マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 5分~15分
  • 10歳~
  • 2016年~

ラブクラフト・レター東 洋星(Yousei Azuma)さんのレビュー

298名 が参考
1名 がナイス
3年以上前

正直言いますと、恐らくこのゲーム好まれる方と嫌われる方と両方出ると思うのです。

実際、元々のラブレターに赤い「狂気カード」を突っ込んだだけで、赤いカードさえ抜いてしまえば、元々のラブレターは遊べます。

(多少ズボラです(笑)

赤を抜く、とは言いましたが普通の7ではなく、赤7の方を使うのがベーシックセットです。)

このゲームの面白みは、多分その狂気カード(赤いカード)にあるのではないでしょうか。

通常のラブレターと違うのは、もし赤いカードを捨ててしまったら、次回から「SANチェック(頭ダイジョーブですか判定)」をしなければいけない事。捲ったカードに赤いカードがあったら即死!

多少理不尽な展開はありますが、ノリのいい方とプレーする事で面白さは充分噛み締めれると思います。

逆に、その理不尽な展開を受け入れられない方も居ますので、そういう場合は、時間を見て切り上げてしまった方が良いでしょう。

要は、ラブレターに多少のクレイジーな要素を盛り込んだと、言った方が早いかも知れません。

また、タイミングとしては、頭を使うゲームをプレーした後で、が一番いいと思います。

特に僕の周りでは、麻雀し終わった後に勝利数のルールを入れて規定回数勝つと真の勝者になるルールで遊んでます。

ただ、もし普通にラブレター系のシンプルな推理がしたいなら、そのまま「ラブレター」か、「ロストレガシー」を購入することをオススメします。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
青い猿
ラブクラフト・レター
ラブクラフト・レターの通販
クトゥルフ世界のラブレター。
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,200(税込)
大賢者
東 洋星(Yousei Azuma)
東 洋星(Yousei Azuma)
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 190興味あり
  • 1083経験あり
  • 226お気に入り
  • 667持ってる
プレイ感の評価
運・確率27
戦略・判断力20
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ16
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルラブクラフト・レター
原題・英題表記Lovecraft Letter
参加人数2人~6人(5分~15分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

東 洋星(Yousei Azuma)さんの投稿

会員の新しい投稿