マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 60分前後
  • 14歳~
  • 2013年~

セイル・トゥ・インディアダダさんのレビュー

123名 が参考
1名 がナイス
6日前

ポルトガルのリスボンからインドを目指して航海しつつ勝利点を稼ぐ大航海時代をテーマにしたゲームです。

カードとキューブだけの小箱に収まるサイズなのに中量級という遊び応えのあるゲームになっています。


このゲームの最大の特徴は船キューブの扱いです。新天地を目指すのには途中の港で交易してお金を稼いだり拠点や商館を建築する必要があるのですが、その際は航海中の船キューブを陸地に移さなければいけません。

また、お金やVP(勝利点)を一定以上得るためにはスタート地点のリスボンにある船キューブを手元にある管理カードに送る必要があります。

そのため船キューブをいくつスタート地点に残すのか、いくつを最前線に送るのかの判断が重要になってきます。

船キューブが多いほどもちろん有利なのですが、造船するには資金が必要、効率よく資金を稼ぐには船を出港させて複数の港で交易しなければならないので、航海と造船をバランスよく行うのが勝つためのポイントになります。


また、港によって出来る交易と建築の内容が変わり、技術カードの獲得など勝利点獲得方法を増やす要素もあるので、リプレイ性もそれなりにあります。


派手な盛り上がりはありませんが、一手一手が悩ましくも面白い良作です。


なお、プレイ人数3~4人となっていますが、2人でもルール変更なくプレイ可能です(もちろん3人以上の方がより楽しめるとは思います)


この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
ヨージロー
セイルトゥインディア
セイルトゥインディアの通販
交易路を広げてインドをめざせ! 箱は小さいがプレイ感は重量級!
この商品はお1人様1つまでの購入とさせていただいております。
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 3,850(税込)
勇者
ダダ
ダダ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 35興味あり
  • 135経験あり
  • 14お気に入り
  • 153持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルセイル・トゥ・インディア
原題・英題表記Sail to India
参加人数3人~4人(60分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ダダさんの投稿

会員の新しい投稿