マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

13クルー大石さんのレビュー

150
名に参考にされています
2018年04月11日 22時08分

質問によって情報を集め、隠されたカードを当てる、というよくあるタイプ(「四人の容疑者」「探偵たちの長い夜」「カテリーナの陰謀」等)の推理ゲームです。

この手のゲームはどれもシステムが似たり寄ったりになりがちで、このゲームに関しても基本の部分は多分にもれずといった感じ(例:○○色のカードが何枚見えてますか? 凶器は何枚見えてますか? 等の質問で情報を絞る)ですが、設定をうまくひねることでマンネリ感のあるシステムをごまかすことに成功しているところがなかなか面白いと思いました。

もし現実に1つの殺人事件が起きたとして、捜査する人間が3人も4人もいたら、情報を共有して事件解決に臨まないのは何だかおかしな話になります。
しかし、このゲームではプレイヤーそれぞれが異なる事件を抱えているので情報を共有しないことに設定的な無理がありません。優先すべきはあくまでも自分の事件。他人の捜査を邪魔することはもちろんないけど協力する必要もないわけです。官憲だったら怒られるところでしょうが、設定上プレイヤーたちはただの探偵ですから。

また、この設定おかげで各自の求める正解が異なっているため、解答に失敗してもゲームから脱落する必要がないところも良いと思います。(優秀な探偵としてどうなの? という突っ込みは置いといて)

先にも述べたとおり基本の推理部分に特別目立つようなものはありませんが、2人から6人まで遊べる幅広さとリタイアの出ないシステムは気に入ってます。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
大石さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 7経験あり
  • 2お気に入り
  • 8持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル13クルー
原題・英題表記13 Clues
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大石さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク