マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ケルト
  • ケルト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2008年~

ケルト

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
シンプルだけど悩ましいゲームの代表作!ケルト文様が綺麗。
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 2008年ゲーム大賞にノミネートされました。

 カードは5色で、それぞれ0~10が各2枚ずつあります。プレーヤーには最初よく混ぜてから8枚ずつ配られます。

 手番には、手札から1枚出して1枚補充します。出す場所は自分の前または捨て札の場所です。自分の前も捨て札の場所もカードの色別に置きます。自分の前に出す場合は、それぞれの色につき数字が昇順または降順に並んでいなければなりません。例えば、最初に2を出し、次に4を出した色については、その後は前に出ている数字と同じかそれ以上でなければ出すことができません。逆にだんだん小さくなる順で出すこともできます。

 カードを自分の前に出したら、対応する色の自分のマーカーをスタート地点(ゲームボード下の中央)から1マス外側に向かって進ませます。補充は、裏向きの山札または、色別に置かれた捨て札の山の一番上からです。

 これをゲームが終了するまで続けます。

 ゲームボードのマスの横には数字が描かれています。この数字は、ゲーム終了時にいるマーカーの得点です。全く進んでいない(スタート地点にいる)マーカーは0点ですが、1マスだけ進んだマーカーは-4点です。進む距離が3マス以内だとマイナス点になってしまいます。それ以降はプラス点がどんどん増えます。

 また、マーカーを進む場所には、ところどころコースタイルが置かれています。クローバータイルに進んだら、自分のマーカーひとつをカードプレイなしに1歩進めます。ポイントタイルに進んだら、描かれているポイントをただちに獲得できます。願いの石タイルに進んだら、これを獲得できます。ゲーム終了時に持っている願いの石タイルの数により、得点が増えたり減ったりします。1枚も持っていないと-4点で、2枚以上持っていればプラス点です。

 こうして最も多くの得点を獲得したプレーヤーの勝ちです。

 このゲームは、二人用ゲーム「ロストシティ」と多くのシステムが似ています。ただ、3・4人でも遊べるようにと付け加えられた要素もいろいろあります。

レビュー 15件

322
名が参考にしたレビュー
 by Koniromann_A

 手札を出してコマを進めて行くだけと(昇順か降順かの制限はありますが)ルールは簡単ですが非常に悩ましく、他プレイヤーとの絡みもバツグンにあり、ボードゲームやった感をしっかり感じられる名作です。

 手札運、タイル捲り運もあるので初心者や下位プレイヤーにも逆転の機会がありますし、かといってただの運ゲーでは全くなくアホみたいに全コマ進めているだけでは決して勝てない程好いシビアさがたまらなく好きです。

 ケルトが嫌いな人の意見を見ると、『ルールと世界観に繋がり(必然性)が無い』と言う意見が殆どで、そこに関しては確かにグゥの音も出ません(泣)

 しかし、ルールがつまらないと言う意見はほぼ聞いた事がありません。

 私も世界観のあるゲームが好きなのですが、逆にこの様な、骨格だけで勝負しているような造りの堅牢さからくる、ゲームの『機能美』に感動する人も多いと思います(例、ハゲタカのえじき、ガイスター等)

 そういった、ゲームの本質や、核を感じられる正にドイツゲームだと思います。

☆個人的評価☆超良い

2年弱前(2018年03月01日 07時05分)
続きを読む
閉じる
293
名が参考にしたレビュー
 by m1114toy

ライナークニツィアのドイツ年間ゲーム大賞2008年受賞作。

ケルトの基本ルールは皆さん投稿されているので、他のケルトシリーズとの違いを記載します。

※ケルトカード
願いの石カード(0-9の数字カード)を取得するのにカラーカードもしくは得点カードの同じ数字2枚と交換をしなければならない。ゲーム初盤はこのカードを取ることが優先されるゲーム展開となる。

最後の点数計算がちょっと面倒くさいので『play:game ボードゲームデータベース』にupされている得点シート、得点サマリーをダウンロードして使っています。


※ケルトタイル
タイル55(5色 各0-10)のタイルに『願いの石』、『ボーナスポイント』(ケルトカードの得点カード 1-3点)、『クローバー』(クローバーマークのタイルをとったら、もう一回タイルをとれる)がついているので、とてもシンプルでルールがわかりやすい。 

得点計算もわりと簡単にできる。


※ケルト(ボードゲーム)
本家ケルトは2倍コマがあるので自分で、自信のある色を決めて多く点数をとる戦略がとれるのがいい。

願いの石タイル、得点タイル、クローバータイルを毎回ランダムに選んでボードにセットするので毎回違ったゲーム感覚になるのがよい。

2年以上前(2017年09月26日 20時10分)
続きを読む
閉じる
254
名が参考にしたレビュー
 by sokuri3510

手番ごとに一枚カードを出して、出したカードの色のコースに有る自分の駒を1マス進めます。カードには数字が書いてあり、それぞれの色のカードは昇順もしくは降順でしか出すことが出来ません。

・・というルールを見ると重厚で苦しいゲーム展開を想像しますが、実際のプレイはびっくりするくらい軽快なテンポで進みます。パッパと出してポンポンと進む。


というのは、全員で合計5駒がゴールゾーンまで進むとその場でゲーム終了なため、とにかくそれまでに大駒(得点二倍)を出来るだけ進めないといけないからです。願いの石も早取りのため、じっくり構えていると後手を踏んでゲームは終わってしまいます。このゲームの原型になったゲームであるロストシティは得点を伸ばしていく感覚が強いですが、ケルトは競争している感覚が強い。


アメリカではロストシティ・ボードゲームとして、探検をテーマにしたデザインになって発売されていますが、個人的にはこの軽快さとノンテーマがよくマッチしているのでお気に入りです。

ルールが簡単でテンポよく、繰り返し遊べるゲームです。現在流通している版は別売りだった拡張ボードも同梱されているので、少しお得になっています。


約3年前(2017年01月18日 19時53分)
続きを読む
閉じる
242
名が参考にしたレビュー
 by nekononedoko

ライナークニツィア作のLost Citiesの面白さに感動し、その進化版で4人迄遊べるケルトを購入しました。メインボードが両面になっており、初めてプレイする友人達と1回表面で遊ぶと、是非裏側もやりたい!と楽しんでもらえます。各道にある最深部の高得点目指して、プレイヤー達はカードをいかに無駄なく、時には大胆に使うことが求められます。道に配置するタイルがランダムのため、攻略方法はプレイする毎に異なります。その為何度もプレイすることができます。コンポーネントの4つ葉の駒のカラーが4色共、どこか地味なのが個人的に気に入っています笑

2年弱前(2018年05月20日 15時24分)
続きを読む
閉じる
211
名が参考にしたレビュー
 by みゃみゃ

敷居は低いが奥は深い、悩みどころ盛りだくさんのすごろく


【プレイ人数】2~4人

【対 象 年 齢】10歳~

【プレイ時間】30分


【個人評価】苦手:☆☆☆★☆:好き (もっとやりたい)

【奥さんの反応】苦手:☆☆☆★☆:好き(もっとやりたい)

【複 雑 さ】初心者向け:☆☆★☆☆:上級者向け (覚えることはあるけど複雑ではない)

【思 考 性】 運:☆☆★☆☆:戦略(戦略は必要、それでも運で逆転の可能性はある)

【絡  み】ソロ:☆☆☆★☆:絡む(他プレイヤーとの協力や邪魔をしなくては勝てない)

【雰 囲 気】にぎやか:☆☆☆★☆:しっとり(会話もあるけど空気は少しピリリ)

【デザイン】かわいい:☆☆★☆☆:cool (性別問わないポップなデザイン)


ボードゲーム界で有名なライナー・クニッアさんの作品。『モダンアート』『ラー』など、数えきれない程の名作を作っている中で、このケルトもドイツゲーム大賞を受賞した代表作の1つだと思います。

ゲームの雰囲気もクローバー型の木製駒を動かしていくなどポップな感じがして、奥さんの初見の反応も良かったです。その後もケルトならわりと積極的に付き合ってくれます。

ゲームの内容は、手札から数字の書かれたカードを出しながら駒を進めていくすごろくといった感じでしょうか。

特殊な効果をもつカードもなく、やること自体はとてもシンプルです。

それなのに、一度進むと引き戻せないすごろくどのルートに駒を進めるといいのか、捨てた手札は相手も使えるようになるため本当にこのカードを今捨てていいのかなど悩みどころが目白押しです。

場のカードを読む力も必要ですが、ほしいカードが来るかどうかは運なので、その意味では戦略と運のバランスも悪くないのかなと思っています。

タイルやカードには言葉はないため、言語依存もありません。ネット上で和訳を読めば事足りるのではないでしょうか。

2人でやっても、3~4人でやっても面白いのでおすすめのボードゲ

約3年前(2016年12月25日 13時19分)
続きを読む
閉じる
176
名が参考にしたルール/インスト
 by PET

2008年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作。

クニツィアさんがついにゲーム大賞を受賞できた記念作です。

ランダムに配られる遺跡カードを使用して遺跡の探検をするゲームです。

5種類の遺跡があり、それぞれ深く進めば多くの得点を得られます。

しかし、遺跡の入口近くは逆にマイナス点となってしまいます。

全ての遺跡へ探検隊を進めるか、限定した遺跡に深く潜るか

自分の手札と相手の動きを見ながらプレイする事になります。


自分の行動の良し悪しに相手の行動が関係してくる(妨害要素がある)

のがクニツッアさんの作品らしく良いバランスで仕上がっています。


ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。

ゲームの準備からプレイの流れを紹介しています。

外部リンク:エキサイトブログとなります。

https://boardgamer.exblog.jp/29352180/

6ヶ月前(2019年09月06日 20時19分)
続きを読む
閉じる
169
名が参考にしたレビュー
 by みずき

本作の元となったとされるロストシティーはプレイ経験がありましたが、正直あまりピンとは来ていませんでした。しかし本作をプレイしてみると、運に任されすぎると感じていたロストシティーの欠点が、クローバータイルや願いの石のような戦略性により見事に緩和されており、運の要素も強いですがジレンマとの勝負になる素晴らしいゲームに仕上がっていました。

デザインも美しく、お気に入りのゲームの一つです。

10ヶ月前(2019年04月22日 21時29分)
続きを読む
閉じる
149
名が参考にしたレビュー
 by 遊べる美容室 HAIR EY

ゲームのテーマはなにをやっているのかわからないところがありますが、ゲームのシステムはシンプルだけど考えさせられます。

自分の手番に出来る事は
「カードをプレイして駒を進める」「カードをプレイしないで捨てる」のどちらかだけ。
カードの補充も
「山札の一番上から引く」「捨て札の一番上から引く」のみ。

数字がかかれたカードをプレイして同じ色のマスの駒を進めてポイントを競うのですが、カードのプレイは
「小さい数字から大きい数字に並ぶように」
「大きい数字から小さい数字に並ぶように」
で、数字は0から10なのでできれば0か10から始めたいところ。
ゲームの終了は一定ラインより進んだ駒が全プレイヤー合計5個というルールがあるせいで、ゆっくり欲しいカードを探している時間もない。
更に、要らないカードを捨て札にすると相手に拾われてしまうこともあるので、
「使わないからとりあえず捨てよう」と次々捨てていたらどんどん対戦相手をアシストしてしまうことも。

カードの引きの運が要求されますが、
・いつ駒を進め始めるか
・どこまで進ませたいか
・どのカードなら捨てても問題ないか
など、考える事はたくさんあります。

ゲームのテーマがなく、世界観が感じられないゲームですがゲームの内容としては申し分なく「運」と「読み」がバランスよく必要でなんかいでも遊びたくなってしまいます。

約3年前(2017年01月13日 13時51分)
続きを読む
閉じる
138
名が参考にした戦略やコツ
 by Meeple7

このゲームで何よりも重要なのは、大ゴマを10のマスに到達させることです。

当然、他のプレイヤーもそれを狙ってきますから、小コマをヘタに6点ラインより奥に入れてしまうとゲーム終了条件をうっかり満たしてしまいかねません。例えば、3人プレイならば、大ゴマ3つと小コマ2つでゲームが終わるので、実は小コマを1つ入れるともう猶予はほとんどありません。

願いの石は2個取れれば十分なので、あまり慌てて序盤を進める必要はありません。手札をある程度揃えて、他のプレイヤーと競合しない列をじっくり見極めてから発車するのが吉かと思われます。

3年以上前(2016年06月05日 18時11分)
続きを読む
閉じる
133
名が参考にしたレビュー
 by hickory

内容に関係ない部分から。盤もそれを収める箱もデカすぎます。外国を感じます。
ああ、今オレは海外ゲームをしてるんだなあと感慨に浸れます。

ケルトというモチーフは石という部分以外であまり感じることができないのですが、これがケルトなんだよと強引に納得させられる謎の説得力があります。

ああ、デカくて海外でこれがケルトなんだなあと感慨に。

ゲームの終了条件が満たされるまでに、どれだけ点を稼ぐか。いざ稼ごうと行動を起こした時はマイナス点からのスタートなので、終了時にそこで終わらないよう気をつけないといけません。
点を取るために進めるコマは手札を出すことで動かせるのですが、手札は七並べ的な制約があるので自由には出せません。

コマの進みがとろくてイライラするところがケルト。
カードがうまく出せずイライラするところがケルト。
時の流れが止まった深い森で超自然的な力を操っているような魔術的な感覚が
ケルトなのかなあ、なんて思ったり。

3年以上前(2016年08月23日 13時25分)
続きを読む
閉じる
94
名が参考にしたレビュー
 by プトシ

進み始めた道は引き返せない。

手広く中途半端に進めたら逆にマイナス点になってしまう。

後悔しないよう、進むべき道を見極めて、ひたすら邁進するしかない。

それってもう、それって人生じゃない。

ケルト人。

8ヶ月前(2019年06月23日 14時18分)
続きを読む
閉じる
85
名が参考にしたレビュー
 by オグランド(Oguland)

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

ケルトは、5色のカードを大きい順か小さい順に出していき、出したカードの色の列に該当する駒を進めていく面白いボードゲームです!
ルールはすぐに理解でき、やることも簡単なのに、カードを出すべきか、もう少し待つべきか、どの色のカードを出すのか非常にジレンマに悩まされるゲームです。タイルの効果も悩ましいです。

カードの巡り運に若干左右されてしまう印象を受けることもあるかもしれません・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶4pt.≪★★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶3pt.≪★★★≫


ケルトの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

2ヶ月前(2019年12月23日 09時19分)
続きを読む
閉じる
85
名が参考にしたレビュー
 by ボドゲを楽しむ会

箱とコンポーネントがとてもオシャレ。ゲーム自体は運要素が強いので初心者もすぐコツを掴めるでしょう。

大好きなゲームの1つです。私は追加ボードセットではなく別売りのボードとタイルを購入してます。箱が素敵なので。

未開封カタンの横に飾ってます。



約2ヶ月前(2020年01月09日 03時50分)
続きを読む
閉じる
59
名が参考にしたリプレイ
 by おざかつ大魔王

お盆休み突入し、6名が集まってボードゲーム開始。


4名はケルトを…


ケルト初プレイの「しおりん」

それ以外の3名が点差をつけて1位は3名同点。


再度プレイ


なんと!!

見事に、しおりん45点獲得し、ダントツの1位!


峰不二子ばりに裏切られる結果となりました。

1年以上前(2018年08月14日 14時54分)
続きを読む
閉じる
25
名が参考にした戦略やコツ
 by オグランド(Oguland)

5種類全てをやると手番が足りずに思うように進ませられなかったとなることが多いので、進ませる駒を絞ることをオススメします。そして、得点が倍になる大きな駒を優先的に進ませることが重要です。あとは、連続手番が出来るところを活用して、願いの石を先に押さえるのがいいかと思います。

2ヶ月前(2019年12月23日 09時22分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,000(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 313興味あり
  • 824経験あり
  • 153お気に入り
  • 447持ってる

チェックした商品