マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2009年~

ジャイプル大吉さんさんのレビュー

150名 が参考
1名 がナイス
3ヶ月前

★Good!

子どもと大人が対戦しても、わりといい勝負になりますし、運もあるけど、考えどころもあります!

勝っても負けてもギスギスしないので、とても安心してゲームができます!

使うカードは6種類の商品カードで、内3種類は価値の高い高級品です。それと、ラクダのカードがあります。場には常に5枚のカードが並んでいます。手札は7枚までしか持てません。

ラクダカードは商品の交換に使えますが、手札には加えず自分の場に重ねて置いておきます。枚数に制限がなく、何枚でも持つことができます。

やることは簡単で、場の商品カードを1枚取るか、手札と場の商品カードを交換する。交換する時は2枚以上でないとダメで、1枚の交換はできません。それか、場のラクダカードを取る。この場合、全てのラクダカードを取らないといけません。

もしくは、1種類の商品カードを捨て札にして売却する。1枚でもいいし、複数枚まとめて売ってもいいです。

3枚以上まとめて売るとボーナス点がもらえて、5枚以上出すとビックボーナスがもらえます!手札7枚中の5枚なので、なかなか集めるのが大変です。

このゲームの面白いところは、ラクダカードを商品の交換に使えることです。ラクダカードを使って商品を交換するということは、手札を増やす事を意味しています。ラクダは手札ではなく、自由に使えるストックとして集めています。

なので、仮に手札が0枚だとしてもラクダを5枚持っていれば、場にある5枚のカードを全て取ることも可能です。これで、手札が一気に5枚になります!

逆に、手札が7枚ある場合は、カードをそれ以上増やせないのでラクダは使えません。

そして、交換に使ったラクダは、取られるまで場に残り続けます。山札からもラクダカードは出てくるので、場にあるカードが全てラクダという状況もあります。

ラクダカードは手札とは別に何枚でも持てるので取ってもいいんですが、場にラクダが4枚あって、2枚だけ取るとかができません。取るなら4枚全てです。

そうすると、山札から4枚の補充が行われ、その中には点数の高い高級品も出てくるわけです!ということは、相手のプレイヤーにチャンスが回ってくるかもしれません。

なので、場にラクダが2枚しか出ていない時とかに、ちょいちょいラクダを集めるのも有効です。そして、自分の手札が少ないときにラクダをたくさん使って、場にラクダを置いておきます。相手プレイヤーが全てのラクダを取ることになり、その後に補充されたカードから、欲しい商品カードが手に入るかもしれません!

ジャイプルはラクダが主役のゲームです!ラクダを複数枚一気に取りたいけれど、取ると相手にチャンスが回ってくる。ラクダの使い方が肝要になってきます。

他にも点数の取り方にも工夫があって、商品を早く売りさばいた方が点数が高くなります。後になればなるほど商品の価値が下がります。

なので、1枚でも2枚でも早く売却したいわけなんですが、3~5枚まとめて売るとボーナスが入るのでカードをため込みたいんです!

でも、ため込んでしまうと売りたい種類の商品を、相手が先に売却して価値が下がるかもしれない。さらには、手札が7枚しか持てないので、手札を圧迫してきます。これはなかなかの悩みどころでもあります!どちらの方法が強いとも言えないので。

他にも、手札と場札の交換が2枚以上でないとできないので、これがクセモノで地味に効いています!

例えば、手札が7枚ある時に、場にどうしても欲しい商品が1枚ある。1枚だけ交換したいけど、交換は2枚以上でないとできない。

手札は同じ種類を苦労して集めたのに、2枚目の交換となると、それを崩さないといけない!1枚だけ取るにしても、手札制限で取れない。

ボーナスを狙っていくと、こういう場面がけっこうあるんですね。手札制限7枚と、交換は2枚から。ため込みすぎないように、巧妙に考えられています!

終了条件は山札がなくなるか、6種類の商品チップの内、3種類が全部取られてなくなったら即終了です。売却のペースが上がると、よく見ていないといつの間にか商品チップがなくなっています。

意図的に商品チップを枯らして、ゲーム終了を早めたりもできます!

残りの商品チップを見れば、後どのくらい商品カードが残っているか一目でわかります。これは、カウンティングの必要もなく、子どもでも残りのカード枚数を理解しやすいので、公平でやさしいゲームでもあります。

商品を早めに売って儲けるもよし、まとめて売ってボーナスをもらうもよし、ラクダを集めて、一気に開放するもよしです。相手がカードをため込んでいたら、商品チップを枯らして、売却する間もなく終わらすこともできます。

カード運も強く、決まった戦法というものはありませんが、やっぱり考えないと負けますし、お互いの駆け引きも楽しめます!

子どもと大人がサシでするには打って付けのゲームで、いい勝負ができます!それはやっぱり、子どもでも理解しやすい工夫がされているからだと思います。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
いぬた
仙人
大吉さん
大吉さん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 333興味あり
  • 1443経験あり
  • 442お気に入り
  • 858持ってる
プレイ感の評価
運・確率37
戦略・判断力50
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ9
攻防・戦闘0
アート・外見16
作品データ
タイトルジャイプル
原題・英題表記Jaipur
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大吉さんさんの投稿

会員の新しい投稿