マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 15分~30分
  • 10歳~
  • 2018年~
169
名に参考にされています
2019年08月05日 18時49分

★7(個人的10段階評価)


イロモノに見えてちゃんと面白い……でもやっぱりイロモノ!

大喜利要素を含んだ偉人組み合わせカードゲーム!


概要だけ見るとどうしても馬鹿ゲー感が先行してしまい、私みたいな人間は若干敬遠気味でさえあったのですが。

やってみると、結局馬鹿ゲーなのですが、「ちゃんと馬鹿ゲー」で面白いです。


妙な偉人のビジュアルや名前を作って楽しむ……というのは事前印象通りなのですが、更にはフレーバーテキスト部分で偉人の人生も三分割して書かれており、そこでもネタが成り立っているため、大喜利としての面白さが事前想定より深いです。


ただ、大喜利ゲームかと思いきや、勝敗自体は数値で決まるものであり。でもそこが面白いというよりは、やはり変な偉人を作ることが醍醐味のゲームなので、勝敗は本当にどうでもよくなってしまうのがネックですかね。


かといって、完全に大喜利テーマのゲームにしてしまうと、それこそ皆「ネタ」に走りすぎてしまい、「数値目的で組んだ結果としての、事故的に出来た変な偉人」というテイストが消えてしまうため、悩ましいところです。


ちなみに拡張では「大喜利勝負」の要素が増えたり、単純にカード枚数が増えたりしており、順当で王道な良拡張ですので、作品自体が気に入った場合は検討をオススメします。


正直、勝敗をつけるゲームとして面白い云々ではないゲームですが、偉人のチョイス、説明文や名前を区切る部分の絶妙さなど、大喜利部分で非常に評価が出来る点の多いゲームでもあります。


概要を見てグッと来るものがある人には、是非お勧めしたいですね。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
すあまさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 130興味あり
  • 704経験あり
  • 122お気に入り
  • 439持ってる
プレイ感の評価
運・確率22
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘13
アート・外見19
作品データ
タイトルソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~
原題・英題表記Sokuratesura
参加人数2人~6人(15分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体Azb.Studio
拡張/関連元ソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~拡張版 死のプレゼンテーション(2019年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

すあまさんの投稿

会員の新しい投稿