マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2019年~

翡翠の商人6件のレビュー

  • 152
    名に参考にされています
    投稿日:2019年09月04日 01時52分
    プレイヤーは交易商人となって、オークションにより翡翠、香辛料、書物、金、贋金を取引します。お互いに集めたいカードを見定めながら、読み合いながら、最終的に最も勝利点を集めたプレイヤーが勝利。ルールもシンプルだし、各カードには同じカードが何枚存在するかや、得点方法の計算式も記載されているので始めてプレイされる方でも非常に理解しやすい親切設計となっています。箱まで工夫されていて、カードスリーブに入れたときにちょうどよく収まるように中敷きが取れるようになっていた。なんて親切なんだ…。 私の地元:豊田市でブーム来てます(2019年夏)。 自分が「○枚」でコールしたら、相手はこれぐらいでコールして…...豊田市ボードゲームファンさんの「翡翠の商人」のレビュー
  • 190
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月03日 15時47分
    5種類のカードを競り落とす、競りのゲーム。通常との違いは、欲しい枚数を宣言し、一番少ない枚数を言った人から、欲しいもの(カード)を宣言した枚数だけとれます。従来の競りとは違い釣り上げ方式ではないのが特徴。また、手札にある取得したカードを場に戻すことも出来るので、何を自分が取得して、場にどのカードを出したら相手が困るかなどと考えるのも面白い。カードにも特色があり、各自の点数の計算があるのも面白かったです。全員の手札がオープンなので、小学生でも、戦略を考えやすく、2、3回プレーするとものすごい早さで理解し、簡単に負けてしまいました笑ボドゲ好きのてんちゃんさんの「翡翠の商人」のレビュー
  • 176
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月25日 05時32分
    カードを集めてセットコレクションにより得点を伸ばすゲームで、カードを集める方法が逆セリとなっているのが特徴。最初に場に8枚のカードが並べられており、何枚のカードが欲しいかを順に宣言する。結果的に最も少ない枚数を宣言したプレイヤーが権利を獲得し、その枚数を選んで獲得する。全てのプレイヤーが一度ずつ落札したところでラウンドが終了し以降同じように繰り返す。ゲームの性質上、残り枚数を残りプレイヤーで割った数より多い枚数で獲得できることは殆ど無いため、積極的に獲得したいカードがある場合はその数以下を宣言し、無い場合は他のプレイヤーに出来るだけ少ない枚数で取らせるためにそれより0.5か1多い数を宣言...山本 右近さんの「翡翠の商人」のレビュー
  • 201
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月24日 21時03分
    シンプルにセリが楽しめる良ゲームです。基本はセットコレクション。決まった種類のカードをたくさん集めると得点が爆発的に増えるゲームです。なので、他のプレイヤーと集めるカードについて住み分けが大事!なゲームといえます。ちょっとドラフトっぽいかな?さて、このゲームの肝はセリ。他の方も仰っていますが、このセリの方法がカードの獲得枚数の逆セリというのが新鮮。たくさんカードは欲しいけど、そうするとカードはもらえない。セリで頑張っちゃうと、カードの枚数が少ないので点数の伸び悩みが・・・ぐぬぬ。という感じになります。考え始めちゃうとすぐに「ぐぬぬモード」に突入。さて、プレイ人数は5人までとなっていますが...Masayuki Kunimitsuさんの「翡翠の商人」のレビュー
  • 362
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月03日 17時23分
    オークションでカードを集めて点数を稼ぐゲームです10歳の息子と8歳の娘とで3人で遊びましたオークション形式のゲームが好きな上の子はワクワクしながら遊びだしましたが、通常の「値段をつり上げるオークション」と違い「手に入る枚数を減らしてでも欲しいカードを手に入れる」というメカニズムなので、どうしても揃えたいカードが出てくると無理をしてでも手に入れるという事にとても(いい意味で)悩んでいたようです点数の稼ぎ方もカードによって違うので単純に枚数を集めるものから、数字が多いものを集めるもの、組み合わせて点数が入るものなど様々ですもちろん場のカードの出かたによって毎回集めやすさ等が変わってくるので「...hiroさんの「翡翠の商人」のレビュー
  • 562
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月20日 22時44分
    くぅ〜、その枚数は少な過ぎる商人として場に並べられた色々な商品を集めて得点を稼いでいくセットコレクション系のゲームです。そしてゲーム進行は逆競りです。1つの商品を釣り上げて高値で買うのではなく、どこまで価値が下がってもそれを手に入れたいかという駆け引きをしていきます。準備としてカードをシャッフルして8枚並べます。カードには翡翠、香辛料、書類、金、贋金があり、それぞれ集め方で得点源が違います。進行としては手番制です8枚並べられたカードに対して何枚のカードが欲しいか宣言します。次のプレイヤーはそれより、少ない数字を宣言してもいいです。もしくはハードパスです。最小を宣言したプレイヤー以外がパス...82BG@19秋GM(土日)出展さんの「翡翠の商人」のレビュー

会員の新しい投稿