マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2007年~

カワバンガえだまめさんのレビュー

126
名に参考にされています
2019年02月03日 19時41分

牛が何故かサーフィンしてます、

牛ゲーの中でも結構お気に入りです。

サーファーの牛のフィギュアが妙に出来が良くてそこそこムカつく顔してるのがなんとも笑。


ゲームでやる事は難しい部類ではなく、牛を4個貰ったら脱落、脱落者が出た時点で終わる負けを決めるゲームです。


波カードをプレイヤーに3枚ずつ配ります。

手番になったら波カードを1枚場に出します、そこで場においてある数字を足します、

一枚目はそのまま、5だったら5です。

2枚目以降はそこに数字が足されていき、最終的に30を超える数字まで繰り返します。

その後は逆に引き算をしていき、10以下になるまで繰り返します。

最後に波カードを山札から1枚補充して次のプレイヤーにチェンジ。

山札が切れたらリシャッフルして山札を作り直します。

波のように足し算と引き算を繰り返すのです(マイナスは設定上はありません、作ってもいいけど、ハウスルールになるのかな)。

波カードの数字は波の高さだそうで。


基本的なアクションは上記のような感じですが、プレイヤーにはもう一枚ずつ別のカードを配ります。

障害物カードと言うもので、基本的に裏向きに自分の前に置いときます。

10から30まであります。

ゲームの肝とも言えるこのカード、

足し算引き算を繰り返していく中で波カードと数字ぴったりになった障害物カードの持ち主はカードを公開し、数字を踏んでしまったプレイヤーに牛を渡すのです。

そしてまた裏向きにしてまた誰かが自分の障害物カードの数字を踏むのを待つ事になります。(自分の数字は踏んでも問題ありません)

足し算と引き算で0~30を行き来しているうちに障害物カードが増えていきます。(カードプレイした際、波の数字を10以下にしたプレイヤーもしくは30を越えさせたプレイヤーの右隣のプレイヤーは新たな障害物カードを獲得します。)

踏んではいけない数字が増えていく後半は何の波カードを出してもやばい、、、これ、無理だ。って事も結構起きてきます。

そして最初は記憶しようと頑張ってもだんだんわからなくなってしまいます。


回避したつもりが障害物を踏んだり、意図的に踏ませたり、わちゃわちゃ出来るのでとても楽しいです。

ビギナーからそこそこ慣れた人でも楽しく遊べる良ゲーです、今手に入るかよくわからないですが、見かけたら是非遊んでみてください(。><。)ノ

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
えだまめさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 15経験あり
  • 4お気に入り
  • 11持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルカワバンガ
原題・英題表記Cowabunga
参加人数2人~5人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

えだまめさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク