マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 90分前後
  • 12歳~
  • 2016年~

オルレアン:交易と陰謀maroさんのレビュー

536名 が参考
2名 がナイス
8ヶ月前

オルレアン Trade and Intrigueは、2つ目の大型拡張です。

ただ、ボックスの大きさについては2cmほどの厚みの箱となっており、かなりコンパクトです。

この拡張では、新しい場所のタイルと4つの新しいモジュールが追加されています。

orders:カードの新しいセットが追加され、それぞれに商品と都市が描かれています。 指定された商品を収集し、都市にそれを持ち込むことで勝利ポイントを得ることができます。

new event:新しく追加された34のイベントタイルから18枚をランダムに選択してゲームで用います。

new beneficial deeds:慈善事業ボードの差し替え。あらたな効果が多数加わり、慈善事業により特定の利益を得ることができます。

Intrigue: beneficial deeds:こちらも慈善事業ボードを交換しますが、相手を攻撃したり、邪魔したり、金や技術チップを盗むことができるようになります。

巷ではオルレアン第2版といわれるくらいにバージョンアップされたアイテムが追加されます。

バッグビルドとワカプレという革命的なメカニクスを引っさげながら、今見るとやや内省的な展開であったオルレアンの基本ゲームのバラエティさを増す内容であることは間違いありません。

裏を返すと、比較的緻密にバランスがデザインされた基本ゲーム(一部強力すぎるタイルもありましたが)が派手になるかわりにややばらつきやすくなった印象もあります。Intrigue は好みが分かれるかもしれません。テーマからして、かなり異端です。 

ちょうど、アグリコラが初版からバランス調整されてリバイスドになったのと逆のような感じがします。まあアグリコラ初版は当時としては挑戦的な作品ですし、意図的にあのようなカードバランスにしたわけではないのでしょうが。

この交易と陰謀では各種の変更によりやや扱いが難しくなったというか、経験による点差がつきやすくなったような感じです。そういう意味では、初心者よりオルレアンフリークに勧められる内容だといえます。


この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
栗坂こなべ
きむにぃ
maro
maro
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 124興味あり
  • 215経験あり
  • 91お気に入り
  • 416持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルオルレアン:交易と陰謀
原題・英題表記Orléans: Trade & Intrigue
参加人数2人~5人(90分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿