マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~9人
  • 45分前後
  • 12歳~
  • 2006年~

それ何やねんえだまめさんのレビュー

206
名に参考にされています
2019年03月10日 10時31分

最近テストプレイしましたー


ざっくり言うと、透明なプラスチックのカード使わないで100均に売ってそうな変なガラクタ(まじ誇張無しで笑)を使って、解答が6個に絞られた早押しピクテル。。。みたいな。


親と子に分かれ、親は時計回りに持ち回りします。

親はお題カードを一枚取り、その中にある6個のお題のうち1つを選択し、作成します。

20個あるうち使えるのは10個だけ、最初に使う物を選んでそれだけでがんばって作ります。


子はそれを見てわかったタイミングで裏向きに1から6まで書かれたカードを1枚出します。

2番目以降に出す人は前に出した人のカードの上に出さないといけません。

最終的に子全員回答終わった段階で答え合わせ。

見事合ってたら得点ゲット!

早く答えを出した人ほど高得点を得られます。

親は正解させられただけポイントゲット。

親の持ち回りを何度か行ったら終了。


最終的にポイント多い人が勝ちです。


感想ですが、

期待通り、面白かったです☆

お題がシンプルなものから、

これ、無茶振りだろって思う時事ネタ(消費税開始とか、王貞治ホームラン新記録とか)みたいなものまでガラクタで表現しないといけないので親も子も思わず、

ゲームのタイトル通りwas,n das?(それ何やねん⁉︎)って言いたくなっちゃう笑

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
えだまめさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 23興味あり
  • 21経験あり
  • 7お気に入り
  • 13持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルそれ何やねん
原題・英題表記Objets Trouvés / Was'n das?
参加人数4人~9人(45分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

えだまめさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク