マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ケルトKeltis

レーティングの登録/分布

  • ケルトの画像
  • ケルトの画像
  • ケルトの画像
  • ケルトの画像
  • ケルトの画像
  • ケルトの画像

留まりゃ0点、進むと減点、たくさん進めば高得点!?駆け引きも楽しいすごろく風ボードゲーム

 ケルトは、すごろくのように自分のコマをなるべく遠くまで進めて高得点を目指すボードゲームです。しかし、すごろくと大きく違う点が2つあります。1つは、コースが一本道ではなく、5つのコースに分かれている事。
 もう1つは、サイコロは使わずに、カードを法則に従って場に出す事でコマを進める所です。カードには数字と色がついています。この色がコマを進める事ができるコースの色になります。手番が来るたびに、カードを1枚出して、そのカードの色のコースにコマを1つづつ進めていくのです。そして、カードは数字を昇順か降順になるようにしか出せません。例えば1,2,4と出していくともう3のカードは出せません。カードの数字は0~10までしかないので、出し方を間違えると遠くまで進む事ができなくなってしまいます。
 5つあるコースの全てにいずれかの駒がゴールしたら、ゲーム終了です。ゲーム終了時に、獲得した得点が一番多い人の勝利です。

 すごろくの点数にもキモがあり、一番遠くまで進めれば10点貰えますが、最初の3マスはなんとマイナス点!進めない方が無難・・・なんて事にもなりえます。高得点を取るためには、どうするのが一番いいか?ちょっと思考を巡らせながらできる、簡単ながらスパイシーなボドゲです!

 本ゲームは、遺跡探検をテーマにしたカードゲーム「ロストシティ(Lost Cities, 1999)」のボードゲーム版と言えます。ケルトを遺跡探検テーマに戻した「ロストシティ:ボードゲーム (Lost Cities: The Board Game, 2008)」もあります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  2. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
  3. マツジョンマツジョン
マイボードゲーム登録者
  • 536興味あり
  • 1374経験あり
  • 274お気に入り
  • 695持ってる
テーマ/フレーバー
舞台の時代背景
地域や文化圏など
ゲームの基本目的
その他のコンセプト
作品データ
タイトルケルト
原題・英題表記Keltis
参加人数2人~4人
プレイ時間30分前後
対象年齢10歳から
発売時期2008年~
参考価格6,000円
関連作品
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人2
9点の人1
8点の人10
7点の人23
6点の人17
5点の人7
4点の人3
3点の人1
2点の人0
1点の人0
プレイ感の評価
運・確率23
戦略・判断力25
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見19
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 17件

64名
0名
あくまで個人的な意見ですが、わりと淡々としたゲームなので好みは分かれるかと思います。数字カードの出し方のシステムは面白く、バランスよくできているのですが、基本的にはひたすらコマを進めてクローバーを取るゲームなよで、ボードゲーム初心者の友達と一緒に遊ぶ時には非常に丁度良いゲー...
続きを読む(4ヶ月前)
勇者
MARU.
MARU.
171名
0名
運と戦略のバランスが良い良ゲー男女問わずデザインに惹かれる人が多い印象です誰に勧めても楽しんで貰えるので、毎回ボドゲ会に持参してますインストが5分くらい終わるのも良いですね
続きを読む(1年以上前)
皇帝
どーじ
どーじ
422名
5名
充実
これぞ王道ファミリーゲーム。クニツィアのドイツ年間ゲーム大賞受賞作!【ざっくり解説】クニツィアのロストシティ亜種のゲーム。カードを使って5色の旅路を前進させていきます。0~10の数字の描かれたカードは降順か昇順に出していくことができます。例えば青の10を出した後に青の6を出...
続きを読む(約2年前)
マクベス大佐@Digブログほぼ土日更新
マクベス大佐@Digブログほぼ土日更新
306名
1名
私はかなり好きです。一本道が5本。カード一枚出して一歩進む。それだけなのに、めっっっちゃ悩みます。まず、最初の一歩を踏み出すかどうか、そこから悩みます(笑)ルールは簡単なのに超悩ましい。ホントよくできたゲームです。惜しむらくはテーマ。渋くてカッコいいんですけども!せっかくシ...
続きを読む(約2年前)
仙人
タデイ27
タデイ27
271名
4名
充実
4人まで遊べるロストシティ。カードの引き運や他のプレイヤーの動きが不確定性を増しており、また、対戦相手の動きを妨害するムーブも抑えられ、本家よりガチ度は減っている。運要素は強めではあるが、アイテムの早どりや、各色の進行具合など適度なプレイヤーインタラクション、常に何らかの選...
続きを読む(2年以上前)
maro
maro
158名
1名
カードを山札から引いて同じ色のカードを降順、または昇順に並べていき、自分の駒を進めていくゲームです。カードを多く使うのでカード立てみたいなのがあるとプレイしやすいです。このカードのデザインがとても素敵で緑なので癒されます。目に優しい。人が捨てたカードを貰うことが出来るので捨...
続きを読む(2年以上前)
勇者
たぬきち
たぬきち
155名
0名
画像
箱とコンポーネントがとてもオシャレ。ゲーム自体は運要素が強いので初心者もすぐコツを掴めるでしょう。大好きなゲームの1つです。私は追加ボードセットではなく別売りのボードとタイルを購入してます。箱が素敵なので。未開封カタンの横に飾ってます。
続きを読む(2年以上前)
大賢者
ボドゲを楽しむ会
ボドゲを楽しむ会
284名
0名
ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!ケルトは、5色のカードを大きい順か小さい順に出していき、出したカードの色の列に該当する駒を進めていく面白いボードゲームです!ルールはすぐに理解でき、やることも簡単なのに、カード...
続きを読む(2年以上前)
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
145名
0名
進み始めた道は引き返せない。手広く中途半端に進めたら逆にマイナス点になってしまう。後悔しないよう、進むべき道を見極めて、ひたすら邁進するしかない。それってもう、それって人生じゃない。ケルト人。
続きを読む(約3年前)
仙人
プトシ
プトシ
274名
1名
本作の元となったとされるロストシティーはプレイ経験がありましたが、正直あまりピンとは来ていませんでした。しかし本作をプレイしてみると、運に任されすぎると感じていたロストシティーの欠点が、クローバータイルや願いの石のような戦略性により見事に緩和されており、運の要素も強いですが...
続きを読む(3年以上前)
皇帝
みずき
みずき
348名
0名
ライナークニツィア作のLostCitiesの面白さに感動し、その進化版で4人迄遊べるケルトを購入しました。メインボードが両面になっており、初めてプレイする友人達と1回表面で遊ぶと、是非裏側もやりたい!と楽しんでもらえます。各道にある最深部の高得点目指して、プレイヤー達はカー...
続きを読む(約4年前)
勇者
nekononedoko
nekononedoko
405名
4名
充実
手札を出してコマを進めて行くだけと(昇順か降順かの制限はありますが)ルールは簡単ですが非常に悩ましく、他プレイヤーとの絡みもバツグンにあり、ボードゲームやった感をしっかり感じられる名作です。手札運、タイル捲り運もあるので初心者や下位プレイヤーにも逆転の機会がありますし、かと...
続きを読む(4年以上前)
仙人
コン(※個人の主観です。)
コン(※個人の主観です。)
378名
1名
充実
ライナークニツィアのドイツ年間ゲーム大賞2008年受賞作。ケルトの基本ルールは皆さん投稿されているので、他のケルトシリーズとの違いを記載します。※ケルトカード願いの石カード(0-9の数字カード)を取得するのにカラーカードもしくは得点カードの同じ数字2枚と交換をしなければなら...
続きを読む(5年弱前)
m1114toy
m1114toy
320名
0名
充実
手番ごとに一枚カードを出して、出したカードの色のコースに有る自分の駒を1マス進めます。カードには数字が書いてあり、それぞれの色のカードは昇順もしくは降順でしか出すことが出来ません。・・というルールを見ると重厚で苦しいゲーム展開を想像しますが、実際のプレイはびっくりするくらい...
続きを読む(5年以上前)
仙人
sokuri3510
sokuri3510
203名
0名
充実
ゲームのテーマはなにをやっているのかわからないところがありますが、ゲームのシステムはシンプルだけど考えさせられます。自分の手番に出来る事は「カードをプレイして駒を進める」「カードをプレイしないで捨てる」のどちらかだけ。カードの補充も「山札の一番上から引く」「捨て札の一番上か...
続きを読む(5年以上前)
皇帝
遊べる美容室 HAIR EY
遊べる美容室 HAIR EY
302名
0名
充実
敷居は低いが奥は深い、悩みどころ盛りだくさんのすごろく【プレイ人数】2~4人【対象年齢】10歳~【プレイ時間】30分【個人評価】苦手:☆☆☆★☆:好き(もっとやりたい)【奥さんの反応】苦手:☆☆☆★☆:好き(もっとやりたい)【複雑さ】初心者向け:☆☆★☆☆:上級者向け(覚え...
続きを読む(5年以上前)
勇者
みやみや
みやみや
195名
1名
充実
内容に関係ない部分から。盤もそれを収める箱もデカすぎます。外国を感じます。ああ、今オレは海外ゲームをしてるんだなあと感慨に浸れます。ケルトというモチーフは石という部分以外であまり感じることができないのですが、これがケルトなんだよと強引に納得させられる謎の説得力があります。あ...
続きを読む(6年弱前)
勇者
hickory
hickory

リプレイ 1件

102名
0名
お盆休み突入し、6名が集まってボードゲーム開始。4名はケルトを…ケルト初プレイの「しおりん」それ以外の3名が点差をつけて1位は3名同点。再度プレイなんと!!見事に、しおりん45点獲得し、ダントツの1位!峰不二子ばりに裏切られる結果となりました。
続きを読む(4年弱前)
仙人
おざかつ大魔王
おざかつ大魔王

戦略やコツ 2件

63名
0名
5種類全てをやると手番が足りずに思うように進ませられなかったとなることが多いので、進ませる駒を絞ることをオススメします。そして、得点が倍になる大きな駒を優先的に進ませることが重要です。あとは、連続手番が出来るところを活用して、願いの石を先に押さえるのがいいかと思います。
続きを読む(2年以上前)
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
185名
0名
このゲームで何よりも重要なのは、大ゴマを10のマスに到達させることです。当然、他のプレイヤーもそれを狙ってきますから、小コマをヘタに6点ラインより奥に入れてしまうとゲーム終了条件をうっかり満たしてしまいかねません。例えば、3人プレイならば、大ゴマ3つと小コマ2つでゲームが終...
続きを読む(約6年前)
大賢者
Meeple7
Meeple7

ルール/インスト 1件

913名
0名
画像
2008年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作。クニツィアさんがついにゲーム大賞を受賞できた記念作です。ランダムに配られる遺跡カードを使用して遺跡の探検をするゲームです。5種類の遺跡があり、それぞれ深く進めば多くの得点を得られます。しかし、遺跡の入口近くは逆にマイナス点となってしまい...
続きを読む(3年弱前)
仙人
PET
PET

掲示板 2件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは91mm×59mmです。「CAC-SL35、同SL36 ユーロサイズ」などのスリーブが最適です。カードは110枚入っています。

    0件のコメント398ページビュー4年以上前
    コンポーネント/カードスリーブ
  • Meeple7さんの投稿
    ハウルールについて

    ケルトはカードを捨てるアクションが続くとフラストレーションが溜まるので、僕のところでは好きな枚数捨てて好きな枚数引くというルールを採用しています。ただし、これを悪用して捨て札を掘り進められては困...

    0件のコメント220ページビュー約6年前

会員の新しい投稿