マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 45分前後
  • 13歳~
  • 2015年~

ムガル(新版)sopraさんのレビュー

224
名に参考にされています
2017年03月14日 22時38分

5er2番手で初プレイ。1位

【どんなゲーム?】

路線に駅を建てつつ株券を売買するゲーム

毎ターン山札から1枚株券が公開され、ゲシェンクのようにゲシェンクとは逆に欲しい人が1金ずつビッドしていく競りを行う。降りる場合はビッドされたお金を全部もらってハードパス。

落札した人は次の2つから1つを選べる

- その株券をもらう
- 株券にしめされている路線に駅を建てる or 株券にしめされている別の会社の株券を売却する

株券は持っていると、次に同じ株券が公開されたときにそのまま得点になる。

駅は同一路線に立てている数の二乗が、ゲーム終了時に得点として入る。
株券を売却すると、場に出ている同じ株券の合計枚数を得点として1枚ごとに得る。

そして大事なことは「落札2番の人は、落札1番が選ばなかった選択肢」の効果を享受できる。

これを山札の下から1〜3枚の何処かに投入されたゲームエンドカードが出るまで続けて、一番得点を得た人の勝ち。


【感想とか】

シャハトのゲームは初めてでしたが、最初から借金の枠がリザーブされていたりとなるほど胃が痛くなるゲームでした。

ビッド金額がないと降りたくても旨味がなく、だからといって自分がビッドすると手番が来るまでに掻っ攫われる。

株券は最後まで持っててもゲーム終了時1点にしかならないので、可能であれば後半に売却したいが、それはどのタイミングか?そのタイミングで競り勝てる金額を持っているのか?

いろんなジレンマを内包している、マゾいゲーマーにはおすすめの一品かなと思いました。


0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
sopraさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 44興味あり
  • 107経験あり
  • 24お気に入り
  • 72持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力6
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルムガル(新版)
原題・英題表記Mogul
参加人数3人~5人(45分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2015年~
参考価格5,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿