マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 75分~120分
  • 12歳~
  • 2017年~

ジェンティスwinterkoninkskeさんのレビュー

184名 が参考
4名 がナイス
約1ヶ月前

二人プレイ時の感想を書きます。

ジェンティスはスフィンクスやピラミッドの時代の古代国家で、人口調節や巨大建築などのマクロな執政を行いながら国の発展をコントロールするゲームです。

過去にデラックス版が出ているようですが、本記事は一部コンポーネントがダウングレードされた通常版のレビューとなっております。プレイ自体に変化はないようです。(「日本流通版」となっていますが、完全日本語版の内容物+英語の箱に日本語のスリーブというなかなかカオスな仕様です)

ゲームは三つの年代に分かれた全6ラウンド(1,2/3,4/5,6)に渡り、様々なアクションを重ねて勝利点を得ます。

基本の手番アクションは、メインボード上にあるいずれかの「アクションタイル」を取って、個人ボードの「アクションマス」に配置してコストを払い、アクションを解決すること。「ワーカーを置くのでなくアクションマスをお迎えするワーカープレイスメント」といった感覚です。

アクションは大まかに「建物カードの取得」「建物カードのプレイ」「人口を管理する教育」「領地の確保」から選択。

建物カードはプレイすることで即時/永続能力が発動しますが、プレイには細かい人口の調節が必要。それらのアクションを効率良く解決したり、定期収入を得るための領地確保は、エリアマジョリティの絡む取り合いなので気が抜けない。

この時点でかなりボリューム感のあるワーカープレイスメントといった感じですが、ジェンティスを盛り上げる面白要素はここからさらに深くプレイヤーを悩ませます。

アクションタイルはマス数の決まった個人ボードに配置しますが、タイルには「砂時計」というコストがあります。砂時計はひとつでマスを一つ埋めるルールですが、ふたつを一マスに押し込むことで消費されるマスを節約することが出来ます。ただし押し込まれた砂時計は1/2が次のラウンドに持ち越されます。つまり「時間の前借り」ができる。しかしゲーム終了時に残すと失点になったり、リスクの管理が難しさをプラスします。

そして人口。6種類ある職種は増やすほど強いカードをプレイできますが、2種類ずつがお互いの最大値を共有しているため、ある所で片方を増やすと片方が減る状況になります。プレイヤーは終盤に向けて微調整を繰り返すアクションをすることになり、非常に悩ましいです。

カードのプレイなどで得られる能力も強力ですが、全てを得ることはできません。ゲーム中に手に入れるべき能力を見極めながら、先の先まで計画していく力が求められます。カードと領地にはシンボルや色を合わせることで追加点をもたらすシナジーがあり、こちらも無視できない。

この他にも、細かい部分にいやらしいルールが絡めてあって、どこに最善のアクションがあるのか迷いに迷う、重たい贅沢なジレンマを楽しむことができます。

基本は個人ボード周辺の発展なのでソロプレイ感はあるものの、アクションタイルの早取りは必ず欲しいものを取られて計画変更になりますし、カード/領地/人口のボーナス競争も重要な要素のため、自分の場だけ見ていても勝てません。


このように、計画性と実行力をギリギリの所で試される見事なバランスのゲーマーズゲームに仕上がっていると思います。何というか、繊細さがキモになるゲームです。

普通の重ゲーが「複数の要素を上手くはめ合わせて高く積んだ方が勝ち」なら、ジェンティスは「より早く針の穴にたくさん糸を通して長く延ばせた方の勝ち」みたいな感覚です。

二人でも問題なく遊べますが、三人くらいでアクションタイルや領地を取り合ったりする方が、インタラクションも増えてやり応えもアップするような気がします。


コンポーネントはメインボード+個人ボードの上に、大量のタイルや木駒を置いたりどけたりするのに必要な分が用意されています。

地味で目立った特徴のあるものはありませんが、古代国家の世界観にはマッチしています。それでいてカードの絵柄が全てユニークとなっていて、ちょっと和むかわいいタッチで描かれているのが古臭くなくて良いですね。(DX版ではこれらが地味すぎるので、全部厚みのある木駒にして景気良くしてあるみたいです)


初心者はおろか重ゲーの入り口に置くにも適さない地味さと繊細さですが、色々な作品で遊んだ後にやってみれば、洗練され美しくまとまったバランスをゆっくり味わうことが出来ると思います。かっこいい重ゲーを探している方にオススメです。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
18toya
荏原町将棋センター
Bluebear
まじー
ジェンティス 日本流通版
ジェンティス 日本流通版の通販
舞台は紀元前1世紀の地中海、自国の名声を歴史に刻もう
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 7,480(税込)
仙人
winterkoninkske
winterkoninkske
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 123興味あり
  • 201経験あり
  • 54お気に入り
  • 184持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力15
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトルジェンティス
原題・英題表記Gentes
参加人数2人~4人(75分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

winterkoninkskeさんの投稿

会員の新しい投稿