マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~90分
  • 12歳~
  • 2016年~

私の村の人生nyanwigさんのレビュー

196
名に参考にされています
2017年05月07日 03時17分

ダイスゲームになったとはいえ内容はだいたいおなじみの村の人生です。畑を耕し物を生産し市場で売り,教会で祈り議会で力を発揮し,旅に出て得点を稼いでいきます。ドラフトした2つのダイスの目の合計で実行できるアクションが決まってしまいますが,コインなど払えば出目を調整できるので,いかに運要素を緩和して計画的な行動を取るかという戦略要素の方が強いゲームです。

ダイス以外に新しい点で目立つのは,鼠害のスリルでしょうか。村人が死ぬたびにダイスを振って出目の数だけ鼠コマが進みます。これがゴールに達すると,まだ物語ツリー(ここにいったんポイントが貯まっていき,村長が回収することで勝利点になる。これも新しいギミックですね)に乗っているポイントが半減してしまいます。誰かが死んで鼠害イベントが起きそうなタイミングを見計らって村長が回収できるように構えておく必要があります。逆に,わざと黒ダイス(取ると時間マーカーが進む,村の人生の疫病コマに当たる)を取って村人を殺し,他のプレイヤーのまだ回収されていない物語ポイントを減らしにいくいやらしい手筋もありです。

複数ある教会や議会カードにそれぞれ特徴の異なる能力がついており,市場や旅など異なったアクションを支援してくれたりするので,獲得した教会/議会の能力を活かして個性のある戦略を立てることができます。この点毎回ちがったシナリオを試行錯誤できて楽しいかも?

村の人生とどっちがいいか,と考えてみると,甲乙つけ難い感じでしょうか。どっちも地味で悩ましいやや重ゲーで,一方はワーカプレイスメント,一方はダイスドラフト……うーん。ただ,ボードやカードを広げると私の村の人生の方がずっと面積を取るので,大きいテーブルを持ってる方はぜひ私の村の人生いかがでしょうか?

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • T.T.Spiele
  • よっしぃー
nyanwigさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 48興味あり
  • 66経験あり
  • 2お気に入り
  • 65持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル私の村の人生
原題・英題表記My Village
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格5,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

nyanwigさんの投稿

会員の新しい投稿