マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1996年~

ツインズマクベス大佐@ボドゲブロガーさんのレビュー

95
名に参考にされています
2020年10月12日 08時36分

クニツィアのギャンブルゲーム。4ラウンドを生き残り、場のチップを全てかっさらおう!


【ざっくり解説】

 クニツィアのギャンブルゲームです。8枚の手札で2枚ずつ出してポーカーのような要領で手役の強さを比べるゲームです。全4ラウンドあり、それぞれ得点方式が違います。この4ラウンドを誰かが破産するまで繰り返します。

 最終目の勝者はそのラウンド中に、全プレイヤーが支払ったチップを全ていただくことができます。じゃあ、最終ラウンドだけ頑張れば良いという話にならないのがクニツィアのいやらしさ(誉め言葉)です。


【長所】

 2枚で行うポーカーの手軽さと勝者総取りのギャンブルゲーム特有の楽しさですね。手軽で気軽に楽しめます。かつ各ラウンド毎の得点・失点の方式が違うので、各ラウンドをどの程度頑張るのかは結構悩ましいです。

 勝者総取りなので運ゲーかと思いますが、思っているよりは制御できていると思います。個人的には勝者総取りなら『ピーナッツ』よりもよくできているとは思います。


【短所】

 最終ラウンドゲーなこと。やっぱりここを勝たないと勝つのも2位を取るのも難しいです。

 お金でカードを買うことができるシステムも最初の8枚が鬼強・激弱でない限りほぼ皆買います。初期手札をどう各ラウンドに割り振るかだけなので、プレイヤーに十分な選択肢があるのかと言われると難しいです。


【個人的な評価】

 手軽なギャンブルゲームとして悪くはないです。人数は多めの方が楽しいですね。4人以上は欲しいです。勝者総取りのゲーム性としては大人気のプレミアゲーム『ピーナッツ』より優れているとは思います。「入門ゲームとして持っておいても良いかな」ぐらいの評価です。

 最終ラウンドを取れないと基本的にはじわじわお金が減っていきます。なのでどこまでいっても最終ラウンドゲーです。そこを頭に入れた上で気軽に遊べばいいんじゃないでしょうか?


 推定プレイ回数は3回ぐらい。競合としてはギャンブルゲームの大傑作の『メンバーズオンリー』などもあります。しかし、勝者総取りのゲームという括りでいけば現状のベストは本作ですかね。まあまあ面白いです。手軽に楽しめるギャンブルゲームが遊びたい方には楽しめる作品かと思います。


【日本語版のカードサイズへの不満】

 本作は独特なカードサイズで特殊なスリーブを要求されます。縦長いギャングを描きたかったとか、縦長箱シリーズとかいろいろな理由はあると思いますが、カードサイズが独特過ぎます。他のスリーブでの代用は難しい部類です。ボードゲーム界のカードサイズの不統一はスリーブ使いにとって、永遠の悩みの種の1つです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 92興味あり
  • 306経験あり
  • 25お気に入り
  • 230持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力8
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルツインズ
原題・英題表記Twins
参加人数3人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1996年~
参考価格2,376円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの投稿

会員の新しい投稿