マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 45分~60分
  • 14歳~
  • 2021年~
287名
5名
11日前

個人的評価は9/10

我が家ではバトルライン以来の二人用ゲームの新定番になりそうなゲーム。ドラフトゲームの名作イッツアワンダフルワールド(以下、ワールド)の二人用スピンオフ。ルール等は他の方が投稿されているので、私は、ワールドとキングダムの購入を迷い、結果的にキングダム購入に至った経緯を書こうと思う。(なお、ドラフトゲームは本ゲームが初めて。)

キングダムに決めた主な理由は以下の5つ。

①心理戦

ワールドとキングダムは基本的な流れは同じだがドラフト方法が異なり、ブラフ、読み合いが重要となっている。

〈ワールド〉

1)最初に配られたカードから1枚獲得する

2)残りを隣のプレイヤーに渡し、自分も隣のプレイヤーから受け取る

3)1枚獲得する

4)2)〜3)を繰り返す

〈キングダム〉

1)各プレイヤーは配られた手札に厄災カード、又は邪魔者カード(マイナス要素のあるカード)を1枚加える

2)先攻プレイヤーが手札から2枚選んで場へ2グループに分けて出す

※この時、各グループへ1枚ずつ置いてもいいし、2枚とも同じグループに置いても良い。

2)後攻プレイヤーが一方のグループのカードを獲得する

3)後攻プレイヤーが1)と同様に2枚のカードを場に出す

4)先攻プレイヤーが一方のグループのカードを獲得する

5)先攻プレイヤーが4回カードを獲得するまでこれらを繰り返す

上述の手順を読むだけだと『そんなに熱い心理戦になるのか?』と思うかもしれない。ポイントは各プレイヤーが場にカードを出す際に、1ターンに付き2枚だけカードを裏返して出せるルールとなっている点である。これにより裏返しに出されたカードが厄災や邪魔者なのか、助っ人カードや財宝カード等の欲しいカードをブラフで隠しているだけなのか、裏をかいて不要なカードを無駄に取らせる為のハッタリなのか、など手に汗握る駆け引きが発生し、ワールドに比べてゲームが単調にならないと考えた。

②モードの多彩さ

拡張無しのワールドは1種類のモードでのプレイしか無いがキングダムは3種類のモード(邪魔者、お助け、作戦)でプレイできる。(というか、基本的にはこのどれかでプレイする仕様になっている)キングダムではモードを変更することで戦略が変わってくる為、ワールドより長く楽しめそうだと思った。

③干渉性

両ゲーム共、プレイヤー同士の絡みはドラフトがメインとなる。ワールドは『如何に欲しいカードを獲得できるか』が大事だが、キングダムはそれに加え『厄災カードや邪魔者カードを如何に相手へ押し付けるか』も重要となる。しかも獲得してしまったマイナス要素のカードは後々まで影響してくる為、プレイヤー間の干渉性が高い。干渉性が低いと作業ゲームになりがちで飽きが早い印象があり、それは避けたかった。

④難易度

ワールドとキングダムはプレイの流れは同じだが、下記点が異なる。

1)ドラフト方法(①参照)

2)資源数(キングダムは1種類少ない)

3)カード数(資源数に伴ってカード数も減っている?)

4)トークン数(キングダムでは『兵士』の1種類)

このトークンについてだが、ワールドでは主に建設や得点に影響していたトークンが、キングダムでは邪魔者の排除や助っ人の召喚にかなりの数が必要となってくる。獲得方法はワールド同様、建設、又は産出時のボーナスだが、キングダムでは産出ボーナス時に兵士トークンを一旦修練所に入れないと獲得できない。(産出ボーナスを2回経てからの獲得となる。)一方、建設ボーナスでは兵士トークンを4枚と大量に獲得できるカードなどもあるが、カードの引きに依るので、総合的にみたら獲得し難くなっていると感じた。しかも1種類になったことで、ワールドの様にトークンの棲み分けもできない為、自ずと競合してしまう。

よって、キングダムではトークンの必要性が上がったにもかかわらず、獲得が難しくなっており、難易度が上がっている様に感じた。ただし、逆に簡単だとすぐに飽きそうだった為、この点はやりごたえがあるとプラスに考えた。

⑤コスパ

ネットを見ているとワールドは『狙うカードが固まってしまうので、拡張を入れるのが必須』という意見があった為、コスパ的にもキングダムにした。まあ、キングダムも実際プレイしてみないとバランス等は分からないが、後発の為、ある程度は調整されているだろうと信じて決めた。


現状、邪魔者モードしかプレイできていないがかなり面白く、非常に満足している。ワールドをプレイ済みの方も、ゲーム性が大きく異なる為(おそらく)楽しめると思うので、是非プレイしてみてほしい。


なお、こうして文章にして見返してみると、主に一緒にプレイする息子も私も駆け引きが大好きなので①の要因が決め手となったと思う。ただ、ワールドの多人数でのプレイというのも非常に魅力的で、正直、購入直前までどちらにするか結構迷った。結果的にキングダムで正解だったと思うが、息子が『ワールドも面白そう』と興味を持っていたので、置き場などの余裕ができたらワールドにも手を出してみようと思う。

この投稿に5名がナイス!しました
ナイス!
じむや
まよい
pikrin3
びーている / btail
Nobuaki Katou
イッツアワンダフルキングダム 日本語版
イッツアワンダフルキングダム 日本語版の通販
カードドラフト&拡大再生産の新定番ゲームに2人用スピンオフが登場!
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,950(税込)
大賢者
ぶり
ぶり
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 151興味あり
  • 66経験あり
  • 29お気に入り
  • 173持ってる

ぶりさんの投稿

会員の新しい投稿