マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 1998年~

酔いどれ猫のブルースむっちりグミミさんのレビュー

134
名に参考にされています
2020年09月21日 03時18分

二人プレイでの感想です

ここまで苦しいボードゲームは久々です

たとえるなら二郎系ラーメン


プレイし終えた後は激しい攻防に疲れて二度としないと思ってしまう。

しかし期間があくと「あの苦しみをもう一度味わいたいな」となるタイミングが訪れて、プレイして後悔。となります(面白いんですけど疲れます)


二人プレイで苦しむコツは事前に相手に勝つコツを教えること。


「手札は終盤以外は二枚以下にしない」

「ジョーカーの数が勝敗を決めるからジョーカーの使い所は考えないといけない」


これは二人プレイにおいて必須知識です

二枚以下にした場合、ほぼ勝利が不可能となり残りのターンは相手に蹂躙されます


そして二人プレイだとネズミの枚数(得点カード)が20枚しかないため終了条件の1つであるネズミカードの枯渇で確実に勝とうとすると13点をとる必要があります。(13点取れたらジョーカーを大量に使っても勝てます)


が、やってみればわかりますが相当厳しいです


よって勝ちを狙うならジョーカーの捨て所と使い所。また相手が何枚ジョーカーを保有していて、どう使わせるか。(使わせたらその枚数-1枚自分が使えるようになるので)


それとデッキにはあと何枚ジョーカーが残っているのかというのも展開によっては考えなければいけません。



ザ・マインドは苦しいながらも1ステージにかける時間は短く成功・失敗したときの疲れも少ないゲームですが、こちらは達成感を得るのが最後までわからず長い間苦しみます。対戦ボードゲームとしては相当に苦しくやりごたえのあるボードゲームです。


ここで言われている初期手札の優劣なんてものは二人プレイには存在してません。


初期手札が1.2.3ジョーカージョーカーであっても余裕で戦えます。一緒にやった友人はストレスでトラウマになりかけてましたが勝てたので喜んでました


ただ、そのあとボードゲームをする気力は残っておらず解散となりました


オススメですが旅行のお供にはオススメできません。おそらく旅行先でやるとその日1日何もやる気が起きなくなるおそれがあります。


どういう人にオススメかというと


・ボードゲームのレパートリーを増やしたい方(この面白さと苦しみは他のボードゲームでは感じられなかったです)

・苦しいゲームが好きな方


です。参考にしてください。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
酔いどれ猫のブルース
酔いどれ猫のブルースの通販
ネズミを集めるのは誰だ?NEW YORK風なネコ達でオークション開催!
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,870(税込)
むっちりグミミさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 133興味あり
  • 588経験あり
  • 70お気に入り
  • 465持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力13
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトル酔いどれ猫のブルース
原題・英題表記Katzenjammer Blues
参加人数2人~6人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1998年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

むっちりグミミさんの投稿

会員の新しい投稿