マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 40分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

ロストシティ:ライバルズSigma Siumaさんのレビュー

218
名に参考にされています
2019年11月04日 06時11分

単独で遊べるゲームですが、血筋としては、ロストシティ→ケルト→ロストシティボードゲームと繋がっていて、今作は突然「ラー」の血脈を受け継いだ、クニツィアの新作です。

シリーズの「大きい数字のカードを場に出すと、小さい数字のカードは置けなくなる」というルールはそのままに、「カードの取得はセリ」というルールが加わりました。

相変わらず「小さい数字のカードが、ゲーム前半に出てくる保障は何もない」のに、今作は「手札がない。キープしておく、ということが出来ない」という環境の為、欲しくないカードは「セリ落としたのに、入手しないで次のセリにキャリーオーバーする」という手を取ることになります。


その為、「大きな数字を取って、点数を確保しつつも、その色の探検を終わらせてしまうか」「今は我慢して、小さい数字が出てくるのを待つか」というジレンマがあるのですが。


4人プレイだと、カードの奪い合いが激しいために、「2倍の賭けカードが入っていて+8点ボーナスが取れるようなら、それで確定して、1色で20点確保。優秀」と、目算がついてしまって、ジレンマになっていないことがあるのが難点かもしれません。

3人だと、かなり違うゲーム展開になる(優秀、と手を打つラインの設定が難しい)ので、私は3人向けのゲームと感じています。


なお、資金は4人プレイなら金貨9枚でスタートしますので、途中で3回の補充タイミングがあるとはいえ、1~3枚のセリで終始します。

さほど細かい数字を操作する必要はありませんので、遊びやすいゲームと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Sigma Siumaさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 30興味あり
  • 54経験あり
  • 6お気に入り
  • 53持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルロストシティ:ライバルズ
原題・英題表記Lost Cities: Rivals
参加人数2人~4人(40分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Sigma Siumaさんの投稿

会員の新しい投稿