マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ジェンティスGentes

お金がなければ時間をかければいいじゃない。アクションポイントの前借りが新しい文明発展ゲーム!

ジェンティスは古代の地中海沿岸をテーマにした文明発展ゲームです。プレイヤーは自分の国を発展させるために、都市を建築し、貴族、学者、職人などの職業を訓練し、そして様々な技術を生み出していき、勝利点を得ます。

このゲームはボードにたくさんのタイルが用意されており、各ラウンドでプレイヤーはアクションを行うために、これらのタイルを1枚獲得します。アクションタイルは主に「カードの獲得」「都市の建築」「職業訓練」「カードのプレイ」の4種類で、同じアクションであっても、コストである「お金」と「時間」が同じものはありません。

面白いのは「時間」で、各プレイヤーはアクションタイルを獲得すると、自分のボード上の時間トラックにそれを置くのですが、その時にタイルに書かれた砂時計(時間のシンボル)の数だけ、砂時計タイルを一緒にトラックに配置しなければいけません。時間トラックは有限なので、砂時計タイルは少ないほうが、出来るアクション数は増えますが、その分「お金」がかかってしまいます。また、砂時計タイルは、表に1つの砂時計、裏に2つの砂時計がそれぞれの面に描かれています。2つの砂時計を選ぶと、ラウンドの終了処理で砂時計タイルは取り除かれず、裏返しにして1つの砂時計タイルとしてトラックに留まります。つまり、プレイヤーはアクションポイントの前借りを意図的にする事が出来る仕組みになっているのです。

ゲームの流れは、「文明カードの獲得」→「カードのプレイ条件の整備」→「文明カードのプレイ」が基本で文明カードのプレイによって、勝利点が入ります。条件は特定の場所に都市が建築されている事、6つの職業の人口がそれぞれある人数に達している事、となっており、その工面をするのに思わず頭を抱えます。

6つの職業も一工夫されており、3つのトラックで6つの職業を管理しています。これによって、2つの職業が対立構造となっており、1つの職業を増やせば、もう1つの職業を減らさなければならないシーンが出てきます。これによって、「このカードをプレイすると、こっちがプレイ出来なくなる!」などのジレンマが生まれる事もあります。

お金と時間のどちらも苦しく、なかなか一手が悩ましいゲームですが、手元の人口や時間トラックの工面はとても面白く出来上がっていると思います。入手性があまり良くないところが残念ですが、機会があれば一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. mythology_nezmythology_nez
マイボードゲーム登録者
  • 32興味あり
  • 18経験あり
  • 4お気に入り
  • 8持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルジェンティス
原題・英題表記Gentes
参加人数2人~4人(75分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク