マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 25分前後
  • 8歳~
  • 2012年~

ロンドマクベス大佐@ボドゲブロガーさんのレビュー

128
名に参考にされています
2020年09月22日 18時19分

2010年代のクニツィアの代表作級タイトルの1つ!色と数字だけなのに本当に面白い!


【ざっくり解説】

 クニツィアのタイル置きゲームで、色と数字だけのゲームなのに楽しいゲームです(いつものやつ)。数字の色のタイルを場に出せるとその点数が貰えます。

 面白いのは出す瞬間にだけ、一か所に複数枚だせること。上手く4点や5点のところにまとめてタイルを出したいゲームです。また色無視で裏向きでマス埋めにタイルが使えます。


【長所】

 まず第一に目につくのはプレイアビリティが素晴らしいタイル立てです。きれいに丸いタイルが収まる形に相手が、何枚持っているのか明確にわかるのが良いです。このアイデアだけでも素晴らしいです。

 またゲームの方もとても面白く、手番効率がとても大切なゲームになっています。タイル1枚当たり何点になるか意識してプレイするとかなり戦略的にプレイできます。

 要らない色、後半に相対的な価値の低い色を引いても裏向きで使えるなど、あらゆる箇所にアイデアが光るゲームです。


【短所】

 引き運もさることながら(要らない色を固めて引くとどうしようもない)、手札上限が5枚という狭苦しさです。通常、クニツィアは手札上限を設けないことが多いです。クニツィアにしては珍しく、自分のフォーマットを破ったゲームと言えます。

 あとは噛み合いの要素がめちゃめちゃデカいです。丁度よいところまで誰かが伸ばしてくれて、高得点の色を固めて持っている人が勝っちゃいやすいです(笑)。とはいえ、戦略的なプレイもきちんと活きます


【個人的な評価】

 シンプルなタイル置きゲームで色と数字だけで楽しめるゲームとして、2010年代の『ケルト』同様に万人向けボードゲームの定番足りえる存在です。ただ『ケルト』に比べると流通状態、世間の評価の観点では不遇なゲームといえます。流通しているなら万人に勧められますが、レアゲームとしてわざわざ入手するほどの価値はないかと思います。

 

 個人的には相対的に価値の低いタイルを裏向きで処分できるルール。残り枚数の分かりやすいタイル立てだけでアイデア賞を出すレベルですね。それでいてゲームも面白い。これだけで「はい良作!」って感じです(笑)。

 一度手放して再入手した『パトリツィア』ほど、何で手放したのか謎とまではいきませんが、再入手出来て良かったと思います。是非とも再販してほしいゲームです。『ケルト』にハマったら次にコレ!って言いたいのに絶版はあまりに勿体ないです。


 推定プレイ回数は3~5回程度。ゲーム初心者の方がいても、その日のメインディッシュに出せるぐらいの難易度のゲームかなと思います。王道ファミリーゲームの決定版の1つですね。

 『カフェインターナショナル』、『ボーナンザ』、『ケルト』、『コンプレット』なみにファミリゲームの定番足りえる存在です。このうち2つ以上刺さった人は是非一度はプレイしてほしい作品です。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 77興味あり
  • 301経験あり
  • 51お気に入り
  • 101持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力7
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルロンド
原題・英題表記Rondo
参加人数2人~4人(25分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの投稿

会員の新しい投稿