マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~150分
  • 14歳~
  • 2019年~
233名
4名
4ヶ月前
0

BGGでは4をわずかに超えるウェイトがつけられているが、それよりもかなりプレイしやすく感じました。

テーマの概要とメカニクスが適度にマッチしていること、そしてそのメカニクス自体が非常にオーソドックスなものであることがその理由です。

テーマに関しては細かいところを見ていくと相当破綻している(4種類の色で示されている 医師のスキルと患者の重症度が完全に合っていないと治療が成功しない、とか、院内で働いている医師のスキルがラウンド毎に1レベル強制低下するとか、意味不明な病院設備の配置ルールなど)が、ゲームの流れにはよく符合しているため直感的に理解しやすいと感じます。

メカニクスはタイルプレースによる設備設置、医師と患者の配置を合わせていくピックアンドデリバー、治療成功による収入と設備費人件費の支出からなる経営がメイン。初出の「クリニック」が6年前の2014年の作品であることを考えても、1つ1つの要素はすでに珍しくもない熟成されたものであり、同種のゲームの経験がある人にとっては馴染みのあるものです。

個人的には上述した要素からはフードチェインマグネイト(FCM)を非常に強く想起しました。もちろんFCMほどの、1手のミスで砂の城が崩れ去るような厳しさはありません。

限られた予算の中からどの設備を配置するか、これから呼び寄せる患者の数と種類を見極めてどのスタッフを何人雇用するか、そしてそのスタッフや患者、設備の他プレイヤーとの取り合い、経営面を見据えた収支の計算、など適度なインタラクションの中での悩ましさが楽しいゲームです。

設備は個人ボードなのでその点インタラクションが弱く、全体的に言語依存もなくすっきりとルールがまとまっているクリニックのほうが、設備タイルや患者コマのランダム性があることも含め、遊びやすいでしょう。

その他、患者の移動による得点獲得というところではギャラリスト的でもありますし、各種リソースの早取りやタイミングが重要(手番順がかなめ)なのはシティオブザビッグショルダーっぽいと感じました。ピックアンドデリバーや経営的な側面はエイジオブスチームのようでもあります。もっともAoS以外はクリニックより後にでたゲームですが・・・・それだけ普遍的な要素を内包しているということだと思います。

勝利点は毎ラウンドの収入(黒字)をその都度変換することにより得られますが、獲得の方法はほぼこれだけです(他にも多少ありますが)。最近のゲームであれば、もっと多様な勝利点獲得がブームですので、やや古さを感じます。ちなみにユニットの移動による積算とか患者が亡くなったときの減点などがあるため、ゲーム中はどのていど黒字を勝利点に割り振るかが悩ましい点でもあります。

また、マニュアルは若干簡素な感じで、BGGなどを見てもあまり評判はよくありません。自分は英語版で入ったため日本語版はどうか分かりませんが、ちょっと説明が足りないというか、「こんなときどうするのか?」という疑問が出てくることが多々あります。

前にゲームの流れは直感的に理解しやすいと書きましたが、やはり細かいルールはそこそこあるため、最初のうちは確認しながらプレイする必要があります。

アイコンも分かってしまえばとても便利でゲームのスムースな進行に寄与しますが、慣れるまでは少々辛抱を要するかもしれません。

どうでも良い話ですが、自分は数ヶ月前にこのゲームをビアード氏の直営のネットサイトで購入しました。その際何度かメールでやりとりしているときしつこめに拡張の購入を勧められました(ちょうどセールをやっていることもあったのかも知れませんが)。返しにトラムウェイズの再販予定について問うてみたら、その後ぱったり返信が来なくなりました。

今のところはベースゲームしかプレイしていないため、今後は拡張も試してみたいと思わせる作品です。特に前述したようなメカニクスが好きな人にとってはかなり刺さるゲームでしょうし、逆に合わない人には(FCMやAoSがそうであるように)面白さが理解できない可能性も高いです。

「病院経営ゲーム?面白そう」→プレイ後「??」となるかも知れないのがちょっとつらいところかも知れませんが、興味ある方には勧められる作品です。






この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
じむや
kahn
Sato39
びーている / btail
たまご
maro
maro
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 83興味あり
  • 87経験あり
  • 14お気に入り
  • 95持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

maroさんの投稿

会員の新しい投稿