知ってて6が3枚揃ってしまうと、誰かが追い抜いてくれるまでパスを続けないといない。だけどその間に他の戦車が複数やってきてかえって進めなくなるという展開はおこります。


ルールブックではこの3周のレースを4回やって得点の高い人が勝利となっています。


ちなみにコースは8種類ありますが、他の版みたいな立体交差とかはないみたいです。(まぁ、あったらあったで古代ロ-マ感がなくなるわけだが)


あとはいくつかのバリアントルールがありますが、なかでも戦車同士でぶつかり合うという「映画ベンハー」さながらのドックファイトができます。勝利すると点数と移動がもらえるもので勝利を重ねるとさらに先へと進める上に負けた相手は後退して差を広げられるみたいなルールがあります。


あとNPCとしてグラディエーターを登場させることでプレイ人数を増やした遊び方ができるのですが。



多少の細かいルールはあるものの基本の移動は決まっています。


で・・・このルールをつかって・・・ソロができないかと思ったわけですよ・・・


やってみましたがちゃんと遊べます。しかも油断してると負けますし。プレイ感を体験するならこれでいいと思います。


最近のレースゲームもカードを使ったゲームが多く見受けられる中で、その先駆けとなったこのゲーム、入手しやすくなった21世紀の今、試してみてはいかがでしょうか。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:リーゼンドルフ
アベ カエサル 日本語版
アベ カエサル 日本語版の通販
古典的名作の復刻作品!
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
¥6,930(税込)
  • 24興味あり
  • 70経験あり
  • 17お気に入り
  • 71持ってる
テーマ/フレーバー
未登録
メカニクス
未登録
作品データ
タイトルアベカエサル
原題・英題表記Ave Caesar
参加人数2人~6人
プレイ時間未登録
対象年齢未登録
発売時期未登録
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人0
9点の人3
8点の人3
7点の人10
6点の人5
5点の人2
4点の人0
3点の人0
2点の人0
1点の人0
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見2
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

197名
1名
0
画像
チャリオッツで先に3周したら勝ちのレースゲーム。1〜2周する間にカエサルの前に止まり「アベカエサル」と宣言しないといけない決まりがあり、移動距離の調整をしたりすることもあります。移動は1〜6の数字カードを使用して、手札にある1枚を選択してぴったり移動させなくてはいけない。前...
続きを読む(3ヶ月前)
うらまこ
うらまこ
367名
8名
0
画像
充実
1989年にでたレースゲーム、近年日本語版のリメイクが出たのでそちらのレビューをしたいと思います。とはいえ最近ボードゲームに手を出した人にとっては、こういった前世紀のゲームを次々と復刻してくれるのは大変ありがたい限りです。いろいろと文献やら動画やらを調べてみたら、このゲーム...
続きを読む(6ヶ月前)
リーゼンドルフ
リーゼンドルフ

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿