マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 75分~150分
  • 12歳~
  • 2015年~

モンバサ山本 右近さんのレビュー

216
名に参考にされています
2019年10月22日 01時58分

拡大再生産、ワーカープレイスメント、エリアインフルエンス、デッキ構築と色んな要素が詰まりに詰まったゲーマーズゲーム。

これだけの要素があるのに違和感なくまとまっているのは流石プフィスターと言ったところ。

インタラクションが殊の外強烈なのは好みが分かれるだろう。私は近いレベルのプレイヤー同士でプレイした方が良いと思う。

ゲームとしては、植民地を巡って覇権を争う4つの会社を支援しつつ、その株式を買ってお金を稼ぎ、時にはダイヤを掘ったり帳簿を書きまくったりして最も勝利点を稼いだプレイヤーの勝ちというもの。

カードを使用可能なスロットに裏向きにプロットして同時に公開し、手番にはそのカードを使うかもしくはワーカーをアクションスペースに配置して進めていく。カードのスロットはゲーム開始時には3つあり、使用したカードはそれぞれのスロットの捨て札に置かれ、ラウンドごとに回収できるスロットは一つのみとなる。これは唸らさせられる素晴らしいシステム!

陣取りのシステムも巧妙で、ただ伸ばすだけでは勝つことが出来ない。伸ばした先の土地で獲得できるボーナスが多種あるため、タイミングや他のプレイヤーとの駆け引きがとても重要なのだ。それに伴いスタートプレイヤーの獲得も戦略的に行う必要がある。終始痺れるゲームである。

ゲーマーならば誰もが必ず気にいるだろう傑作中の傑作だと個人的には思うが、初見殺し的な面を持つということはどうしても否めない。唯一の欠点を挙げるならばそこだろう。

しかしながら、ヘヴィなユーロが好きなゲーマーならばマストプレイ、マストバイの逸品である!(私は未だ持ってないが…)大きな自信を持ってオススメする。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ggjhhi
  • kaya-hat
モンバサ
モンバサの通販
植民地時代、うまく貿易を行い世界を経営しましょう
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 6,600(税込)
山本 右近さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 140興味あり
  • 259経験あり
  • 62お気に入り
  • 213持ってる

山本 右近さんの投稿

会員の新しい投稿