マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

翡翠の商人Hisui no Shonin

くぅ〜、その枚数は少な過ぎる


商人として場に並べられた色々な商品を集めて得点を稼いでいくセットコレクション系のゲームです。そしてゲーム進行は逆競りです。

1つの商品を釣り上げて高値で買うのではなく、どこまで価値が下がってもそれを手に入れたいかという駆け引きをしていきます。


準備として

カードをシャッフルして8枚並べます。

カードには翡翠、香辛料、書類、金、贋金があり、それぞれ集め方で得点源が違います。


進行としては手番制です

8枚並べられたカードに対して何枚のカードが欲しいか宣言します。

次のプレイヤーはそれより、少ない数字を宣言してもいいです。もしくはハードパスです。


最小を宣言したプレイヤー以外がパスをしたら、場にあるカードからその枚数を選んで獲得できます。


そして、獲得したプレイヤーの左隣からまた手番を行います。

場にあるカードが完全になくなるまで、新しいカード8枚は並ばないです。そして、獲得したプレイヤーは新しいカード8枚が並ぶまでは、手番が来なくなります。


カード56枚がなくなってゲーム終了です。(8ラウンド)


終了した時に獲得したそれぞれで点数が発生して最も高いプレイヤーの勝利です。


翡翠=集まれば集めるほど高得点

香辛料(数字)=数字の合計値で1位〜3位に相当の点数

書類(A〜E)=A〜Eそれぞれ集めることでセット点数

金(数字)=そのまま点数

偽金(数字)=金が偽金を上回らないと、点数にかわらない。


補足としては

競りで宣言する数字には「(枚数)1枚返し」という宣言ができます。意味は「(枚数)獲得した後に、自分の獲得しているカード1枚返す」です。



遊んでみた感想としては新たな競りの可能性

競りゲーといえば、どこまでその価値に対して支払うことができるかというジレンマがあるのですが、このゲームは欲しい価値に対してどこまで下げてでも欲しいと言えるかというジレンマがあります。そういう点で悩ませるのが非常に上手いと思いました。

あと、終盤で余り物に贋金を入れて、相手にカードを渡す流れには一興しました。

だいたい、似たような流れになりつつも、不思議と飽きない良いゲームでした。


評価:☆8

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:82BG@19春GM(土)出展
ゲームマーケット
2019春
翡翠の商人

競り

ケーキの切り分け

カード種類ごとの得点計算

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

http://gamemarket.jp/?post_type=game&p=126056
マイボードゲーム登録者
  • 40興味あり
  • 116経験あり
  • 43お気に入り
  • 105持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル翡翠の商人
原題・英題表記Hisui no Shonin
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格1,380円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 28
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月24日 21時03分

    シンプルにセリが楽しめる良ゲームです。基本はセットコレクション。決まった種類のカードをたくさん集めると得点が爆発的に増えるゲームです。なので、他のプレイヤーと集めるカードについて住み分けが大事!なゲームといえます。ちょっとドラフトっぽいかな?さて、このゲームの肝はセリ。他の方も仰っていますが、このセリの方法がカードの獲得枚数の逆セリというのが新鮮。たくさんカードは欲しいけど、そうするとカードはもらえない。セリで頑張っちゃうと、カードの枚数が少ないので点数の伸び悩みが・・・ぐぬぬ。という感じになります。考え始めちゃうとすぐに「ぐぬぬモード」に突入。さて、プレイ人数は5人までとなっていますが...

    Masayuki Kunimitsuさんの「翡翠の商人」のレビュー
  • 314
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月03日 17時23分

    オークションでカードを集めて点数を稼ぐゲームです10歳の息子と8歳の娘とで3人で遊びましたオークション形式のゲームが好きな上の子はワクワクしながら遊びだしましたが、通常の「値段をつり上げるオークション」と違い「手に入る枚数を減らしてでも欲しいカードを手に入れる」というメカニズムなので、どうしても揃えたいカードが出てくると無理をしてでも手に入れるという事にとても(いい意味で)悩んでいたようです点数の稼ぎ方もカードによって違うので単純に枚数を集めるものから、数字が多いものを集めるもの、組み合わせて点数が入るものなど様々ですもちろん場のカードの出かたによって毎回集めやすさ等が変わってくるので「...

    hiroさんの「翡翠の商人」のレビュー
  • 522
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月20日 22時44分

    くぅ〜、その枚数は少な過ぎる商人として場に並べられた色々な商品を集めて得点を稼いでいくセットコレクション系のゲームです。そしてゲーム進行は逆競りです。1つの商品を釣り上げて高値で買うのではなく、どこまで価値が下がってもそれを手に入れたいかという駆け引きをしていきます。準備としてカードをシャッフルして8枚並べます。カードには翡翠、香辛料、書類、金、贋金があり、それぞれ集め方で得点源が違います。進行としては手番制です8枚並べられたカードに対して何枚のカードが欲しいか宣言します。次のプレイヤーはそれより、少ない数字を宣言してもいいです。もしくはハードパスです。最小を宣言したプレイヤー以外がパス...

    82BG@19春GM(土)出展さんの「翡翠の商人」のレビュー

リプレイ 1件

  • 33
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月24日 15時05分

    5人でプレイ場の8枚のカードを競ります。競りゲームの特徴である最初の相場観が分からないのは、これも一緒です。スタートプレイヤーが3枚から始めましたが・・・8枚を5人で奪い合うので、そもそも"3"はありえませんでした。その後、2か、1.5か、1でスタートすることばかりになります。結果、競り下げていく醍醐味を感じる場面が少なくなってしまい、5人プレイは多すぎた印象です・・・ただ、贋金が獲得した金の価値以下なら得点になる部分が効いてきます。最初に贋金をつかまされた人が、金を1枚ずつでも着実に手に入れることで、贋金もプラスの得点に。翡翠プレイをしていた人は、翡翠だけでは得点が伸びずという感じにな...

    オグランド(Oguland)さんの「翡翠の商人」のリプレイ

戦略やコツ 1件

  • 164
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月17日 10時51分

    「カードを返す」ことが出来るのがこのゲームの競りの特徴です。その観点からすると、返しても直接減点になりにくいもの(香辛料・書籍)と返すと直接減点に結びつくもの(金・翡翠)に大別できます。※贋金は場に返せないので除外そこから見て、主流の戦法は2つになるかと思います。1:金&贋金を主軸取れば取るだけカードの数値分が加点されますのでわかりやすいです。序盤に大きめの金を取れれば他人があまり手を出してこない贋金を拾いにいけるので、焦って1や0.5で競り勝ちにいかずに済みます。余りを押し付けられて贋金が金の価値を超えてしまわないようにだけ注意。大きな贋金を掴まされて金集めに走るパターンは妨害されがち...

    白黒熊さんの「翡翠の商人」の戦略やコツ

ルール/インスト 1件

  • 348
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月24日 20時23分

    くぅ〜、その枚数は少な過ぎる商人として場に並べられた色々な商品を集めて得点を稼いでいくセットコレクション系のゲームです。そしてゲーム進行は逆競りです。そんな「翡翠の商人」さっそく説明動画になります!レビューの方はこちらです。https://bodoge.hoobby.net/games/hisui-no-shonin/reviews/12344 

    82BG@19春GM(土)出展さんの「翡翠の商人」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク