マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~
  • ソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 15~30分
  • 10歳~
  • 2018年~

ソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~

メーカー・卸元:バニーイヤー

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
偉人を組み合わせて最強の偉人キメラを作り出せ!

あなたは、手元にあるバラバラの偉人をつなぎ合わせて最強の偉人を作り出し、無事戦いを勝ち抜くことができるでしょうか?

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

制作者/関連企業/団体

レビュー 31件

レビュー
830名が参考
2年以上前

7つの聖杯のお題に合わせ、偉人の右腕・左腕・胴体(+二つ名)を組み合わせて戦わせるゲーム。

偉人の名前・経歴まで部位に継承されており、組み合わせることで全く新しい偉人が出来上がる。

システム自体はゲームとしてしっかり考えられているが、そんなことどうでもいいと面白い組み合わせを必死で探してしまう、そんなゲーム。

続きを見る
閉じる
勇者
Kotatsu
Kotatsu
レビュー
509名が参考
2年以上前


 壊れた召喚魔法陣のために英霊が右腕、左腕、胴に分かれて召喚されてしまう状況の中、7つの聖杯を奪い合うというぶっ飛んだ設定のバトルロワイヤルゲーム。


 左腕、右腕、胴にそれぞれ知力と戦闘力が設定されていて、聖杯によって戦いのルールが決まるため、同じ英霊でも有利不利が生まれるようになっている。

 装備によるブーストや神の身体による完全勝利などのルールも小気味よいけど、なんといっても召喚された名前とそのプロフィールがやばい。

 

 私達の中では召喚したら高らかに英霊の名前とその出自を読み上げてから戦いを仕掛けることにしている。


 一度手札が偏ってしまってバトルを棄権すると結構ジリ貧になりがちな印象。誰の手番でも手札は7枚までは回復するんだけどそれでも偏るので、1枚残して全手札交換よりはドローフェイズに好きな枚数残して7枚になるようにドローとかのほうが良さすな気がする。


 でもまぁ基本的にはどれだけ珍奇な英霊が召喚できるかのほうが主眼になりがちなので、ワイワイ楽しめるようにバリアントルールでやってても問題ないゲームだと思う。


 拡張で新たな英霊や装備が出たらいいなぁ。特に神の身体は少ないのでもう2,3柱欲しいところ。


 うちでちゃんとゲーム中にできた英霊を一つ。

続きを見る
閉じる
仙人
一斗
一斗
レビュー
393名が参考
2年以上前

 アソビCafeで、5人でプレイした感想です。

 AZB.STUDIOによる、世界中の偉人の名前を組み合わせて、最強の偉人を作り出し、しかも戦わせるという、読み上げるだけでも楽しいカードゲームです。

 ルールはYouTubeで「ソクラテスラ」で検索すると、いくらでもプレイ動画が出てくるので、好きなのを観てご確認ください。

 兎に角、酷い名前の偉人たちを作って戦うという、今までに誰もが考えそうで考え付かなかったことを、このゲームで楽しめるようになったわけです。

 あまりにも面白すぎて、プレイ写真を撮影し損ねたのは残念ですが、ネタとしては相当なレベルだと思います。

 ただ、世界史を多少知っていることと、日本語が分からないと全く面白くないと思いますので、ある程度人を選ぶゲームであることはご認識の上お楽しみください。


 一緒にプレイしていた友達は、笑い死にしそうなくらい受けていましたので、プレイのしがいがあったと感じたゲームです。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
374名が参考
2年以上前

 ネタゲーとして話題になっていた一作。あとFGO狙いだろとか、他のボドゲ(12)とシステムがそっくりってめっちゃ言われてましたね。まあそっちやったことないんでわかんないっすけど(

 それはともかくとして、フレーバーの割に、プレイ感は拍子抜けするほど普通です。もっと面白い名前を狙って作れれば良かったのでしょうが、右手左手本体の三位一体カードをひたすら出していくゲームで、手札が悪い、使い切っているとセットが作れない。強いキャラが必ず勝つとは限らないんで(場の勝利条件で変わる)強いカード集めてればいいわけでもないです。まあ狙って面白ネームを作るゲームではないのです。一応。

 元のゲームとの類似についてはともかく、カードのデザインやコンセプトは非常にうまく作っているので、ネタゲーとして持っておきたいという強い気持ちがあれば良いと思います。ただ、ゲームとしては拍子抜けするくらい普通です。まあうまいことできてんなーとは思いましたけど。

 と、いうわけで割とすぐ飽きました。

 ネタゲー好きなら買っても良いんじゃないでしょうか。ゲームとしては普通ですから、ド外しはしないでしょう。


 一応追記すると、3人以上以上プレイ時の勝利条件が、2人偉人を先に作った方が勝ちなんです。が、あっという間にゲーム終わっちゃうんです。どうなんですかね。こんなもんなのかな? 3人だとバランス的に却って終わらないんでしょうか。

続きを見る
閉じる
有我悟(あるがさとる)@レガシー
有我悟(あるがさとる)@レガシー
レビュー
357名が参考
2年以上前


ありていに言えば、話題重視のネタゲーかなと思った次第。実際プレイしてみると、案外きちんとゲームしている。


右腕、左腕、胴体。三つを合わせることで偉人を召喚。個々のパーツ毎に知力が高かったり、武力が高かったり、あるいは神様の一部であったりする。場の環境毎に知力や武力を意識して偉人を召喚し、競い合わせるというルールになっている。


ただ、いかんせん、プレイが単調になりがちであることは否めない。個々のカードには知力や武力の上下くらいしか違いがないため、プレイイングよりも引きの良さを期待することになる。ネタゲーではなくゲームになっているだけに、そのゲーム要素に物足りなさを感じてしまうのだろう。


個人的にはMTGのアングルードのように、もっとお馬鹿な要素を詰め込んでいった方が楽しめたのではないかと思う。ただ、性質上、追加パックは容易に出せるため、今後に期待はできるかもしれない。

続きを見る
閉じる
皇帝
ArkOfGalapagos
ArkOfGalapagos
ルール/インスト
336名が参考
10ヶ月前

1)ゲーム名:ソクラテスラ

2)勝利条件:殿堂入り偉人を2〜3体作成

3)ゲームの準備

①魔法陣カード(93枚)をよくシャッフルして、山札とする。

②各プレイヤーが山札から7枚づつ引く。ただし、引いた手札の中身に「右腕カード」、「胴体カード」、「左腕カード」が揃っていない場合やイベントカードが配られたプレイヤーは山札に手札を戻しシャッフルして、7枚を引き直す。

③適当な方法でスタートプレイヤーを決定する。

④一番最後のプレイヤーから順番に聖杯カードを場に選んでおいていき、7枚のカードがなくなるまで行う。

4)ゲームの進行

①ドローフェイズ:手番のプレイヤーは、山札からカードを1枚引く。

②アクションフェイズ:以下のどちらかを行う。

・偉人召喚:手札から右腕カード、胴体カード、左腕カードを出して、名前を宣言して偉人を召喚する。装備カードもあれば同時に出すことができる。他のプレイヤーを1人指名して、キメラテック偉人バトルを行う。④へ

・自分の手札を1枚だけ残して、他のカードを捨て札にする。③へ

③補充フェイズ:全てのプレイヤーが手札が7枚になるまで、山札からカードを引く。手札を8枚以上持っているプレイヤーは何もしない。

④キメラテック偉人バトル

・防御側が偉人を召喚できる場合(右腕、胴体、左腕のカードが手札にある)は必ず偉人を召喚し、バトルをする。

バトルの勝敗は、その時に場に出ている聖杯カードに書かれたルールに従って決める。

攻撃側が勝利:防御側の偉人の右腕、胴体、左腕のいずれかのカードを選んで自分の手札に加える。その後、まだバトルをしていない別のプレイヤーを選びバトルを行う。これを全プレイヤーに勝利するまで行う。全プレイヤーに勝利すると、殿堂入りになる。

攻撃側が敗北:攻撃側の偉人を全て捨て札にする。③へ

引き分け:攻撃側と防御側の双方の偉人を捨て札にする。 ③へ

・防御側が偉人が召喚できない場合は、攻撃側のプレイヤーは防御側のプレイヤーの手札からランダムに1枚引いて、自分の手札に加える。その後、防御側のプレイヤーは手札を全て捨て札にして、山札から7枚カードを新たに引く。

⑤殿堂入り

・全プレイヤーに勝利したプレイヤーは、場に出ている聖杯カードを獲得する。

・獲得した聖杯カードをバトルに勝利した偉人に装備し、殿堂入りした偉人とわかるようにする。この殿堂入りした偉人に使われたカードはその後のバトルに参加することはできない。 ③へ

⑥そのたルール

・イベントカード:イベントカードを引いたプレイヤーは、誰のターンにも関わらず、ドローフェイズや補充フェイズ終了時に、引いたことを宣言する。その後、カードの効果を適用して全プレイヤーで偉人バトルを行い、最も強い偉人が殿堂入りする。それ以外の偉人は捨て札にする。もし、引き分けの場合は全プレイヤーの偉人が捨て札となる。

・神のカード:「神の〇〇」と書かれたカードのみで構成された偉人は、「神の偉人」となり、聖杯カードのルールに関係なくそのバトルに勝利する。

・山札が無くなった場合は、捨て札をシャッフルして新たな山札を作り直す。

続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
333名が参考
12ヶ月前

バラバラになった偉人たちを組み合わせて戦わせるゲーム!

店頭で面白そうなパッケージのゲームを発見。

とりあえずネットのレビューの評判やらを確認してみる


とにかく面白い変な名前や笑える名前ができて超面白い!という感じの評価になっており、1000%面白いはずだ!この内容で面白くないはずがねぇ!というわけで拡張版と一緒に勢いのあまり購入、後日ノリのいい友人たちとプレイしました。

が、何とも言えない微妙な雰囲気に・・・


拡張を除いたレビューとなります。

・バラバラになった偉人を組み合わせてバトルを挑むカードゲームです


使用するカードはバラバラになった偉人なので、

名前、イラストが三分割にされたものになります。

右腕カード、胴体カード、左腕カードの3種類あり、武力と知力のステータスが設定されています。

そのほかに右腕カードより前に付けれる、装備カード、

引いたときにイベントが起こるイベントカードがあります


上記のカードを全て混ぜて山札にします。


そこからプレイヤーごとに7枚ずつ引いて手札にします。


あとは勝利条件の聖杯カードを準備してゲームスタート!(知力が高い偉人が勝利、武力が高い偉人が勝利など)


手番のプレイヤーが、他プレイヤーを指名し、個別にバトルを挑んでいきます。

(自信がない、偉人が出せない場合は1枚だけカード交換が可能です)


そしてもっとも盛り上がるバトルですが、手番プレイヤーが先に

右腕、胴体、左腕カードを1種類ずつ3枚組み合わせて召喚します。

(装備カードがあるなら付けてもよい)


指名された防御側のプレイヤーは

偉人を召喚できる場合は召喚してバトルしなければなりません。

できない場合は強制的に敗北し、手札を1枚渡して残りの手札が全部捨て札になります


勝敗を決定するのは準備した聖杯カードのお題によって変わります。


手番プレイヤーが勝利した場合(防御側のプレイヤーの偉人のパーツを1枚貰える)

は続けて個別にバトルを挑み、残りの参加者全員を倒せば殿堂入りとなります。

ただし、残りの参加者に挑む偉人はその手番に最初に出した偉人のまま、入れ替えたりはできません。


手番プレイヤーの移り変わり時に全プレイヤーは7枚未満のプレイヤーは山札から7枚になるまで手札を引きます


最終的に殿堂入りになった偉人が多いプレイヤーが最終的な勝利となります。


とまあざっくりとこんな感じのゲームなのですが。(詳しいルールは公式サイトで説明書が公開されております)


・実際にやってみると、基本の手札枚数が7枚だからでしょうか?

カードのパーツが偏ってしまい、召喚できないことが多々あります。

(一番最初スタートするときだけは、揃ってない場合引き直しができます。)


召喚ができない場合、運よく手番プレイヤーの場合はカード交換ができますが、

できるのは1枚だけなので、揃うことはまずないでしょう。

防御側プレイヤーになった場合は何もできずに敗北・・・。

勢いでノリノリになってる状態になっても、召喚できない、バトルできないプレイヤーが何度も出てくると場の雰囲気も白けてしまいます。


そして面白い笑える組み合わせの方をかなり期待していたのですが

7枚程度のカード、しかも召喚できればラッキーぐらいな状態で

ネットで紹介されている面白い名前や経歴の組み合わせになんて滅多になりません。

右側、胴体、左腕と並べられる場所も決まってるため、ステータス無視して変な名前ってのもかなり厳しい・・・

奇跡的になったときは盛り上がるのですが、次で召喚できずにうーん・・・と盛り下がってしまいます


この手の大舎利ゲームの中では勝ち負けがはっきりと決められるため

2人でも遊べるとこはいいと思います。


非常に面白い題材だとは思うのですが、なんだかもったいないなーと

いっそのこと手札の枚数を思いっきり増やしてみてもいいかもしれません


値段を考えるとちょっとお試しに買うのは高い気がしますので

ボドゲカフェとかで試遊できるとよいかとおもいます

オススメ度 0/10

続きを見る
閉じる
大賢者
ぽっぽーくるっぽー
ぽっぽーくるっぽー
レビュー
311名が参考
1年以上前

パッケージをぱっと見、偉人の名前カードを集めて正しく並べたもん勝ちのゲームかなっと思って購入。後からプレイしてみると「ちゃんとゲームタイトル読んだ?」と自分に問いたくなりました。

これは偉人を”作る”ゲームです。存在した偉人の左腕、胴体、右上組み合わせてキメラを作ります。キメラが強く殿堂入りすると脚がもらえます。そして脚まで揃ったキメラが2体完成すると勝利です。

人数が多い方が盛り上がります。5人でやりましたが、キメラを場に出すときに、偉人の名前を言ってその下の説明文も読み上げるようにしたら大盛り上がりでした。

最初は攻撃プレイヤーを選ばないといけないと解説書に書いてあったので特定の人を集中攻撃等があったら嫌だなと思いましたが、結局総当たり戦になるので大丈夫でした。

偉人は教科書に出てくる程度のメンバーなのでみんなも知ってるし、キメラ非常に面白かったです。偉人が増やせる拡張パックもあるようなので購入を検討中です。

続きを見る
閉じる
皇帝
くれのやな
くれのやな
レビュー
302名が参考
2年以上前

何だろう…。勝つことももちろん嬉しいのですが、それ以上に、面白い名前の偉人が出来上がった時の満足感が嬉しいゲームです。


ルール自体は非常に単純で、インストに5分もかかりません。

きちんとやっても面白いし、ふざけてやっても面白い。

色々な場で使って楽しめるゲームだと思いました。


歴史が好きなら10歳未満でも楽しめそうです。

続きを見る
閉じる
だか(こ)さん
だか(こ)さん
レビュー
300名が参考
2年以上前

世界各国の偉人の右腕、左腕、胴体がカードとして配られ、その中から一つずつを選び出してキメラティック偉人を完成させるゲーム。

場に出ている聖杯によってバトルでのルールが定められ、「武力の高い偉人」「武力の低い偉人」「知力の高い偉人」などを召喚して戦わせる。

とりあえず非常に頭の悪い偉人がポンポン出てくるので、めっちゃ楽しい。

酒飲みながらやるのも良いゲーム。

続きを見る
閉じる
皇帝
syutorum
syutorum
レビュー
299名が参考
2年以上前

このゲームは、世界史を学んだことのある人なら楽しめるゲームだと思います。ルールも単純で色ごとに一枚ずつ揃えればなんとかなるのですぐにルール把握できます。そしてこのゲームの醍醐味は揃えた偉人の名前で楽しめるという事です。名前だけではなく、その偉人がどのような行いをしたかがカードに書いてあり、その組み合わせに爆笑が起きることは間違いなしです。

続きを見る
閉じる
国王
なりた
なりた
レビュー
288名が参考
2年以上前

盛り上げ力、ツッコミ力が問われるパーティーゲーム。

良くも悪くも同人ゲームっぽいというか、楽しんだもの勝ちというか、自分からネタを拾いに行く姿勢が必要です。
ゲームシステムはシンプル・オブ・シンプルなつくりで、「ここが盛り上がりどころ!」みたいなツッコミどころがはっきり用意されてるわけではなく、淡々とプレイしてると何事もなくあっさり終わっちゃいます。

毎回毎回面白いことがおこるわけではないし、面白いことがおこったとしてもシステムとしてフォーカスされるわけではないので、いかにネタを拾えるかがこのゲームの真のゲーム性だと思います。

続きを見る
閉じる
大賢者
Shoeshock
Shoeshock
レビュー
277名が参考
2年以上前

それぞれが作り出した最強の英霊が聖杯戦争を戦う、ってコンセプトは一部にすごい受けます。

実体は偉人の名前と体を組み合わせて面白ネームやヘンテコボディを作って遊ぶネタゲーム。

運の要素が強いのでガチンコバトルというよりは、みんなでワイワイしながら時には勝負を捨ててネタに走るといった遊び方が好きな人にオススメです。

続きを見る
閉じる
皇帝
モグラ
モグラ
レビュー
273名が参考
2年弱前

★7(個人的10段階評価)


イロモノに見えてちゃんと面白い……でもやっぱりイロモノ!

大喜利要素を含んだ偉人組み合わせカードゲーム!


概要だけ見るとどうしても馬鹿ゲー感が先行してしまい、私みたいな人間は若干敬遠気味でさえあったのですが。

やってみると、結局馬鹿ゲーなのですが、「ちゃんと馬鹿ゲー」で面白いです。


妙な偉人のビジュアルや名前を作って楽しむ……というのは事前印象通りなのですが、更にはフレーバーテキスト部分で偉人の人生も三分割して書かれており、そこでもネタが成り立っているため、大喜利としての面白さが事前想定より深いです。


ただ、大喜利ゲームかと思いきや、勝敗自体は数値で決まるものであり。でもそこが面白いというよりは、やはり変な偉人を作ることが醍醐味のゲームなので、勝敗は本当にどうでもよくなってしまうのがネックですかね。


かといって、完全に大喜利テーマのゲームにしてしまうと、それこそ皆「ネタ」に走りすぎてしまい、「数値目的で組んだ結果としての、事故的に出来た変な偉人」というテイストが消えてしまうため、悩ましいところです。


ちなみに拡張では「大喜利勝負」の要素が増えたり、単純にカード枚数が増えたりしており、順当で王道な良拡張ですので、作品自体が気に入った場合は検討をオススメします。


正直、勝敗をつけるゲームとして面白い云々ではないゲームですが、偉人のチョイス、説明文や名前を区切る部分の絶妙さなど、大喜利部分で非常に評価が出来る点の多いゲームでもあります。


概要を見てグッと来るものがある人には、是非お勧めしたいですね。

続きを見る
閉じる
すあま
すあま
レビュー
263名が参考
1年以上前

ルール自体はとてもシンプルで、他の方がレビューされているので割愛。


我が家では、高1、中2、小6、小3と私(アラフォーの父)で遊びました。


ルールは簡単なので、小学生でもカードのプレイの仕方はすぐに覚えましたが、

当然、漢字にルビがふってあるわけでもなく、異人自体を知らない、偉人の功績を読んでも意味が分からない状態なので、

プレイの雰囲気は楽しんでいましたが、ゲームの真の面白さは引き出せていない感じでした。


ルールが単純なので対象年齢は10歳からとなっていますが、

ある程度、偉人のことを理解している年齢、高校生以上で集まって遊ぶほうが盛り上がると思います。


大人同士で、酔っ払いながら遊ぶのも盛り上がると思います。

続きを見る
閉じる
仙人
八神月
八神月
レビュー
254名が参考
10ヶ月前

家族4人でプレイした感想を書きます。

初めにプレイしながら、思い切り笑わせてもらいました。

お笑いゲームです。

ゲームの内容は簡単で、歴史上の偉人の名前が3分割(右腕カード、胴体カード、左腕カード)されて、それぞれ3枚のカードに割り振られています。これらの3枚のカードを組み合わせて新しい偉人を作り、他の全プレイヤーが同様にして作った偉人とバトルして、全て勝ったらその偉人は殿堂入りします。この殿堂入りした自分の偉人を2〜3人作るとゲームの勝者となります。

そして、偉人を場に出すときは、その名前を言う必要があります。例えば、右腕カードが「(アレ)キサンダー」、胴体カードが「ギル(ガメ)ッシュ」、左腕カードが「ガン(ディー)」(いずれも()の中の文字が書かれている)を組み合わせて、「アレガメディー」と言って場に出します。これが大変おかしくて笑わせられます。また、名前の下に、ちょっとしたその人物のエピソード的なことが、名前同様に分割されて書かれており、それを続けて読むとまた笑えます。

カードに出てくる名前は世界史上の偉人(そうで無い人もいますが)ですから、それらの偉人の生涯を知っているとなおさら、その組み合わせを読むと笑えます。なので、世界史の知識があるとより面白いかもしれません。もちろんなくても十分楽しめますので、心配はいりません。

ただ、プレイは最大6人までとなっていますが、一人が偉人を場に出すとそのプレイヤーが全員い勝つか、負けるまでバトルが続くで、バトルをしていないプレイヤーは見ているだけなので、ある意味暇なのが難点です。

そうは言っても、簡単なゲームですし、大部分が配布されるカードの中身に左右される運要素の強いゲームですから、あまりゲームをしたことが無い人でも勝てますし、あまり勝敗を考えないでゲームをしたい時に良いと思います。

続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
253名が参考
2年以上前

(おススメ/世界史好き。偉人好き。笑い好き。声に出して読み上げ好き)偉人の名前を三分割したカードを組み合わせて、新たな偉人や英雄をつくり、ポイントを競って勝ち残るゲーム。ポイントが高ければいいというわけではなくて、平和な時代には武力が低い方が勝ったり、どうしても勝てないと思ったらあえて負ける手段を取ったりと、なかなか考えることが多いゲーム、なんだけど、やっぱりへんな名前とか特徴の人物を作り出して、書かれたテキストを読み上げて仰々しく名乗りをあげるのが盛り上がりました。恥ずかしがらないで、全力で楽しむと良いと思います。

続きを見る
閉じる
皇帝
瀧ながれ
瀧ながれ
レビュー
244名が参考
2年弱前

一言でいえば、大喜利系カードバトルゲームでしょうかね。

右手・左手・胴体バラバラの偉人を召喚してバトルを行うのですが、
そもそも揃ってなければ呼び出せません。
そして揃っていれば、勝てなくても呼び出さなければなりません。
中途半端なセットを出して、強いカードを奪われちゃうわけですね。
手札も7枚とそれほど多いわけではないので、揃わない人はホントに揃いませんし、
揃ったら揃ったで勝てない勝負を挑まなければならないわけですね。
で、自分の番になったらパーツが足りなくて呼び出せない、という悪循環に陥りますw

その勝利条件が毎回変わるというシステムは面白いと思うのですが、
結局3パーツ揃っていなければ出すことが出来ないので、
せっかくの面白いシステムを活かせてないかなと思います。。

パーツごとの山を設けてそこから引けるようにするとか、勝てないなら召喚しなくても良いとか、
不要なカードは捨てられる、またはパーツが揃ってなくても召喚可能(当然勝てないが、実質捨て札となる)
のようにすればまだ挽回の目もあるように感じました。

もう一つの要素である大喜利要素については、偉人の名前を組み合わせて、
面白い響きの名前を作るというものになりますが、
揃っていなければそもそも出せないというルールがこちらにも悪影響を与えているのかな?

とにかくパーツ不足で呼び出せない人は、どちらの要素に対しても何もできませんので、まぁ面白くないです。
確かに「手札が悪ければ何もできない」というのはこのゲームに限った話ではないですが、
このゲームはそれが顕著というか、カードをプレイすることすらできないので、
ただ座ってるだけになります。

ゲームとしてはバランス悪し、大喜利としては自由度低し。
軽ゲーではありますが、正直リプレイ性は低いかなと思います。

続きを見る
閉じる
大賢者
ましゃ
ましゃ
戦略やコツ
222名が参考
2年以上前

コツと言っても楽しむ心構えですね


カードの引きの運だけで勝敗が決まるゲームなので、過度な期待はしないでくださいw


並べた文字の響きと、偉人が残した業績をツラツラと読み上げて笑えるかどうか、そこがメインです


とにかくバカな時間を過ごすためのゲームですw

続きを見る
閉じる
大賢者
tapy_walker
tapy_walker
レビュー
200名が参考
2年以上前

インストを受けた瞬間、メダルゲーム -F91パーフェクト3

https://youtu.be/UOBO_xsB4Ig を思い出した(ノ∀`笑)

みんなで爆笑しながらやったよっ(^q^)

作ったキメラ偉人で戦えるのが面白い!!


名前で爆笑できます(ノ∀`笑)


チカラが全てではなく、知力、力が弱いほうが勝ちの展開もあったりとか


基本的な「右腕」「胴体」「左腕」だけでなく、たまに入っている「装備品」でまさかの大逆転もワンチャンある(´-ω-`)


私が「最強のパワーだぜ!」ってイキってた時に装備品を付けた人に負けた展開は、ある意味熱かった(ノ∀`笑)

続きを見る
閉じる
勇者
えりんぎ!@ボドゲ初心者
えりんぎ!@ボドゲ初心者
レビュー
188名が参考
約2年前

 左腕・胴体・右腕のカードを組み合わせて戦うカードバトルゲーム。

 強制戦闘になるイベントカードや偉人をより強力にできる武器カードがあり、
 場に出ている聖杯によって勝利条件も異なるので、聖杯と手元を見ながらバトルを挑むか否か考えていくところもある。

 勝利すると敗者の作った偉人カード1枚奪えるので、負け確の時はあえて弱い偉人を出すということも可能。
 また、「神の」パーツがあることで、無条件勝利を狙うことも可能。

 偉人の名前と功績を三分割したカードを使うため、メチャクチャな偉人名や功績が出来上がるので笑える。
 ただ偉人名でいうと「チン(チンギスハン、ナイチンゲール)」「ヌダ(ジャンヌダルク)」がお笑い要素が強すぎてこれが出てきたら笑いの面では勝ち感はある。
 功績の文字が小さめで可読性がもっと上がると嬉しい。

 殿堂入り偉人を並べて置きたい都合上、テーブルは広めに取れる場所の方が良さそう。
 二人プレイだと戦闘後確実に殿堂入り偉人が発生するため、比較的プレイが早く済むところはある。

 運要素こそ強いもののゲームとしての出来はちゃんとしている。
 ただやみくもに強偉人を作っていくよりも、ある程度ネタに走りつつそれとして勝つ道を模索するのが一番楽しい気がする。

続きを見る
閉じる
皇帝
遠藤
遠藤
レビュー
167名が参考
約2年前

まず『バラバラになった偉人の身体を繋げて闘わせる』という発想が狂気じみており、コンセプトから笑ってしまいました。

ルールもすぐに覚えられ、どんな偉人(のキメラ)を召喚しても、まず面白くなってしまうので、ボードゲーム初心者の方と遊んでも楽しめます。ガチで勝負けを競い合うゲームというよりは、パーティゲームとして使っています。

なにげに世界史の勉強にもなるので、お子様と遊ぶにもいいゲームと思います。

続きを見る
閉じる
勇者
京橋URA
京橋URA
レビュー
154名が参考
2年弱前

偉人の「右腕」「胴体」「左腕」3つのパーツを集めて召喚して戦わせるカードゲームです。

偉人が完成した際に変な名前の偉人が爆誕するので、ついつい偉人の強さよりも面白い名前の偉人を作りたくなる不思議な魅力を持ったゲーム。

偉人同士を戦わせて、全プレイヤーを倒すことができたら殿堂入りすることができ、2体の殿堂入り偉人を誕生させたプレイヤーがゲームの勝者となります。

基本的には、数値を競わせる単純なパラメーターバトルなのですが偉人名を呼びながら召喚しなければいけないので、サイコーな名前の偉人が召喚された際には大盛り上がりするパーティーカードゲームです

<詳細レビュー>
https://nicobodo.com/archives/ソクラテスラ.html

続きを見る
閉じる
勇者
nico_bodo
nico_bodo
レビュー
146名が参考
約2年前

[評価]☆410段階中)

[前提条件]

・心と感性は少年

[購入動機]

・友人のものなので割愛

[プレイ回数]

2

[感想]

・シンプルな勝敗ルールのみな印象。

・ゲーム性としては並みか並みより少々劣る。手札の運に左右される。

・だだし、このゲームの真骨頂はゲーム性ではなく、ネタとして楽しむ遊び心でしょう。遊び心があれば一段も二段も評価が変わる。

強さを求めて並べたはずが、意図せず面白い名前、面白い逸話持ちになることや、意図して変な名前と逸話にする事で笑いを取る。大喜利のように特別なスキルなしで、気軽に笑いを取れるのは良い点。というわけでメンツを選びます。遊び心少年の心を持つ人とやりましょう。

・このゲームのネタ性が好きなら拡張版もあるのでそっちを買うとゲーム性の幅も含めて広がって楽しいと思います。

続きを見る
閉じる
仙人
ミミー
ミミー
レビュー
144名が参考
8ヶ月前

ある程度歴史の知識があり、アニメの遊戯王的なノリでプレイすると笑える。メンツにより盛り上がりは変わるかな。

ゲーム性はほぼ無いかな。なので同じメンバーでのリプレイ性はまじでない。ほぼ運。


初プレイから3回目くらいまでは、ノリノリで楽しいので盛り上げるバカゲーとしては役目はまっとうしてくれる。

続きを見る
閉じる
大賢者
もりお
もりお
戦略やコツ
120名が参考
1年以上前

出ルールに基づいて対戦するよりも面白い名前だったら、攻撃力を個人的にプラスするとかのほうが白熱すると思うんですが、そうするとチンギスハンの頭の文字が強すぎるので悩みどころ。

面白い名前だったら、胴体、右手、左手に関係なくつけられるルールが個人的に面白かったです。

続きを見る
閉じる
皇帝
ばっくれー
ばっくれー
レビュー
118名が参考
12ヶ月前

世界的な偉人(英霊)を、右手・胴体・左手に別れて、キメラみたいに組み合わせてヘンテコなキメラ偉人を作るゲーム。一応組んだ偉人には2通りの戦闘力があり、それで勝敗を決したりはするけど、基本どれだけ面白く組めるかというゲームなので、勝敗は恐らく二の次になるだろう。

続きを見る
閉じる
仙人
ナオト
ナオト
レビュー
108名が参考
10ヶ月前

偉人の「右腕・胴体・左腕」のカードを合体させて戦わせるゲーム。戦略性皆無でほぼ運100%。腹がよじれるぐらい笑える「バカゲー」。合体した名前を唱えなければいけないというのがミソ。右腕と胴体に「チン」という名前のカードがあるので、だいたいそれの取り合いになる。「出でよ!モチンハン!!!」


・プレイ人数

 2~6人

・戦略性

 ★☆☆☆☆

・洞察力

 ★☆☆☆☆

・ワイワイ度

 ★★★★★

・オシャレ度

 ★☆☆☆☆

続きを見る
閉じる
仙人
リンクス川越事業所
リンクス川越事業所
レビュー
91名が参考
6ヶ月前

アイデアに、非常に興味をひかれて、また、子供に偉人を知ってもらいたくて購入しました。

少々バカをやれる仲の良い仲間同士であれば非常に盛り上がると思いますが、メンバーを選ぶと思います。

ただ、偉人を子供に教えるツールとしての価値はあると思います。

続きを見る
閉じる
国王
makkoh
makkoh
レビュー
63名が参考
4ヶ月前

頭を使わずに気軽にできるおバカゲー。

教科書の肖像画に落書きする、みたいなノリが好きな人には楽しめると思います。

中1息子、小2息子、母(私)でプレイしましたが、変な名前ができるだけで息子達は大ウケ。

ゲームが終わった後も、変な名前を作って遊んでいました(^^)

続きを見る
閉じる
国王
もにこ
もにこ
リプレイ
36名が参考
10ヶ月前

友達とやりました!腹がよじれるほど笑いました。

【神回】ボードゲーム「ソクラテスラ」やってみた

続きを見る
閉じる
仙人
リンクス川越事業所
リンクス川越事業所
  • 商品価格¥ 2,970(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 284興味あり
  • 1755経験あり
  • 253お気に入り
  • 1128持ってる

チェックした商品